イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

トランプ米大統領の顧問のケリーアン・コンウェーが、ニュースのインタビューでイヴァンカのファッションブランドを
称賛したことについて、米政府倫理局が、倫理違反の疑いが強いとしてホワイトハウスにコンウェー女史への懲戒処分を求めた。
コンウェー女史とはいかなる人物か?反応をまとめた。

スポンサーリンク

イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

ケリーアン・コンウェイ女史の経歴についてまとめる(Wikipedia参照)。

ケリーアン・コンウェイの経歴

1967年1月20日生まれの49歳
1989年 トリニティ・ワシントン大学の政治学部を修了、ジョージ・ワシントン大学法学部で法務博士号取得の高学歴。
1995年 コンサルティング会社「The Polling Company」を設立し、消費者動向や女性に関する動向の外、
政治活動に関するコンサルティング業務を含む。その後、政治解説者として数々のラジオやテレビに出演する。
2012年 ニュート・ギングリッチの大統領選挙運動において、上級顧問として働く。
2016年 アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙では、テッド・クルーズを支持し、支持団体の委員会委員長を務める。
2016年7月1日 大統領選挙の共和党指名候補としてのトランプ候補の上級顧問となり、共和党大統領選挙対策本部長を務める。
2017年1月20日 トランプ大統領の顧問に就任する。

彼女はどんな人物なのか?

ニューヨークの法律家と結婚しており、双子を含む4人の子持ちである。
トランプ大統領とは2006年以来、10年来の知り合いで、今はトランプのwhisperer(ウイスパラー耳元でささやいて、言うべきことを助言する)である。
ホワイトハウスで最高ランクの女性である。
コンウェイは事実を隠すために、「偽のニュース」(fake news)や「代替的な事実」(alternative facts)という言葉を使う。
妊娠中絶には強く反対
(http://www.cosmopolitan.com/politics/news/a62994/kellyanne-conway-trump-new-campaign-manager/参照)

コンウェーの迷言とは
「代替的な事実」トランプ大統領就任式の聴衆者数が、オバマ前大統領の就任式の聴衆者数よりはるかに少ないというメディアの報道に対し、
スパイサー報道官が初の記者会見で、「就任式の聴衆者数は、過去最大のものであった」と発言した。

これに対し、当日の写真などを比較掲載し、明らかに事実に反すると主要メディアは一斉に反発した。
スパイサー報道官のメディア批判声明に関する意見を求められた際、
コンウェイは、「あなたは「過去最大の聴衆者数」というのは「虚偽」だと言うかもしれないけど、
スパイサー報道官はそれに対する「代替的な事実」(alternative facts)を示した」との迷言を発し、
代替的な事実と、「虚偽」とどう違うのかと、メディアの一斉反発を受けた。

「ボウリンググリーン大虐殺」と呼ばれるイラクのテロリストによって起こされたとされる事件を
インタビューで話題にしたが、後にそれは実在しない虐殺事件であることとが判明した。

スポンサーリンク

日本の反応を見てみましょう。

コンウェー大統領顧問に懲戒処分勧告に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
コンウェーに同情するひとは稀です。フリンの次に辞任は、彼女ではとの意見も。

昨日フリン補佐官辞任の記事で、「次はコンウェイ大統領顧問、その次はバノン首席戦略官・上級顧問、
プリーバス主席補佐官と辞任劇は続くとの見方もある」と書いた翌日にこのニュースである。

それにしても、TVで、大統領の娘の販売する商品を買いましょうと言えば、問題となることは、日本の我々でもわかることである。
トランプ大統領に集まる人のレベルが低いのか、トランプへの忠誠心が強すぎるのかである。

今後イスラム移民拒否を主導した最側近のバノンに問題が生じ、
辞任に至るようなことになれば、トランプ政権は、アウトであろう。

ペンス副大統領に権限が早く移ってほしいと考えている向きも多そうだ。

■関連記事
フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  2. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…
  3. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  4. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  5. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  6. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…

人気記事

  1. 2017-5-19

    村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

    村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。 プロデビュー時からずっと変わらないので…
  2. 2016-11-13

    トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

    トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の…
  3. 2016-11-3

    小池都知事の希望の塾に橋下徹が講師に!反応まとめ「適任だ!」「絶望の塾だな」

    小池都知事が9月28日に募集した政治塾である希望の塾の講師を橋下徹前大阪市長が務めるように要請して前…
  4. 2017-2-10

    フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

    フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。 世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変…
  5. 2017-2-9

    山田暢久の契約解除はなぜ?ネットで推測が飛び交う「仕事をしなかったのかも」「生え抜きなのに冷遇」

    浦和レッズの山田暢久元選手が突然の契約解除をされていることが分かりました。 なぜいきなりの契約解除…
  6. 2017-1-27

    トランプ大統領のメキシコ国境の壁の費用は?どこにどれだけ設置するのか?反応まとめ

    トランプ大統領の公約の1つである「メキシコ国境に壁を作る」不法移民対策とされるこの公約を果たしてトラ…
  7. 2016-12-17

    トランプ氏当選の大統領選へのロシアのサイバー攻撃に、プーチン大統領直接関与か?海外の反応

    米ホワイトハウスは、トランプ氏が当選した大統領選を妨害するロシアのサイバー攻撃に プーチン大統領が…
ページ上部へ戻る