スペースワールドが炎上し中止となったのはなぜ?反応まとめ

北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が27日、
今月スタートばかりのスケートリンクに約5000匹の魚を氷漬けにした企画
「氷の水族館」に批判が殺到し炎上したことを受けて、
同企画を中止すると発表した。
何が問題だったのでしょうか?反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

スペースワールド 氷の水族館が炎上し中止となる!何が問題だったのか?反応まとめ

炎上したスペースワールドは
「冬・春限定のアイススケート「フリージングポート」が、
今年はなんと初登場の『氷の水族館』に!!
前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし!!
なんと5000匹の氷漬けにされた魚たちの上をスイスイと滑走。
あり得ないシチュエーションでスケーティングが楽しめる」と唱っていた。

公式フェイスブックには凍ったスケートリンクから顔を
のぞかせた大量の魚の画像などキレイに配置している箇所もあるが、
端の方では、血が滲んだ魚や少し破裂した魚もいる様です。

何が問題だったのでしょう?
最初は生きたまま約5000匹の魚を氷漬けたのではとの誤解もありました。
実際には死んだ魚を買い取ったとの説明でした。

世の中で、残酷批判にさらされている対象としては、
以下のようなものがあり、文化の違いなども絡み、複雑です。

これまで残酷批判にさらされ炎上してきた対象

1. スペインの闘牛 牛が倒れるまでの過程を楽しむもので、
動物愛護団体からの強い批判を受け炎上、
カタルーニャ州で禁止法などスペイン国内で衰退しています。

2. 和歌山県太地町でのイルカ追い込み漁 捕獲方法が、
野蛮として、環境保護団体の標的となっており、実力行使による違法行為がなされている。

3. 商業捕鯨 捕獲方法が野蛮、絶滅の可能性などが毎年反捕鯨国とおn間で、問題となっている、

今回のケースは捕える過程がどうだということではなく、魚とともに、スケートをする初体験を5000匹の魚を氷結を使って、配置したということにあります。

スケート場ではあるが、水族館と称しており、スケートをしながら、鑑賞する事を目的としている。すなわち、対象は鑑賞に堪えることが前提である。
その目的で、(死んで捕獲された)5000匹の氷漬けにされた魚たちを対象としたということである。
しかし、実際には、必ずしも美しくなく、グロテスクなものもあったようだ。

スペースワールド 氷の水族館の日本の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

スペースワールド 氷の水族館に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

我々が日常食べている行為とどう違うのだと、擁護する意見も比較的あります。

スケートリンクから顔をのぞかせた大量の魚の上を滑ったとして、水中を魚と一緒に泳いでいるまたは滑っている気持になるであろうか。

2008年に気仙沼港でイベントとしてあったという氷結水族館の氷柱の中の蛸や蟹などは想像してみても、鑑賞に堪える企画だと想像される。

今回のケースは、残酷かどうかの問題以前に企画自体のミスであったのでは、と思われる

■関連記事
福島第二原発使用済み核燃料プールの冷却水装置停止は第一原発事故の再現だ!我々は何を学んだのか?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 高木礼子
    • 2016年 11月 28日

    最低です。命の尊厳の軽視。食べる事とは完全に違う。悪趣味。呪われたリンクです。殺された魚の上を喜んで滑れるわけがない!考えた人の思考を恐ろしいと思う。はやく成仏させてあげてください。同じ日本人として恥ずかしいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  2. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  3. 長澤まさみが出演しているアンダーアーマーのCM動画でのダンスが「スゴイ!」と話題になっています。 …
  4. 米ホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任した。5月末から空席であった広報部長に 側近でウォール街の…
  5. 世界水泳2017競泳がいよいよ23日からブタペストで始まる。注目選手の決勝出場スケジュールと放送時間…
  6. アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。…

人気記事

  1. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
  2. 2017-1-3

    柴咲コウの大河主演”井伊直弼の祖先”キャスティングに関する反応まとめ

    柴咲コウが2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で大河初主演! 井伊直弼の祖先である井伊直虎役…
  3. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  4. 2017-2-22

    金正男の息子・ハンソルは頭いいと話題に!学歴や評価は?

    先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  5. 2017-3-30

    東横インにNHK受信料支払いの判決!その理由と反応「そもそも論で契約するしない選べないのおかしい」「他のホテルはどうしてる?」

    NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  6. 2017-3-6

    安倍総裁任期延長で2021年まで総理続投ヘの反応まとめ「他にいない」「危機管理意識がゆるんでいるのでは」

    3月5日の自民党大会で総裁任期が今までの「2期6年」から「3期9年」にまで延長する規約改正が承認され…
  7. 2017-1-17

    潘基文の10億円返すべき発言等に韓国の反応は?「機会主義者とでもいうべきか」「欲のために前進する人」

    英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
ページ上部へ戻る