アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?

現地時間9月26日に行われたトランプとヒラリー候補によるアメリカ大統領選の第1回テレビ討論会について、
アメリカ国内の評価としてはややヒラリー候補優勢との意見が多いようですが、日本での評価はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?

アメリカ国内では「嫌われもの同士の対決」とも言われているヒラリーVSトランプですが、
日本国内ではトランプ氏が大統領選関連ニュースの主役であり、
今回の討論会でもトランプ氏が中心でした。

その中でトランプ氏が、ヒラリー氏への反論の際や司会者からのチクリとした指摘に対し
声を荒げる映像が多かったわけですが、討論会全体を見た人のTwitter等では
「トランプ意外に普通」とか「過激な発言少ない」等メディアで伝えられるものとはかなり違うコメントが目立ちました。

このように考えるとトランプ氏は通常より、トーンを抑えていたという評価となりそうです。
他方ヒラリー氏に対しては「冷静」とか「安定感がある」等の高評価がある一方、
日本的な観点から小池都知事や民進党の蓮舫代表と比較している声がチラホラありました。

今回の討論会直前にヒラリー氏が体調を崩し、遊説をキャンセルして、肺炎と診断されたとの報道がありました。
そのためヒラリー氏が画面に映るとTwitterではヒラリー氏の体調に関して
「元気そう」や「顔色良い」などのツイートが目立ちました。

一方トランプ氏に関しては反論やトーンが上がると「トランプw」や
「トランプきたー」など討論会の本筋から外れたものが目立ちました。

またその後の日本国内での報道で、「青がイメージカラーの民主党のヒラリーが赤を着て、
赤がイメージカラーの共和党のトランプが青のネクタイなのはどんな意味があるか?」と
両者の服の色が扱われたのに対し「特に意味ないだろ」とか
「そんな事どうでもよい」という報道への批判もネット上にありました。

Twitter上やネット上には、アメリカ大統領選は他人事と感じているコメントも散在していますが、
ヒラリー、トランプどちらがアメリカ大統領になるかは日本の立ち位置にも大いに影響することは確実な訳ですから、
もっと真剣に見ていくべきだし、マスコミの報道もトランプの発言を話すナレーターに
バラエティ風の演出をつけるような軽薄なやり方はやめた方がよいと感じました。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 石川県知事の谷本正憲氏が北朝鮮に対して「餓死させねば」といった発言をしたことについて、発言を撤回しな…
  2. サッカーや地方の野球大会な、運動会などで選手宣誓の際、右手を高く上げて手先をピンと伸ばすポーズをよく…
  3. 北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  4. 北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…
  5. 6月20日に元SNAPの木村拓哉さんが東京・調布市で車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突する事…
  6. アウフヘーベン発言をしていた小池都知事が6月20日の会見で 豊洲に一時移転し5年めどで築地再整備し…

人気記事

  1. 2017-5-18

    アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

    5月17日、アリゲーターガーが名古屋城でついに捕獲されました。2016年には荒川でも捕獲されましたが…
  2. 2017-3-10

    朴槿恵の弾劾裁判の結果と韓国の反応「憲法裁判所責任者カーラーつけて出勤が答え?」「民主主義の勝利の日」

    朴槿恵大統領の弾劾裁判の結果が3月10日、日本時間11時に発表される。 弾劾とは、罪や不正を調べ上…
  3. 2017-3-30

    お花見に関する海外の反応は?「驚くばかりだね」「日本に住みたい」

    お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. 2016-10-16

    大嘗祭で平成が終わる 次は何に?反応まとめ

    天皇陛下が生前退位の意向を示されたことは、以前から新聞紙上を賑わしていますが、 この度政府は、皇位…
  5. 2017-5-22

    井上尚弥の次戦2017年9月は誰になる?ネットの予想まとめ「防衛戦ならエストラーダ?」「ロマゴン前座か」「

    5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  6. 2017-1-16

    飲食店全面禁煙で居酒屋はどうなる?反応まとめ「あり得ない」「分煙で十分」

    ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…
  7. 2017-6-3

    メダル確定快挙の平野美宇と丁寧との対決が大会最大の山場に!放送予定と反応まとめ

    平野美宇が、世界ランク4位のフォン・ティエンウェイを破り日本女子シングルス48年ぶりのメダルを確定さ…
ページ上部へ戻る