クラブワールドカップ2016 鹿島がアフリカ代表破り、ベスト4へ!レアル・マドリード との対決はあるか?反応まとめ

サッカーのクラブワールドカップは11日、市立吹田スタジアムでの準々決勝で、
開催国枠で初出場の鹿島アントラーズが、アフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)を
2―0で破ってベスト4入りした。最強レアル・マドリードとの決勝での対決はあるか?

スポンサーリンク

クラブワールドカップ2016 鹿島がアフリカ代表破り、ベスト4へ!レアル・マドリードとの対決はあるか?反応まとめ

この大会での日本チームのベストは、3位までで、昨年のサンフレッチ広島、
2008年のガンバ大阪、2007年の浦和レッズである。今大会で、
鹿島がこれを抜いて2位以上を確保できるかが注目される。

次は、14日の準決勝で南米代表ナシオナル・メデジン(コロンビア)と当たる。
クラブワールドカップとは、6つの大陸における選手権大会の優勝クラブと、
開催国における国内リーグの優勝クラブが一堂に会するクラブチームによる
サッカーの世界選手権大会である。
これまで、優勝は、欧州勢とブラジルのみであった。

ことしは、日本で開催され、開催国枠で初出場の
J1王者鹿島アントラーズが日本代表として出場している。

北中米カリブ海代表のアメリカ(メキシコ)は、
アジア王者の全北(韓国)に2―1で逆転勝ち。
15日の準決勝で欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と対戦する。

今後鹿島の対戦が予想される注目チームを見てゆこう(Wikipedia参照)。
1. 南米代表ナシオナル・メデジン(コロンビア)
今年、トヨタカップ出場以来27年ぶりにコパ・リベルタドーレス
(南米サッカー連盟 が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会)を制し、
FIFAクラブワールドカップ出場を決めた。

2. 欧州王者レアル・マドリード(スペイン)
FIFAには20世紀最高のクラブに、国際サッカー歴史統計連盟からは
ヨーロッパにおける20世紀最高のクラブに認められた。
2014年には、世界有数の経済誌『フォーブス』によるスポーツチームの
資産価値の格付けにおいて34億4000万ドルと算出されており、
世界一の資産価値のクラブとなっている。

獲得タイトルは、UEFAチャンピオンズカップおよびUEFAチャンピオンズリーグにおいて
計11回(歴代最多)の欧州一、ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド、インターコンチネンタルカップおよび
FIFAクラブワールドカップにおいて計6回(歴代最多)の世界一を誇り、名実共に世界最大のクラブである。

FIFAクラブワールドカップ大会でも、2014年に優勝しており、
今大会出場チームでは、もっとも注目されるチームであり、日本でも人気抜群である。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  2. グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  3. いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  4. 2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  5. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  6. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…

人気記事

  1. 2016-10-20

    土人発言擁護はなぜ?その意味とネットの反応「プロ市民の癖に」「反対派も酷い発言」

    大阪府警の警官が「土人」と発言した事を大阪府の松井知事がTwitterで擁護した事に対して波紋が広が…
  2. 2016-12-6

    安倍首相が真珠湾訪問の韓国の反応は?「韓国にも謝罪すべき」「安倍首相は何をすべきか分かっている」

    日本のリーダーとして初めて真珠湾に訪問した安倍首相。 海外からはこの訪問を評価する声が多く挙がって…
  3. 2016-12-4

    トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

    トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの 電話を受けて国交断絶後37年で…
  4. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  5. 2017-2-6

    長谷川豊氏の日本維新の会擁立による出馬はなぜ?反応まとめ「維新を応援する気がなくなった」「当選したらあきれる」

    フジテレビの元アナウンサーの長谷川豊氏が、次の衆院選に出馬することが報道されました。 日本維新の会…
  6. 2016-12-27

    残業80時間で給料どうなる?管理職は疑問視?反応まとめ「中小企業全滅」「厚生労働省自らの職場で守れるか?」

    早ければ2017年1月から、企業名公表の対象となる残業の違法労働時間が今までの100時間から80時間…
  7. 2017-1-1

    紅白歌合戦で紅組優勝はなぜ?炎上した結果を検証「視聴者無視?」「有村架純ビックリしとる」

    大晦日お馴染みの紅白歌合戦。今回も紅組が勝利しましたが、それにネットは炎上しました。 紅組司会者の…
ページ上部へ戻る