イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

高等法院がEU基本条約第50条を発動してEU離脱交渉を開始するには、
議会の承認が必要だという判決を出した。
これにより、イギリスのeu離脱がいつになるかますます混迷してきた。

Sponsored Links

イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

メイ首相は2017年3月末までにEUに離脱通知する方針を表明していたが、
今回の高等法院の判決により、残留派が多いとされる議会の承認を得るか、
上訴した最高裁でこの判決が覆ることを期待するかになった。

メイ首相は議会に呼び掛け、残留派が多いとはいえ、
議会も国民投票の結果を根底から覆すことはできないだろうとの予測もあるが、
メイ首相のeu離脱プロセスに障害ができたことは確かである。

eu離脱決定とその後の経緯

6月23日 EU離脱派が国民投票で勝利。投票結果、離脱 51.9%、残留 48.1%の僅差。
6月24日 デビット・キャメロン首相が辞任を表明。
6月30日 ボリス・ジョンソンは、党首選不出馬。ジョンソンを応援するとみられていたマイケル・ゴーヴ司法相がジョンソンの能力不足に気づいたと、自ら出馬を表明したため。
7月4日 英国独立党のナイジェル・ファラージ党首「英国をEUから離脱させるのが政治家としての目的だった。自分の役割は果たした」と党首を辞任。
7月7日 第2回投票で残留派だったメイ内相が保守党党首に選出され、首相となる
メイ首相は2017年3月末までにEUに離脱通知する方針と表明。
7月15日 ボリス・ジョンソン外相にが、驚きをもって迎えられる。
11月3日 ロンドンの高等法院がEU基本条約第50条を発動してEU離脱交渉を開始するには、議会の承認が必要だという判決が出た。政府は最高裁に上訴した。

<英国全体の状況>

・議員の大半がイギリスのEU残留を望んでいる。
・英企業の最高経営責任者(CEO)の4分の3が事業の海外移転を検討している。
・為替は、ポンド安が進み、物価が上昇している。
・一方、ポンド安で高級品に割安感が出てきて、観光客を誘っている。
・英国経済は現在のところ多くの人が危惧していたより力強い底堅さを見せている。
・為替の推移(ポンド/ドル)は以下である。

s_20161107brexict

 

eu離脱についての高等法院判決の日本の反応と英国の反応を比べて見ましょう。

eu離脱についての高等法院判決に関する英国の反応

twitter
なんて悲しくて恥ずかしいことだ!メディアが司法を攻撃している!判決は、ブレグジットを否定しているのではなく、メイが採用しているプロセスを否定しているのだ。
twitter
何ら驚くことはない。勝利した国民は、2度と投票しないだろう。その判決は破棄される。
twitter
EUを支持する裁判官は議員が望めば、国民投票の結果を拒否することができると言った。
twitter
どうやって彼(裁判官)はブレグジットに対する独立した法的判決に達したんだ!!!裏切り者!
twitter
高等裁判所 Brexit についての決定はちょうど、私たち英国においてもdrain the swamp(沼地の水を抜くというトランプの標語)が必要なことを証明している。権力者エリートは国民の願いを再度無視する。
twitter
我々は常々Brexit についての国家の意思決定を尊重しなければならないと言われている。私と私の優先順位はいつも私の国スコットランドであるだろう。
twitter
知的な政治世界で政府がこの決定をしたのであって、裁判所がしたのではない。我々は、すべてうまく働くような首尾一貫したブレグジット計画が今必要だ。

 

Sponsored Links

イギリスのeu離脱についての高等法院判決に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

EUからは、一刻も早く離脱通知、離脱交渉を開始してくれと要求されている
eu離脱プロセスにますます暗雲がかかってきました。

そもそも離脱決定直後から、推進派の議員は、逃げ出して責任を取らず、
離脱賛成派の国民の一部は、こんなはずではなったと後悔するなど、混迷が続いています。

救いは、経済が思ったほど落ち込まなかったことですが、
先の見通しが不明確では、企業は、英国から出てゆくことを考え、
さらなるポンド安に見舞われると物価の上昇が加速することにもなりかねません。

世界の全体の経済の安定のためにも、早くはっきりした離脱プロセスを示し、
実行に移してもらいたいと思います。

■関連記事
メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」
ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-7-23

    AIに聞いてみたNHK「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」が炎上!反応まとめ「炎上商法ではないのか」「日本を滅ぼす害虫扱いされるのかわいそうすぎる」

    昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  2. 2017-8-29

    ロマゴンとシーサケットの再戦の予想と放送予定まとめ「技術のロマゴン、体力は王者」「巧妙な肘打ちに注意」

    ロマゴンとシーサケットの再選が9月9日に行われます。 前回まさかの判定負けとなったロマゴンにとって…
  3. 2017-6-22

    選手宣誓はナチス式敬礼?炎上まとめ「何を見ても日章旗みたいな話」

    サッカーや地方の野球大会な、運動会などで選手宣誓の際、右手を高く上げて手先をピンと伸ばすポーズをよく…
  4. 2017-6-15

    ヒアリは普通の蟻とどう違うか?米国でもなぜ広がった?

    日本に初めて上陸したことが確認された、刺されると、火傷のような激しい痛みを生ずるという 危険なヒア…
  5. 2017-4-3

    原発賠償訴訟の女裁判長の判決に炎上!津波予見出来た?反応まとめ「常識外れという常識外れの人々」「結果論の判決だ」

    原発賠償訴訟に3月17日、非常の興味深い判決が出ました。 女裁判長の原氏は、国が巨大津波を予見でき…
  6. 2017-9-22

    リナレスvsキャンベルの予想まとめ!「大分仕上がっているから勝てる」「もろいから逆転KOされる」

    9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  7. 2016-11-24

    2016年11月東京に雪が54年ぶりにふる!原因と反応「全国放送せんでも」「毎年異常気象」

    11月24日に東京で11月としては54年ぶりとなる雪が降りました。 今年の夏は逆に非常に暑く、いろ…
ページ上部へ戻る