アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?

現地時間9月26日に行われたトランプとヒラリー候補によるアメリカ大統領選の第1回テレビ討論会について、
アメリカ国内の評価としてはややヒラリー候補優勢との意見が多いようですが、日本での評価はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?

アメリカ国内では「嫌われもの同士の対決」とも言われているヒラリーVSトランプですが、
日本国内ではトランプ氏が大統領選関連ニュースの主役であり、
今回の討論会でもトランプ氏が中心でした。

その中でトランプ氏が、ヒラリー氏への反論の際や司会者からのチクリとした指摘に対し
声を荒げる映像が多かったわけですが、討論会全体を見た人のTwitter等では
「トランプ意外に普通」とか「過激な発言少ない」等メディアで伝えられるものとはかなり違うコメントが目立ちました。

このように考えるとトランプ氏は通常より、トーンを抑えていたという評価となりそうです。
他方ヒラリー氏に対しては「冷静」とか「安定感がある」等の高評価がある一方、
日本的な観点から小池都知事や民進党の蓮舫代表と比較している声がチラホラありました。

今回の討論会直前にヒラリー氏が体調を崩し、遊説をキャンセルして、肺炎と診断されたとの報道がありました。
そのためヒラリー氏が画面に映るとTwitterではヒラリー氏の体調に関して
「元気そう」や「顔色良い」などのツイートが目立ちました。

一方トランプ氏に関しては反論やトーンが上がると「トランプw」や
「トランプきたー」など討論会の本筋から外れたものが目立ちました。

またその後の日本国内での報道で、「青がイメージカラーの民主党のヒラリーが赤を着て、
赤がイメージカラーの共和党のトランプが青のネクタイなのはどんな意味があるか?」と
両者の服の色が扱われたのに対し「特に意味ないだろ」とか
「そんな事どうでもよい」という報道への批判もネット上にありました。

Twitter上やネット上には、アメリカ大統領選は他人事と感じているコメントも散在していますが、
ヒラリー、トランプどちらがアメリカ大統領になるかは日本の立ち位置にも大いに影響することは確実な訳ですから、
もっと真剣に見ていくべきだし、マスコミの報道もトランプの発言を話すナレーターに
バラエティ風の演出をつけるような軽薄なやり方はやめた方がよいと感じました。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2016-10-6

    石原慎太郎元知事の豊洲盛り土問題の責任は?ヒアリング一転拒否で厚化粧発言の勢いはどこに?反応まとめ「まるで別人」「逃げようなんて甘いわ」

    豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた石原慎太郎元知事が、 一転して、都のヒアリン…
  2. 2016-10-20

    本田圭佑移籍先は予想外の中国スーパーリーグ上海上港か?なぜ?反応まとめ

    ACミランで出場機会に恵まれない日本代表FW本田圭佑(30)の移籍先が、 予想外の中国スーパーリー…
  3. 2017-3-6

    中国が携帯料金廃止って?現地メディアでその意味を探った。海外の反応は?「何て良い総理だ」「まず解決すべきは住宅と医療だ」

    5日開幕した全国人民代表大会の李克強首相の政府活動報告の中で、最も会場が沸いたのが、 「携帯電話料…
  4. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  5. 2017-2-3

    メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に強烈な放射線の黒い塊が!6年近く経っても調査の目途さえ立たず!反応まとめ

    カメラ調査で、メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に、 人が1分もせずに死亡するほ…
  6. 2017-1-29

    松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

    松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、 昨…
  7. 2016-11-29

    鳥インフルエンザ 2016全国感染の韓国から日本へ?反応まとめ

    2016年11月21日に感染届け出後、韓国全国に広がった鳥インフルエンザが、 渡り鳥を介して日本に…
ページ上部へ戻る