イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、
既に180万件を超え、議会は2月20日に審議を実施することを決めた。
一方世論調査では、賛成派が反対派上回っている。日本と海外の反応を見た。

スポンサーリンク

イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応

ロンドンでは、1万人以上が、トランプ大統領のイギリス公式訪問に反対するデモを行った。
トランプ大統領による難民受け入れ凍結やイスラム圏7カ国からの入国禁止決定に対する反発が原因である。
ほぼ1日で100万人を超える人が署名するのは異例のスピードである。

英国の政治家、皇太子も公式訪英の招待したことを批判している(EveningStandard参照)。

イギリスのジョンソン外相は、大統領令について、「対立を生じさせる、間違った国籍差別」と批判し、
「(入国規制は)不安を引き起こす、非常に物議を醸す政策だ。これは、イギリス政府のとるアプローチではない」と述べた。

英最大野党の労働党、コービン党首は「メイ氏が公式訪問を延期し
(トランプ氏を)明確な言葉で非難しなければ、英国人を失望させるだろう」と訴えた。

初のイスラム教徒の市長となったロンドンのカーン市長は、ロンドン市民はイスラム禁止が棚上げされるまで、
トランプ大統領のために赤いカーペットを広げることを支持しないだろう。
この禁止が棚上げされるまで、トランプ大統領の英国訪問の申し出を取り消さねばならないと述べた。

チャールズ皇太子は、ユダヤ人慈善団体の夕食会で演説し、
「特に、第二次世界大戦の恐ろしい教訓が忘れられる危険性が増しているようだ。」と懸念を示した。

今回のトランプ大統領の公式訪英は、先月27日に、ワシントンでメイ首相がトランプ大統領と会談した際、
エリザベス英女王からの公式的な招待状を、メイ首相自らトランプ大統領に手渡しており、既に受理されている。

公式訪問の日程について来年6月か7月で合意できるよう調整中であるという。

トランプ大統領への公式訪英招待は英国がEUを離れるため、米国との有益な貿易協定を結ぶ必要に迫られているということからきている。
英政府はトランプ氏の公式訪問が米英関係の強化に向けた「秘密兵器」になることを願っているという。

トランプ氏はメイ首相との電話会談の際に、英北部スコットランド生まれの母親がエリザベス女王の「大ファン」だったと語ったとも伝えられている。

また、訪米で確認した「特別な関係」に配慮してメイ首相が、今回の入国禁止措置を速やかには批判せず、
トランプ氏の英国招待の方針を堅持していることが、多くの批判を招いている。

一方最近の英国内の世論調査では、トランプ米大統領の国賓としての公式訪英について、
49%が「実施すべきだ」と答え、「中止すべきだ」は36%にとどまっている。

次に、トランプ訪英阻止に関する海外(英国)の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2017-1-17

    アパホテル南京事件本配置で中国人が炎上!海外の反応「ホテルが静かになり良いな」

    慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  2. 2017-2-27

    DAZNがJリーグ開幕から不具合で炎上!反応まとめ「ダメゾーンや」「いきなり悪評」

    2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  3. 2017-2-6

    長谷川豊氏の日本維新の会擁立による出馬はなぜ?反応まとめ「維新を応援する気がなくなった」「当選したらあきれる」

    フジテレビの元アナウンサーの長谷川豊氏が、次の衆院選に出馬することが報道されました。 日本維新の会…
  4. 2016-10-20

    本田圭佑移籍先は予想外の中国スーパーリーグ上海上港か?なぜ?反応まとめ

    ACミランで出場機会に恵まれない日本代表FW本田圭佑(30)の移籍先が、 予想外の中国スーパーリー…
  5. 2016-11-16

    トランプの孫娘のPPAPの公式動画はこれ!反応まとめ

    トランプ次期大統領の孫娘アラベラ・ローズちゃん(5歳)が「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」…
  6. 2016-12-9

    長谷川穂積が引退表明した理由 反応まとめ「これぞ、有終の美!」

    WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)が神戸市内で会見し、 チャンピオンのままの引退…
  7. 2017-2-27

    アマゾンにヤマト運輸が限界!でも撤退したら影響は?「行き過ぎのサービスを再考すべき時」

    2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
ページ上部へ戻る