アメリカでも導入されたソーダ税の税率と反応まとめ「無糖ソーダはどうなる?」「健康のためというと聞こえはいいが」

アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー市では2014年11月にソーダ税が決まり、今も2リットルのコカコーラボトルには68セントが課税されています。(約68円~70円)
つまり税率としては35%!?というところでしょうか?そんなに高いのはすごいことです。
これは特に若者や子どもを中心に糖分の過剰摂取を防ぐために導入された新しい税金です。同様の税金はアメリカ合衆国内の自治体で導入が検討されています。

スポンサーリンク

アメリカでも導入されたソーダ税の税率

ソーダ税はアメリカバークレーでは1オンス=1セントの税率というか課税になっています。
1オンスというのは28.34g程です。1セントは約1円。

ここまで課税するのはなぜでしょう?

糖分を大量に含んだ飲料を飲むと肥満の原因になるとされています。それを防ぐために自治体が課税して消費者の購入価格を上げ、購入を難しくするための税金です。
もちろん導入の過程で消費者の健康に対する意識を高める効果もあります。
飲料品メーカーは反対しましたが議会が承認し、導入されたのは肥満と糖分の過剰摂取との因果関係を議員の多くが認めた事の証しでしょう。

もちろん自宅で淹れるコーヒーに大量の砂糖を入れても糖分の過剰摂取は起こります。
その場合には自分で砂糖を見て入れるので自己責任がわかりやすくなります。

ところがソーダ系の飲料に含まれる糖分は気付かない間に過剰摂取しやすい問題があります。炭酸のせいで甘さがごまかされて飲みやすいのも問題のひとつです。
こうしたソーダ系飲料を飲む人は習慣的に毎日、飲む傾向にあります。ス
ポーツやシャワーの後など喉が渇くと水分補給としてソーダ系飲料を飲み、結果的に大量の糖分を同時に摂取してしまうのです。

これはアメリカ合衆国に限った事ではありません。日本でも同様にソーダ系飲料を毎日の様に飲む人は多くいます。その習慣が抜けない人の多くが肥満に悩む傾向もあります。若年層の場合には成長の止まった大人より太りにくい傾向があるので、問題が見えにくくなります。
ソーダ系飲料を毎日の様に飲む習慣が若い時につくと、成長が止まって太りやすくなった時にその傾向を加速すると考えられています。

自分で気付いても糖分には精神的依存性があるので強い意思を持っていなければ減らすことが難しく、
普通の人は誘惑に負けそうになります。そうして習慣化すると血液中の血糖値が急激に上昇してしまいます。
その時にすい臓の機能が正常であれば必要な量のインシュリンが分泌されて血糖値を正常範囲に戻します。
これを繰り返すとすい臓のインシュリン分泌機能に異常をもたらす場合もあり、その場合には糖尿病の原因にもなります。
日本では間接税率を自治体で決めた前例を聞いた事がありません。導入するとすれば日本国全体で一斉に導入することになるでしょう。
私は肥満防止など健康のために導入に賛成です。

スポンサーリンク

ソーダ税に対する日本の反応は?

ソーダ税に関するニュースに対して日本の反応をまとめてみました。

twitter
「ソーダ類だけが糖分高いわけじゃないのでおかしいのでは。私はただの炭酸水飲んでいるんだが」
twitter
「人工甘味料だらけになりそうで怖い」
ヤフコメ
「健康のために!といえば聞こえがいいから増税しやすいだろうに」
ヤフコメ
「肥満がダメなら肥満税を取ればいいじゃないか!」
twitter
「日本は塩税の方がいいんじゃ」
ヤフコメ
 「エナジードリンクは終わった」
ヤフコメ
「そもそもWHOって信頼できるのか?? 」
twitter
「パチンコ税が先や!」

出典:twitter&ヤフコメ https://goo.gl/DxouMM

と、かなり参考になる意見がたくさんありました。

肥満税でしょ!というのはかなり直ですね。
うちも無糖のただの炭酸水を飲んでいますので、ソーダ税というのは表現がおかしいですね。
ソーダ=糖類になってますから。

それに、本当は財源確保が目的だったらなんでもいいのかもしれません。
皆が納得いく税金、それがこれなのかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2016-10-5

    スシローを韓国系ファンドが買収へ!反応まとめ「大量ワサビ返しされちゃう?」「ガリの代わりにキムチが」

    韓国系投資ファンドのMBKパートナーズが回転ずし最大手のあきんどスシローの買収に乗り出している。 …
  2. 2016-10-16

    ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応「大統領は風見鶏だ」「第2の北朝鮮になる」

    フィリピンのドゥテルテ大統領が18~21日にASEAN以外で訪問する初めての国として、 中国を公式…
  3. 2016-10-20

    土人発言擁護はなぜ?その意味とネットの反応「プロ市民の癖に」「反対派も酷い発言」

    大阪府警の警官が「土人」と発言した事を大阪府の松井知事がTwitterで擁護した事に対して波紋が広が…
  4. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  5. 2016-11-30

    斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

    背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、 2017年俸は4年連続ダ…
  6. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
  7. 2017-1-20

    2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?反応まとめ「第三のまさかは起こるか」「極右の国民戦線には政権を取らせないで」

    4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦…
ページ上部へ戻る