イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

イタリア国民投票が12月4日に行われます。
市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのような影響が出るかが重要になってきます。
今回は、国民投票の日程や予想される影響などを紹介していきます。

スポンサーリンク

イタリア国民投票の日本時間日程

イタリア国民投票の日本時間日程は以下の予定となっています。

投票時間:12月4日(日)15:00~12月5日(月)7:00
開票時間:12月5日(月)7:00~(投票締め切り直後より)
※開票開始から30分毎に調査会社の結果予想速報が入る予定です。

イタリア国民投票の影響や予想されていること

今回のイタリア国民投票により、日本の株は再び下がるかもしれないと予想されているのが主流です。(あくまで比較的大勢の人の予想でどうなるかはわかりません)
日本は今年、6月の英国のEU離脱と11月のトランプ氏大統領選勝利によって2度の急激な株安、円高を経験しました。
そして今回、再びその現象にさらされるのではという警戒の声が多く見られます。
つまり、今年最後の大相場が来るのではということです。

これは株等をやる人に関わらず、普通に日本も他人事ではありません。
今年から明らかに世界の兆候が変わっています。グローバリズムの終焉はEU離脱あたりから感じ、トランプ大統領誕生で確信しました。
ナショナリズムから脱却し、グローバリズムで世界平和という理想を掲げた世界が、世界平和の限界を感じ
再び、まだちょっと違った意味のナショナリズムに戻ろうとしている感がします。

今回のイタリア国民投票は、上院の権限縮小など、憲法改正案の是非を問う国民投票であり
憲法改正が騒がれている日本にとっても身近に感じる問題であります。

現首相であるレンツィ首相は憲法改正案を推進していて、公約としては今回敗れれば辞任すると宣言しています。
どちらかと言えば、憲法改正が2番目で、1番はレンツィ首相を辞めさせるか、存続させるかの意味合いが強い国民選挙となっています。

今回もし辞任する形となれば、EU懐疑派である反体制政党の「五つ星運動」の追い風となり
まさかのイタリアまでもEU離脱問題を揺るがすことに発展するでしょう。
そうなると総選挙も来年の初頭に前倒しされることでしょう。

つまり、今回のイタリア国民選挙でレンツィ首相辞任が決まれば、混乱を伴った円買いが予想されるのです。

スポンサーリンク

イタリア国民投票のネットの反応や予想

ネットでは、この国民投票に以下のような反応があります。

「予想より市場反応が悪い可能性もある」
「明日どうなるんだろう」
「暴落の度に買った人が儲かったから今回も下がれば買いだね」
「相場だいぶ荒れそう」
「流れをよく見た方がいいな」
「注意してくださいって言われてもポジション持ってる人はどうしたら」
「あんまりあてにならない」
「今度こそ底で買いたい」
「親切にFX取引会社から注意喚起された」
「たいしてインパクトないでしょ」

出典:twitter

大荒れが予想される5日の市場ですが、実際そうなるのでしょうか。
一部ではあまり大きな影響はないとの見方もあり、どちらに転ぶか何とも言えない状況です。
とはいえ、最悪の状態になることも十分あり得ますし、5日に取引を考えている人は十分気を付けた方が良いでしょう。
5日の市場は大変忙しくなりそうです。

個人的に驚いたのは株取引をしている人って意外に多いんだなということでした。
ネットには5日の取引に関する書き込みをしている人がたくさんいました。

トレードが年々個人の身近になっていくのを感じました。

■関連記事

イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2017-3-19

    民進党福山哲郎理事の報告は森友学園問題責任回避の予防線か?反応まとめ「急に逃げた」「もう気づいているんでしょ」

    民進党福山哲郎理事が16日に森友学園小学校建設現場視察報告をした。 Youtubeにも正式にアップ…
  2. 2017-3-24

    安倍昭恵夫人のプロフィールや学歴に見る森友問題で政権窮地になる原因は?反応まとめ

    ファーストレディでありながら安倍首相の政策に度々異を唱え、 自身を「家庭内野党」と述べたこともある…
  3. 2017-2-15

    フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」

    国家安全保障担当米大統領補佐官フリン氏が政権発足1月未満で辞任し、トランプ政権に大きな打撃を与えた。…
  4. 2017-1-18

    飯島元マネの新会社の真の目的は?3つの違和感と反応まとめ「赤西くんみたいに日本で見れなくなったらやだな」「レギュラーかなり持ってるが捨てていくか?」

    SMAP解散からまだ日が経たない中で新たな動きが。 元マネージャーの飯島三智氏が新会社を立ち上げて…
  5. 2016-10-27

    フィリピンドゥテルテ大統領中国日本どっちが好き?との質問にとてもウィットに富んだ回答!!中国ネットユーザーの反応は?

    訪日前、マニラの空港で、フィリピンドゥテルテ大統領は日本と中国のどっちが好き?との日本人記者の質問に…
  6. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  7. 2016-10-7

    シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ「かわいいから許す!」「選手としては終わったのでは?」

    処分短縮によりシャラポワの出場停止期間が、当初の2年から1年3か月に9か月短縮される。 ドーピング…
ページ上部へ戻る