オリンピック連覇のロマチェンコがサースポーチャンピョン対決!!果たして勝つのはどっちだ!

[ad#no-1]

夢の対決が実現!

オリンピック2大会連続制覇を成し遂げたロマチェンコが、プロ転向を果たし、プロでも世界王座を獲得しました。
今もなお、チャンピオンベルトを保持し続けているサウスポー同士の夢の対決が、12月9日ニューヨークにて実現します。
8歳若く、2階級上のロマチェンコが有利と言われているが、リゴンドーを支持する声も多いのです。
この勝負を制するのは、本物のチャンピオンになるのはどちらなのでしょうか。

ロマチェンコが勝つ理由とは

リゴンドーはかなり打たれ弱いという印象がありますよね。
天笠尚選手との世界戦では、序盤に2度ダウンを喫したリゴンドーは比較的にダウンする確率が高いです。
ノニト・ドナイレ戦でも10ラウンドでダウンをしたのも記憶には新しいでしょう。
ロマチェンコと戦うということは2階級上のレベルですので、ダウンする可能性が非常に高いと思います。

次に年齢差です。ロマチェンコとリゴンドーの年齢差は8歳差です。
一般的にはボクシングは長く続けることが難しいため、リゴンドーの37歳という年齢は非常に珍しいです。
歳をとると反射神経や重体視力が落ちていき、動きが鈍なってきます。
ですので、8歳若いロマチェンコが有利かと思われます。

そして、何よりも経験の差です。リゴンドーはスーパーバンダム級以上のウエイトで戦ったことはたったの1度しかありません。
それも8年近くも前のことなので、ほぼ経験は0に等しいです。
圧倒的にロマチェンコが有利のように思います。
[ad#no-1]

両者のコメント

両者のコメントも発表されており、ロマチェンコは「ボクシングのファンと歴史にとって大きな試合になる。この一戦では2人の能力が最大限に発揮されるだろう」
一方、リゴンドーは「歴史的な試合に興奮している。階級で勝敗が決まるのではなく、選手が勝敗を決める。現役最強の1人であるロマチェンコを自分のキャリア最高のパフォーマンスで倒すことを楽しみにしている」と両者とも勝負に対する熱い思いを語っています。
ファンの注目度も高く、ボクシングの歴史に刻まれる一戦になることは間違いないでしょう!

まとめ

チャンピオン同士が本当のチャンピオンを競い合う一戦は目が離せません。
ロマチェンコの圧倒的な力でねじ伏せるのか、それともリゴンドーのテクニックで徐々にピンチへと追い込んでいくのか、かなりドキドキする試合展開へとなるでしょう!
ボクシングの歴史に残る一戦を拝見してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-11-25

    福島第二原発使用済み核燃料プールの冷却水装置停止は第一原発事故の再現だ!我々は何を学んだのか?

    11月22日の福島の震度5弱の揺れを観測した地震の影響で、 東電福島第二原子力発電所の3号機の使用…
  2. 2017-5-2

    妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?その詳細と反応をまとめてみた

    妊娠菌がうつる、そんな話がいつの間にか一部でブームとなり、現在ではメルカリで「妊娠菌の付いた米」なる…
  3. 2017-6-8

    巨人12連敗なぜ?これからどうなる?反応まとめ「あまりの弱さに呆然」「ベイスターズファンなら、どってことない」

    高橋監督に代わって2年目、開幕直後は好調で、大補強を行った今年こそと期待されていた巨人が、 まさか…
  4. 2017-5-30

    前倒し英総選挙左派コービン党首の猛追でメイ首相の地滑り的勝利が消滅!3つの理由とは?反応まとめn

    2020年5月の予定だったイギリス総選挙を2017年6月8日に前倒して、地滑り的勝利が予想されていた…
  5. 2017-8-30

    Jアラートが鳴らなかったのはiPhoneや埼玉のせいではない!反応まとめ「対象の地域でしか鳴らないのか」「対象地域外でも一応知らせて」

    8月29日に北朝鮮がミサイルを発射し日本上空を通過した際、Jアラートが使用されましたが、一部の携帯で…
  6. 2017-3-29

    ろうそく集会にノーベル平和賞を韓国ソウル市が推薦推進!なぜ?反応まとめ

    ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …
  7. 2016-10-7

    貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」

    貴乃花といえば「若貴ブーム」を起こし、一般にまで相撲人気を拡大させた平成の大横綱ですよね。 そんな…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。