「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた
菅野完さん著の「日本会議の研究」の出版差し止めの決定が東京地裁により行われた。
これに対する反応をまとめた。

スポンサーリンク

「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

名誉を傷つけられたとして、千葉県の70代男性が、出版元の扶桑社に出版差し止めを求めた仮処分で、
男性の布教活動に関する1カ所の記述が真実とは言えず、この部分を削除しなければ出版は認められないと結論付けた。

日本会議と宗教法人「生長の家」の関係を記載した箇所で、生長の家幹部だった前記男性が、
6カ所について真実ではないとして仮処分を申し立てていたものである。

このうち男性の布教活動に関する1カ所の記述「宗教法人の機関誌の発行部数を拡大する運動を進めた結果、自殺者も出た」について、
真実とは言えず、著者は男性に取材していなかったと指摘し、この部分を削除しなければ出版は認められないと判断した。

もともと、この本の出版時に、扶桑社に日本会議事務総長 椛島有三の名前で、『日本会議の研究』の出版停止を求めるFaxが届いていた。

日本会議とはどのような組織であろうか?

日本会議とは

日本会議のホームページによれば、
日本は、混迷する政治、荒廃する教育、欠落する危機管理など多くの問題を抱え、前途多難な時を迎えています。
私達「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動しますとある。
「皇室崇敬」や「新憲法の創造」を掲げ、近年は夫婦別姓反対や外国人参政権反対などの国民運動を展開している。

また、私達の新しい国民運動に呼応して、国会においては超党派による「日本会議国会議員懇談会」が設立されていますとなっている。

安倍内閣の閣僚のうち、公明党出身の閣僚以外はほぼ全員が日本会議国会議員懇談会に属しており、
安倍政治に大きな影響を与えていると思われている組織である。

この決定に対し、著者の菅野さんは「1カ所だけ削除修正を求められていることは極めて遺憾。
本件は言論弾圧の一環と言わざるを得ない」とコメントし、「これまでも嫌がらせは絶えなかったが、
誰からの弾圧であれ、自分の言論活動に引き続きまい進していきたい」と述べている。

菅野さんのツイートではこう記している。

菅野完 ‏@noiehoie
拙著『日本会議の研究』に対する仮処分申請について説明します。
原告側が修正を求めてきたのは、第6章に登場する特定個人に対する記述のうち6箇所。そのうち5箇所は裁判所が事実認定し、
1箇所だけ「その書き方はない」と裁判所が否定したと言うのが経緯です。つまり、こちら側は5/6勝ってる。

出版本「日本会議の研究」について
この本は、菅野さんによるウェブ上の連載をまとめたもので、日本会議のルーツや歴史、
彼らが展開してきた保守系の市民運動について取材、検証している。
現時点でも以下で、連載記事を見ることができる。
https://hbol.jp/25122

連載時にはなかった抗議が、この本の出版直後に送られたということだ。

そこには、この本では、日本会議について裏付けの取れない証言を並べ、
活動を貶める目的で編集されており、団体・個人の名誉を傷つける。
特に「日本会議が、宗教的背景を持つ特定の人物」に束ねられているという結論部分に対し、
強く反応しており「全く事実に反している」と主張し、直ちに出版停止するよう求めている。

上記申込書とは別に、『日本会議の研究』に登場する人物から、
代理人を通じて出版差し止めを求める法的文書が扶桑社に送られいた件が今回の判決につながったと考えられる。

なお、日本会議の生みの親である宗教法人「生長の家」は、昨年の参議院選挙前に、
安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思をホームページ上に掲げ、現在安倍政治に真っ向から反対を宣言している。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 8月8日の午後9時過ぎに、日本テレビの目の前にあるビルから同局の24時間テレビに関わっていると思われ…
  2. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  3. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  4. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  5. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  6. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…

人気記事

  1. 2017-1-11

    慰安婦少女像の対抗措置の効果はあったのか?反応からみえてくること

    いわゆる「少女像」問題で日本政府は韓国駐在の大使を帰国させるなど合計4項目の対抗処置をおこないました…
  2. 2017-8-10

    サニブラウン200m決勝自己ベストでメダル獲得か?放送予定と反応まとめ

    陸上の世界選手権の男子200メートル準決勝でサニブラウン・ハキーム(18)が20秒43で2組2着とな…
  3. 2016-12-4

    原爆ドームにイルミネーションの画像に様々な反応「難しい」「きれいは違う」「人が来ることが大事」

    原爆ドームが世界遺産登録20周年を迎えるということで、12月7日から来年2月5日まで、広島市などがド…
  4. 2017-5-18

    アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

    5月17日、アリゲーターガーが名古屋城でついに捕獲されました。2016年には荒川でも捕獲されましたが…
  5. 2017-4-14

    日本水泳選手権2017注目出場選手の放送予定を一覧表に!反応まとめ

    日本水泳選手権2017の熱いレースが13日から始まった。 プロになって出場する萩野公介選手など注目…
  6. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  7. 2016-12-9

    長谷川穂積が引退表明した理由 反応まとめ「これぞ、有終の美!」

    WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)が神戸市内で会見し、 チャンピオンのままの引退…
ページ上部へ戻る