イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、
既に180万件を超え、議会は2月20日に審議を実施することを決めた。
一方世論調査では、賛成派が反対派上回っている。日本と海外の反応を見た。

スポンサーリンク

イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応

ロンドンでは、1万人以上が、トランプ大統領のイギリス公式訪問に反対するデモを行った。
トランプ大統領による難民受け入れ凍結やイスラム圏7カ国からの入国禁止決定に対する反発が原因である。
ほぼ1日で100万人を超える人が署名するのは異例のスピードである。

英国の政治家、皇太子も公式訪英の招待したことを批判している(EveningStandard参照)。

イギリスのジョンソン外相は、大統領令について、「対立を生じさせる、間違った国籍差別」と批判し、
「(入国規制は)不安を引き起こす、非常に物議を醸す政策だ。これは、イギリス政府のとるアプローチではない」と述べた。

英最大野党の労働党、コービン党首は「メイ氏が公式訪問を延期し
(トランプ氏を)明確な言葉で非難しなければ、英国人を失望させるだろう」と訴えた。

初のイスラム教徒の市長となったロンドンのカーン市長は、ロンドン市民はイスラム禁止が棚上げされるまで、
トランプ大統領のために赤いカーペットを広げることを支持しないだろう。
この禁止が棚上げされるまで、トランプ大統領の英国訪問の申し出を取り消さねばならないと述べた。

チャールズ皇太子は、ユダヤ人慈善団体の夕食会で演説し、
「特に、第二次世界大戦の恐ろしい教訓が忘れられる危険性が増しているようだ。」と懸念を示した。

今回のトランプ大統領の公式訪英は、先月27日に、ワシントンでメイ首相がトランプ大統領と会談した際、
エリザベス英女王からの公式的な招待状を、メイ首相自らトランプ大統領に手渡しており、既に受理されている。

公式訪問の日程について来年6月か7月で合意できるよう調整中であるという。

トランプ大統領への公式訪英招待は英国がEUを離れるため、米国との有益な貿易協定を結ぶ必要に迫られているということからきている。
英政府はトランプ氏の公式訪問が米英関係の強化に向けた「秘密兵器」になることを願っているという。

トランプ氏はメイ首相との電話会談の際に、英北部スコットランド生まれの母親がエリザベス女王の「大ファン」だったと語ったとも伝えられている。

また、訪米で確認した「特別な関係」に配慮してメイ首相が、今回の入国禁止措置を速やかには批判せず、
トランプ氏の英国招待の方針を堅持していることが、多くの批判を招いている。

一方最近の英国内の世論調査では、トランプ米大統領の国賓としての公式訪英について、
49%が「実施すべきだ」と答え、「中止すべきだ」は36%にとどまっている。

次に、トランプ訪英阻止に関する海外(英国)の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2017-1-23

    インドネシア高速鉄道2017の中国建設のめど立たず?現地メディアから探ってみた!反応まとめ

    激しい受注合戦の末、日本が敗れて大きなショックを与えたインドネシア高速鉄道計画が、 昨年の起工式か…
  2. 2017-1-10

    新元号の予想一覧!決め方や問題点もまとめてみた「安始って」「日明」「安成でしょ」

    2019年から新元号とする意向を政府が発表し、次の元号は何かと話題になっています。 今回は、新元号…
  3. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  4. 2016-10-7

    小野薬品のがん免疫薬オプジーボの薬価はほんとうに高すぎるのか?反応まとめ「製薬会社の開発意欲が削がれる」「国民の税金がむしりとられているだけ」

    小野薬品の画期的がん免疫薬「オプジーボ」の薬価が高いことが国を亡ぼすと話題になっている。 医療保険…
  5. 2016-10-20

    本田圭佑移籍先は予想外の中国スーパーリーグ上海上港か?なぜ?反応まとめ

    ACミランで出場機会に恵まれない日本代表FW本田圭佑(30)の移籍先が、 予想外の中国スーパーリー…
  6. 2016-10-2

    消費者庁、初のトクホ取り消し事件で健康食品各社へ商品調査を要請!!その意味と反応まとめ

    消費者庁は、日本サプリメントに関する初のトクホ取り消し事件に関連して、トクホの全商品について、 有…
  7. 2017-2-22

    NASA太陽系外惑星発表の日本時間と視聴リンク!反応まとめ「地球以外にも海!」「第2の地球か」「地球外生命体!?」

    NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
ページ上部へ戻る