イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

トランプ米大統領の顧問のケリーアン・コンウェーが、ニュースのインタビューでイヴァンカのファッションブランドを
称賛したことについて、米政府倫理局が、倫理違反の疑いが強いとしてホワイトハウスにコンウェー女史への懲戒処分を求めた。
コンウェー女史とはいかなる人物か?反応をまとめた。

スポンサーリンク

イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

ケリーアン・コンウェイ女史の経歴についてまとめる(Wikipedia参照)。

ケリーアン・コンウェイの経歴

1967年1月20日生まれの49歳
1989年 トリニティ・ワシントン大学の政治学部を修了、ジョージ・ワシントン大学法学部で法務博士号取得の高学歴。
1995年 コンサルティング会社「The Polling Company」を設立し、消費者動向や女性に関する動向の外、
政治活動に関するコンサルティング業務を含む。その後、政治解説者として数々のラジオやテレビに出演する。
2012年 ニュート・ギングリッチの大統領選挙運動において、上級顧問として働く。
2016年 アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙では、テッド・クルーズを支持し、支持団体の委員会委員長を務める。
2016年7月1日 大統領選挙の共和党指名候補としてのトランプ候補の上級顧問となり、共和党大統領選挙対策本部長を務める。
2017年1月20日 トランプ大統領の顧問に就任する。

彼女はどんな人物なのか?

ニューヨークの法律家と結婚しており、双子を含む4人の子持ちである。
トランプ大統領とは2006年以来、10年来の知り合いで、今はトランプのwhisperer(ウイスパラー耳元でささやいて、言うべきことを助言する)である。
ホワイトハウスで最高ランクの女性である。
コンウェイは事実を隠すために、「偽のニュース」(fake news)や「代替的な事実」(alternative facts)という言葉を使う。
妊娠中絶には強く反対
(http://www.cosmopolitan.com/politics/news/a62994/kellyanne-conway-trump-new-campaign-manager/参照)

コンウェーの迷言とは
「代替的な事実」トランプ大統領就任式の聴衆者数が、オバマ前大統領の就任式の聴衆者数よりはるかに少ないというメディアの報道に対し、
スパイサー報道官が初の記者会見で、「就任式の聴衆者数は、過去最大のものであった」と発言した。

これに対し、当日の写真などを比較掲載し、明らかに事実に反すると主要メディアは一斉に反発した。
スパイサー報道官のメディア批判声明に関する意見を求められた際、
コンウェイは、「あなたは「過去最大の聴衆者数」というのは「虚偽」だと言うかもしれないけど、
スパイサー報道官はそれに対する「代替的な事実」(alternative facts)を示した」との迷言を発し、
代替的な事実と、「虚偽」とどう違うのかと、メディアの一斉反発を受けた。

「ボウリンググリーン大虐殺」と呼ばれるイラクのテロリストによって起こされたとされる事件を
インタビューで話題にしたが、後にそれは実在しない虐殺事件であることとが判明した。

スポンサーリンク

日本の反応を見てみましょう。

コンウェー大統領顧問に懲戒処分勧告に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
コンウェーに同情するひとは稀です。フリンの次に辞任は、彼女ではとの意見も。

昨日フリン補佐官辞任の記事で、「次はコンウェイ大統領顧問、その次はバノン首席戦略官・上級顧問、
プリーバス主席補佐官と辞任劇は続くとの見方もある」と書いた翌日にこのニュースである。

それにしても、TVで、大統領の娘の販売する商品を買いましょうと言えば、問題となることは、日本の我々でもわかることである。
トランプ大統領に集まる人のレベルが低いのか、トランプへの忠誠心が強すぎるのかである。

今後イスラム移民拒否を主導した最側近のバノンに問題が生じ、
辞任に至るようなことになれば、トランプ政権は、アウトであろう。

ペンス副大統領に権限が早く移ってほしいと考えている向きも多そうだ。

■関連記事
フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  2. 2016-12-28

    内山高志の大晦日放送時間は?コラレス戦の予想一覧!「今回はかなり慎重にいくだろう」「負けたら続ける選択肢はないだろう」

    今年4月のまさかの敗戦から5か月。 元V11王者の内山高志選手が大晦日に前回内山選手を2ラウンドで…
  3. 2017-2-10

    出光興産の創業家代理人辞任で昭シェルとの2017年予定だった合併ますます困難に!反応まとめ「創業家の強硬なサインきた」「こりゃ長期化しそうだね」

    出光興産の創業家代理人の浜田卓二郎弁護士が代理人を辞任した。 元々2017年に予定されていた出光と…
  4. 2017-2-24

    投球なし敬遠のルール内容とは?反応をまとめてみた「そのうちホームランも歩かない?」「大リーグ終わりの始まりだ」

    大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  5. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  6. 2017-2-1

    東京新聞に香取慎吾ファンのメッセージが溢れてるのはなぜ?反応まとめ

    1月31日の東京新聞を見てびっくりしました。 広告の伝言コーナー欄に元SMAPの香取慎吾への誕生日…
  7. 2017-1-16

    駅伝マラソンがこれまで雪で中止になったことは?決行した女子駅伝への反応まとめ「八甲田山の雪中行軍がいまだに生きてる」「ベストは延期なんだろうけど」

    昨日大雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が2千人規模の除雪作業を行って決行さ…
ページ上部へ戻る