シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ「かわいいから許す!」「選手としては終わったのでは?」

処分短縮によりシャラポワの出場停止期間が、当初の2年から1年3か月に9か月短縮される。
ドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から出場停止を課された後、
処分の軽減を求めスポーツ仲裁裁判所に上訴していた結果だが、なぜか?

スポンサーリンク

シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ

シャラポワが治療目的で、「メルドニウム」を禁止薬物に指定される10年前から使用していたこと、
ドーピング陽性発覚後に会見を開き隠蔽の姿勢が見られなかったこと等を考慮して、
シャラポワ側に重大な過失が無いとの主張が認められた形だ。

では、復帰はいつになるのか?
出場停止期間が短縮されたことにより、2017年の4月26日から試合に
出場可能となり、同年の全仏オープンには間に合う計算だ。

しかし、1年以上試合に出られないことによりランキングポイントは
ゼロになり、無条件で試合に出られるわけではない。

イメージが悪化したことにより、ランク下位の選手にも出場権が
与えられる主催者推薦を得られるかどうかも不透明で、
予選からの出場になる可能性もある。

本当の意味で彼女がツアーに戻ってくるのは
さらに先になるかもしれない。

シャラポワ処分短縮と復帰に関するネット上での反応

ヤフコメ
「かわいいから許す!」
ヤフコメ
「またシャラポワのプレーが見たい」
と好意的な意見はあるものの、
ヤフコメ
「いやいや、ドーピングしてたのは確かなんでしょ」
ヤフコメ
「自業自得」
ヤフコメ
「知らなかったなんて言い訳は通用しない」
ヤフコメ
「ちゃんと反省した方がいいんじゃないの?」
ヤフコメ
「永久追放でいいのに…」
ヤフコメ
「もう名声は戻らない」
ヤフコメ
「選手としては終わったのでは?」
ヤフコメ
「何か見えない力が働いたか…」
出典:yahooニュース コメント投稿
など否定的な意見が多い。

スポンサーリンク

心臓の治療のために使用していたと主張する
「メルドニウム」は、身体能力を向上させる作用があり、
テニスという激しいスポーツをしていながら「治療目的」というのは
不自然、競技能力向上の為に使用していたのでは?と
見る向きが大半だ。

また、実力と美貌を兼ね備えたシャラポワにはファンも多いが、
パワー偏重のプレースタイルと、試合中の独特の「声」により
アンチファンが多いのも事実。

今回の騒動によりダーティーなイメージが付き、
さらにアンチが増えていることも想像できる。

女子テニス界には、全仏オープン覇者のガルビネ・ムグルッサをはじめ、エリナ・スビトリナ、
ザリーナ・ディアス、ダリア・カサキナ、キャサリン・ベリスといった
若くて華も実力もあるプレイヤーが活躍し始めている。

彼女のモチベーション次第では、いつ復帰するのか?ではなく、
果たして復帰できるのか?の問題になりかねない。

シャラポワは長年、WTAの人気を牽引してきた功労者。
しかし、今回の事件により「過去の人」になってしまう可能性も大いにある。

 

最後にMXで苫米地英人氏が言っていたことが印象深いのだが、彼の見解ではこれは見せしめで仕組まれたものの可能性が高いという。
というのもロシアから発表される前に、ドイツの報道機関が報道を流したのを知っているからだ。
つまり報道機関を通じて「準備されていた」のは事実だと彼は把握しているため仕組まれたのではないかという。

メルドニウムを飲んでいるというボーダーなところに漬け込んだ輩がいるのかもしれませんね。
真相はどうなのだろうか…。

■関連記事
堀琴音姉妹の評価は?反応をまとめ「悲劇のヒロインやわ」「プロが泣いている場合でない」

貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-5-6

    北朝鮮発表「金正恩狙う米韓のテロ計画摘発」は本当?詳細は?反応まとめ「妄想が一段と派手に」「かなりビビッてるんだろう」

    北朝鮮の治安組織(秘密警察)・国家保衛省は5日、「米国と韓国の情報機関が最高首脳部(金正恩)を対象に…
  2. 2017-6-28

    7月に値上げするもの一覧!(2017年)反応まとめ「多すぎ」「買いだめしておかなきゃ」

    6月のビール値上げに続き、今年2017年の7月から値上げするもの、値下げするものがあるようです。 …
  3. 2017-9-3

    北朝鮮6度目の核実験でついにレッドラインを超える!アメリカはどう出る?反応まとめ

    北朝鮮が、7月の2度のICBM発射実験に続き、「ICBM用水爆実験を成功」と発表した6度目の核実験を…
  4. 2016-10-30

    朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

    朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密書類流出スキャンダルが、就任以来最大の危機となっている。 その根本…
  5. 2017-2-3

    シリア難民を政府が300人規模で受け入れるとどうなる?反応まとめ「これ否定するならトランプ批判する資格なし」「反対だ」

    日本政府がシリア難民を300人規模で受け入れる見通しであることが発表されました。 ネットでは賛否両…
  6. 2017-5-3

    tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

    5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換し…
  7. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
ページ上部へ戻る