シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ「かわいいから許す!」「選手としては終わったのでは?」

処分短縮によりシャラポワの出場停止期間が、当初の2年から1年3か月に9か月短縮される。
ドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から出場停止を課された後、
処分の軽減を求めスポーツ仲裁裁判所に上訴していた結果だが、なぜか?

スポンサーリンク

シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ

シャラポワが治療目的で、「メルドニウム」を禁止薬物に指定される10年前から使用していたこと、
ドーピング陽性発覚後に会見を開き隠蔽の姿勢が見られなかったこと等を考慮して、
シャラポワ側に重大な過失が無いとの主張が認められた形だ。

では、復帰はいつになるのか?
出場停止期間が短縮されたことにより、2017年の4月26日から試合に
出場可能となり、同年の全仏オープンには間に合う計算だ。

しかし、1年以上試合に出られないことによりランキングポイントは
ゼロになり、無条件で試合に出られるわけではない。

イメージが悪化したことにより、ランク下位の選手にも出場権が
与えられる主催者推薦を得られるかどうかも不透明で、
予選からの出場になる可能性もある。

本当の意味で彼女がツアーに戻ってくるのは
さらに先になるかもしれない。

シャラポワ処分短縮と復帰に関するネット上での反応

ヤフコメ
「かわいいから許す!」
ヤフコメ
「またシャラポワのプレーが見たい」
と好意的な意見はあるものの、
ヤフコメ
「いやいや、ドーピングしてたのは確かなんでしょ」
ヤフコメ
「自業自得」
ヤフコメ
「知らなかったなんて言い訳は通用しない」
ヤフコメ
「ちゃんと反省した方がいいんじゃないの?」
ヤフコメ
「永久追放でいいのに…」
ヤフコメ
「もう名声は戻らない」
ヤフコメ
「選手としては終わったのでは?」
ヤフコメ
「何か見えない力が働いたか…」
出典:yahooニュース コメント投稿
など否定的な意見が多い。

スポンサーリンク

心臓の治療のために使用していたと主張する
「メルドニウム」は、身体能力を向上させる作用があり、
テニスという激しいスポーツをしていながら「治療目的」というのは
不自然、競技能力向上の為に使用していたのでは?と
見る向きが大半だ。

また、実力と美貌を兼ね備えたシャラポワにはファンも多いが、
パワー偏重のプレースタイルと、試合中の独特の「声」により
アンチファンが多いのも事実。

今回の騒動によりダーティーなイメージが付き、
さらにアンチが増えていることも想像できる。

女子テニス界には、全仏オープン覇者のガルビネ・ムグルッサをはじめ、エリナ・スビトリナ、
ザリーナ・ディアス、ダリア・カサキナ、キャサリン・ベリスといった
若くて華も実力もあるプレイヤーが活躍し始めている。

彼女のモチベーション次第では、いつ復帰するのか?ではなく、
果たして復帰できるのか?の問題になりかねない。

シャラポワは長年、WTAの人気を牽引してきた功労者。
しかし、今回の事件により「過去の人」になってしまう可能性も大いにある。

 

最後にMXで苫米地英人氏が言っていたことが印象深いのだが、彼の見解ではこれは見せしめで仕組まれたものの可能性が高いという。
というのもロシアから発表される前に、ドイツの報道機関が報道を流したのを知っているからだ。
つまり報道機関を通じて「準備されていた」のは事実だと彼は把握しているため仕組まれたのではないかという。

メルドニウムを飲んでいるというボーダーなところに漬け込んだ輩がいるのかもしれませんね。
真相はどうなのだろうか…。

■関連記事
堀琴音姉妹の評価は?反応をまとめ「悲劇のヒロインやわ」「プロが泣いている場合でない」

貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  2. グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  3. いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  4. 2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  5. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  6. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…

人気記事

  1. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
  2. 2016-10-26

    たばこ1箱1000円は本当に受動喫煙防止のためか?反応まとめ

    たばこ1箱1000円の案を自民党で受動喫煙防止議会連盟の 山東昭子会長が菅義偉官房長官に申し入れま…
  3. 2016-12-18

    鹿島アントラーズの海外の反応は?ジーコも絶賛「歴史に刻んだことを誇りに」他「物おじしないことを願う」

    鹿島アントラーズが想定外の快進撃を見せています。ジーコも絶賛した海外の反応を見てみましょう。 …
  4. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  5. 2017-2-4

    マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ「別名戦う修道士」「目が怖すぎる」

    トランプ大統領から国防長官に指名されたジェームズ・マティス氏が、狂犬と言われる理由はどこにあるのか?…
  6. 2017-2-14

    金正男報道への韓国の反応「中国が1枚カードを失った」「「ポケモンとgooglemapのおかげで居場所がわかったな」

    北朝鮮最高指導者の兄である金正男がマレーシアにて2人女スパイにて毒さツされたと報道が2月14日あった…
  7. 2017-1-8

    高梨沙羅ワールドカップ第5戦優勝! 通算勝利数歴代1位の記録をいつ抜くか?反応まとめ「こんなに勝ったら、又、不利なルールでも考えるのでは!」

    20歳になった高梨沙羅が今季も絶好調である。7日のワールドカップドイツのオーベルストドルフで個人第5…
ページ上部へ戻る