イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

イタリア国民投票が12月4日に行われます。
市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのような影響が出るかが重要になってきます。
今回は、国民投票の日程や予想される影響などを紹介していきます。

スポンサーリンク

イタリア国民投票の日本時間日程

イタリア国民投票の日本時間日程は以下の予定となっています。

投票時間:12月4日(日)15:00~12月5日(月)7:00
開票時間:12月5日(月)7:00~(投票締め切り直後より)
※開票開始から30分毎に調査会社の結果予想速報が入る予定です。

イタリア国民投票の影響や予想されていること

今回のイタリア国民投票により、日本の株は再び下がるかもしれないと予想されているのが主流です。(あくまで比較的大勢の人の予想でどうなるかはわかりません)
日本は今年、6月の英国のEU離脱と11月のトランプ氏大統領選勝利によって2度の急激な株安、円高を経験しました。
そして今回、再びその現象にさらされるのではという警戒の声が多く見られます。
つまり、今年最後の大相場が来るのではということです。

これは株等をやる人に関わらず、普通に日本も他人事ではありません。
今年から明らかに世界の兆候が変わっています。グローバリズムの終焉はEU離脱あたりから感じ、トランプ大統領誕生で確信しました。
ナショナリズムから脱却し、グローバリズムで世界平和という理想を掲げた世界が、世界平和の限界を感じ
再び、まだちょっと違った意味のナショナリズムに戻ろうとしている感がします。

今回のイタリア国民投票は、上院の権限縮小など、憲法改正案の是非を問う国民投票であり
憲法改正が騒がれている日本にとっても身近に感じる問題であります。

現首相であるレンツィ首相は憲法改正案を推進していて、公約としては今回敗れれば辞任すると宣言しています。
どちらかと言えば、憲法改正が2番目で、1番はレンツィ首相を辞めさせるか、存続させるかの意味合いが強い国民選挙となっています。

今回もし辞任する形となれば、EU懐疑派である反体制政党の「五つ星運動」の追い風となり
まさかのイタリアまでもEU離脱問題を揺るがすことに発展するでしょう。
そうなると総選挙も来年の初頭に前倒しされることでしょう。

つまり、今回のイタリア国民選挙でレンツィ首相辞任が決まれば、混乱を伴った円買いが予想されるのです。

スポンサーリンク

イタリア国民投票のネットの反応や予想

ネットでは、この国民投票に以下のような反応があります。

「予想より市場反応が悪い可能性もある」
「明日どうなるんだろう」
「暴落の度に買った人が儲かったから今回も下がれば買いだね」
「相場だいぶ荒れそう」
「流れをよく見た方がいいな」
「注意してくださいって言われてもポジション持ってる人はどうしたら」
「あんまりあてにならない」
「今度こそ底で買いたい」
「親切にFX取引会社から注意喚起された」
「たいしてインパクトないでしょ」

出典:twitter

大荒れが予想される5日の市場ですが、実際そうなるのでしょうか。
一部ではあまり大きな影響はないとの見方もあり、どちらに転ぶか何とも言えない状況です。
とはいえ、最悪の状態になることも十分あり得ますし、5日に取引を考えている人は十分気を付けた方が良いでしょう。
5日の市場は大変忙しくなりそうです。

個人的に驚いたのは株取引をしている人って意外に多いんだなということでした。
ネットには5日の取引に関する書き込みをしている人がたくさんいました。

トレードが年々個人の身近になっていくのを感じました。

■関連記事

イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-6-21

    木村拓哉の愛車サリーンS7等について調べてみた 事故の反応まとめ

    6月20日に元SNAPの木村拓哉さんが東京・調布市で車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突する事…
  2. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  3. 2017-6-6

    一帯一路中国の野望に乗るのか?安倍首相条件付き協力表明はなぜ?反応まとめ「包囲網の妄想が失敗」「流石にこれは応援できない」

    経済覇権を目指す中国の野望ではとの見方がある一帯一路構想に安倍首相は条件付きながら協力を表明した。 …
  4. 2017-3-1

    JR北海道東日本と合併!との麻生発言の実現可能性は?反応まとめ「このくらいしないと」「国が好き勝手できるものではない」

    JR北海道の経営悪化問題について、麻生財務大臣は「一つのアイデア」と断ったうえで、 経営を立て直す…
  5. 2017-8-5

    北朝鮮との戦争が秒読み?2017年8月15日説のソースはどこ?

    北朝鮮との戦争が秒読みの話がまた出てきましたが本当でしょうか? 2017年8月15日説が出回ってい…
  6. 2017-3-30

    武雄市でツタヤ図書館批判の投書者の自宅訪問 反応まとめ「圧力だ」「田舎ではよくある」

    佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  7. 2017-8-29

    9月9日が米国北朝鮮激突による日本に最も危険な日の理由とは?反応まとめ

    北朝鮮の北海道上空を通過したミサイル発射により、米国北朝鮮の激突による日本の危険がますます高まった。…
ページ上部へ戻る