サムスントップ逮捕の理由と海外の反応「判事よくやった!」「正義がこの国にはまだ生きているのね!」

サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔氏が逮捕された。
日本と韓国では法律は違うが、今回事情聴取ではなく「逮捕」としているので
疑いの段階ではないということです。
それにしてもそれでもサムスンの株価が堅調なのはなぜでしょうね。
海外の反応をまとめました。

スポンサーリンク

サムスントップ逮捕の理由

連行や事情聴取でないということは、明確な理由・根拠があるから逮捕されたということになります。
いったいどのような証拠があったのでしょうか。

今回、サムスン電子副会長の李在鎔氏を逮捕したのは
系列企業の合併に政府が協力した見返りに、崔被告や朴大統領に多額の支援を行っていたとという、贈賄などの疑いが理由であります。

判断したのはソウル中央地裁で、

「新たに示された嫌疑や追加収集された証拠資料などを総合し、逮捕の必要性を認定した」

と判事は述べている。

個人的な違和感としては、不祥事が続くサムスンと、政権の不祥事で、何かしら圧力が働いているのではないかとすら思えてしまいます。
といっても、これらが進むことで、韓国全体としていいことは何一つないように思います。
もう政権交代は目に見えていますので、次期政権を狙う人がわざわざそこまでやるのもリスクがあると思いますし
国のトップも、そして国のトップ企業のトップも不在となると、
国そのものが不安定になり、北朝鮮の脅威もありますし、韓国国内の人は誰一人として得をしないように思います。

スポンサーリンク

サムスン逮捕の海外の反応

今回は韓国にとっては大きなショックであろう、韓国トップ企業のトップが逮捕される事件ですが、
韓国の反応を見ていきましょう。

報道されてすぐに6000件のコメントが寄せられています。
日本で言えばトヨタの会長みたいなものですからそれはショックは大きいでしょう。

それでは見てみましょう。

韓国
歴史的な日だ。正義がまだ生きている
韓国
金曜日の朝から気持ちのいいニュースが^^良心的な判事だね
韓国
今後、悪のような2人の存在に無期懲役までしていただきたい
韓国
判事よくやった!
韓国
生きている!正義がまだ生きてるのね!
韓国
よ~気持ちいい!
韓国
とっても合理的な裁判官でしょ
韓国
特別検察官チームを応援するよ!
韓国
いずれにせよ万々歳
韓国
特別検察官チーム最高!ありがとう
韓国
久しぶりにいいニュ―ス
韓国
新しい国は早く立たなければならない!
韓国
これこそ正義

出典:http://v.media.daum.net/v/20170217054927771?f=m

個人的には意外な反応でした。
それだけ、大統領に対する痛烈な不信感が韓国国民の中に大きく、サムスン自体にもそれが向いていたことが分かります。

恐らくもし、日本でそれがあったら、「本当に?」と心配し、国の経済とかそういうのを心配すると思うのですが
コメントのトップ100に一個もなかったと思います。
すべてが、「良かった」という声。

韓国はそれだけ病んでいるというか、国を立て直さなければならないに状態であることを切に感じました。

最後に、株価はなぜか堅調。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-11-29

    サッカーブラジルチームが墜落した旅客機に!誰が乗っていたか最新情報は?反応まとめ

    コロンビアで事故をおこしたブラジルのチャーター機にブラジルのサッカーチームの選手スタッフら70人余り…
  2. 2016-11-6

    鈴木亮平は西郷どんとイメージが違う?BLの相手は誰だ?反応まとめ

    2018年の大河ドラマは、鈴木亮平さん主演の西郷どんに決定しました。 明治維新に活躍した西郷隆盛を…
  3. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
  4. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
  5. 2016-11-5

    宇野昌磨がロシアSPで歴代3位!海外の反応「なんてかわいいんだ!」「結弦が王で昌磨は皇太子」

    宇野昌磨くんがロシアSPにて歴代3位の得点となる98・59点を出しフェルナンデスを押さえて首位に立っ…
  6. 2017-1-19

    メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

    英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。 これに…
  7. 2017-2-2

    イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

    トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、 既に1…
ページ上部へ戻る