「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた
菅野完さん著の「日本会議の研究」の出版差し止めの決定が東京地裁により行われた。
これに対する反応をまとめた。

スポンサーリンク

「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

名誉を傷つけられたとして、千葉県の70代男性が、出版元の扶桑社に出版差し止めを求めた仮処分で、
男性の布教活動に関する1カ所の記述が真実とは言えず、この部分を削除しなければ出版は認められないと結論付けた。

日本会議と宗教法人「生長の家」の関係を記載した箇所で、生長の家幹部だった前記男性が、
6カ所について真実ではないとして仮処分を申し立てていたものである。

このうち男性の布教活動に関する1カ所の記述「宗教法人の機関誌の発行部数を拡大する運動を進めた結果、自殺者も出た」について、
真実とは言えず、著者は男性に取材していなかったと指摘し、この部分を削除しなければ出版は認められないと判断した。

もともと、この本の出版時に、扶桑社に日本会議事務総長 椛島有三の名前で、『日本会議の研究』の出版停止を求めるFaxが届いていた。

日本会議とはどのような組織であろうか?

日本会議とは

日本会議のホームページによれば、
日本は、混迷する政治、荒廃する教育、欠落する危機管理など多くの問題を抱え、前途多難な時を迎えています。
私達「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動しますとある。
「皇室崇敬」や「新憲法の創造」を掲げ、近年は夫婦別姓反対や外国人参政権反対などの国民運動を展開している。

また、私達の新しい国民運動に呼応して、国会においては超党派による「日本会議国会議員懇談会」が設立されていますとなっている。

安倍内閣の閣僚のうち、公明党出身の閣僚以外はほぼ全員が日本会議国会議員懇談会に属しており、
安倍政治に大きな影響を与えていると思われている組織である。

この決定に対し、著者の菅野さんは「1カ所だけ削除修正を求められていることは極めて遺憾。
本件は言論弾圧の一環と言わざるを得ない」とコメントし、「これまでも嫌がらせは絶えなかったが、
誰からの弾圧であれ、自分の言論活動に引き続きまい進していきたい」と述べている。

菅野さんのツイートではこう記している。

菅野完 ‏@noiehoie
拙著『日本会議の研究』に対する仮処分申請について説明します。
原告側が修正を求めてきたのは、第6章に登場する特定個人に対する記述のうち6箇所。そのうち5箇所は裁判所が事実認定し、
1箇所だけ「その書き方はない」と裁判所が否定したと言うのが経緯です。つまり、こちら側は5/6勝ってる。

出版本「日本会議の研究」について
この本は、菅野さんによるウェブ上の連載をまとめたもので、日本会議のルーツや歴史、
彼らが展開してきた保守系の市民運動について取材、検証している。
現時点でも以下で、連載記事を見ることができる。
https://hbol.jp/25122

連載時にはなかった抗議が、この本の出版直後に送られたということだ。

そこには、この本では、日本会議について裏付けの取れない証言を並べ、
活動を貶める目的で編集されており、団体・個人の名誉を傷つける。
特に「日本会議が、宗教的背景を持つ特定の人物」に束ねられているという結論部分に対し、
強く反応しており「全く事実に反している」と主張し、直ちに出版停止するよう求めている。

上記申込書とは別に、『日本会議の研究』に登場する人物から、
代理人を通じて出版差し止めを求める法的文書が扶桑社に送られいた件が今回の判決につながったと考えられる。

なお、日本会議の生みの親である宗教法人「生長の家」は、昨年の参議院選挙前に、
安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思をホームページ上に掲げ、現在安倍政治に真っ向から反対を宣言している。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  2. 北朝鮮がもし戦争したら日本の被害想定はどのくらいのものか?東京の場合のシュミレーションとして 具体…
  3. 最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  4. 新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  5. 北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  6. 大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…

人気記事

  1. 2017-4-20

    麻生大臣の消費税再増税発言にネットがざわつく!反応まとめ「庶民いじめ」「受け入れるべき」

    Twitter上でこのツイートが話題を読んでいます。 https://twitter.com/ok…
  2. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  3. 2016-10-11

    DeNAラミレス監督の采配は阪神金本とこれだけ違う!その理由は?「どう始まるかより、どう終わるかが大事だ」「選手より監督が目立つようではダメ」

    ともに40代で、監督経験なし、永年弱小球団と言われ、選手補強も十分でない中で 監督に就任したDeN…
  4. 2016-12-8

    伊達直人が顔を明かしたのはなぜ?反応をまとめ「どうして名乗り出てしまったんだ」「素晴らしい人格者」

    みなさんは「伊達直人」を名乗り児童養護施設などに無料でランドセルを配っていた人物を覚えているでしょう…
  5. 2016-10-6

    石原慎太郎元知事の豊洲盛り土問題の責任は?ヒアリング一転拒否で厚化粧発言の勢いはどこに?反応まとめ「まるで別人」「逃げようなんて甘いわ」

    豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた石原慎太郎元知事が、 一転して、都のヒアリン…
  6. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  7. 2017-3-2

    アッキード事件とは?ロッキード事件との共通点はあるの?反応まとめ

    今回の森友学園の件をアッキード事件表現した山本太郎氏が注意を受け、安倍首相もこの発言に対して遺憾の意…
ページ上部へ戻る