300超の犠牲者セウォル号沈没事故が映画化!韓国の反応は?

2014年4月16日に大韓民国の大型旅客船セウォル号が、
全羅南道珍島郡の観梅島(クヮンメド)沖海上で転覆、沈没し、
300人を超える犠牲者を産んだ事故が映画化されることになった。
韓国の反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

セウォル号沈没事故が映画化!韓国の反応は?

この事故は日本でもニュースで大きく取り上げられました。
多くの犠牲者を出した「セウォル号沈没事故」が
映画化をされることが決まりました。

悲劇の実話が映画化されることに韓国の反応は、
どのようなものでしょうか。

セウォル号沈没事故

「セウォル号」は、韓国仁川の仁川港から済州島へ向かっていました。その途中、
全羅南道珍島郡の観梅島(クヮンメド)沖海上で転覆、沈没しました。
この事故時、修学旅行中の安山市の壇園高等学校2年生325名、教員14名の他、
108名の一般乗客、乗務員29名が乗船し、
車両150台余りが積載されていました。

事故原因として
・安全教育の不備など運航会社の問題
・船体の整備不良による船体の故障
・過積載
・船長の離席、三等航海士の経験不足
が挙げられています。

事故により、死者295名、行方不明者9名、
捜査作業員8名の尊い命が奪われました。

セウォル号沈没事故の映画化

映画『チスル-終わらない歳月2』を演出した
オ・ミョル監督が作家キム・タクファンの原作を使って制作するものです。
『海虎=パダホランイ(仮題)』というタイトルで
この大惨事を映画化することが決定しました。

映画のシーンは、水中撮影のみならず、
潜水士が大規模惨事の犠牲者を収める様子などを盛り込む予定で
、約100億ウォンの製作コストが投入されると見られています。
現在、オ・ミョル監督は海外に滞在してシナリオ作業を進行中です。

この映画の原作について
作家キム・タクファンが去る7月発行した小説、
『コジッマリダ(嘘です)』がこの映画の原作です。

この小説は、セウォル号惨事の際に現場捜索・収拾作業に参加した民間潜水士と、
行方不明者の捜索に参加した民間の潜水士キム・グァンホン氏の証言を
基に書かれた小説です。

キム・グァンホン氏は潜水病を含む各種の後遺症に苦しみ、
去る6月に自宅で亡くなった状態で発見されました。

作家の名前が、キムタク ファンとも取れるため、
日本で話題になっています。
年内解散するSMAPのメンバー木村拓哉さんの通称は、キムタクです。
キムタクのファンのことをキムタクファンといい、この映画の監督と同じ名前になってしまいます。
果たして木村拓哉さんもこの映画を見るでしょうか。

セウォル号沈没事故映画化への韓国の反応

韓国の反応はどうなのでしょうか気になるところです。
ちょうど、朴槿恵大統領が退陣の声明をだしたところですし、当時は朴槿恵大統領の空白の数時間について議論がありました。
産経ソウル支局長が拘留されたのも記憶に新しく、最近では韓国大統領府の「懲らしめてやれ」的な文書が出てきたのが話題になっています。

そんな韓国の反応を見てみましょう。

twitter
「とても悲しいから見に行きません」
twitter
「心痛くてよく見ることはできないな」
twitter
「思い出したくない過去。描くのならファンタジー的にならずただリアルに現実的に描いて欲しい」」
twitter
「楽しみではないが、すべての真実をさらけだして、韓国映画の歴史に残るような忘れられないものにしてください…」
twitter
「本当にお願いしたのは…..長く長く何度もよく見られる映画だったらよいと思います。」
twitter
「権力のダメさに涙をのんだ人たちが報われるような映画を」
twitter
「チスルの監督であれば信頼性95%位はある」

「チスルも本当に…名作だけど…」

出典:

歴史的大惨事を映画化するということには、賛否両論あります。

事故を風化させないために映画化は有用かとも感じますが、
事故で辛い思いをした人がまた映画を見ることで、
悲劇をフラッシュバックさせる可能性もあります。

尊い命が奪われたこの事故、このような事故が
二度と起こりませんようにと、願ってやみません。

被害にあわれた方の心を大切にして、
映画を作って欲しいと思ってしまいます。

映画で得られた利益はどうなるのでしょうか。
寄付されるのでしょうか。気になるところです。
■関連記事
鳥インフルエンザ 2016全国感染の韓国から日本へ?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2017-7-18

    世界水泳2017シンクロ井村雅代コーチの凄腕再び?反応まとめ「このハゲ~っ!のヒトとの違いに、けっこう悩む」「結果が出てるのがすごい」

    世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  2. 2016-10-5

    スシローを韓国系ファンドが買収へ!反応まとめ「大量ワサビ返しされちゃう?」「ガリの代わりにキムチが」

    韓国系投資ファンドのMBKパートナーズが回転ずし最大手のあきんどスシローの買収に乗り出している。 …
  3. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
  4. 2017-5-8

    中国人観光客韓国避けて日本へ!クルーズ船が素通り! 反応まとめ

    韓国のTHAAD配備を受けて、中国観光客が韓国を避けて、日本を中心としたアジア諸国に行き先を変更して…
  5. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  6. 2016-11-6

    鈴木亮平は西郷どんとイメージが違う?BLの相手は誰だ?反応まとめ

    2018年の大河ドラマは、鈴木亮平さん主演の西郷どんに決定しました。 明治維新に活躍した西郷隆盛を…
  7. 2017-7-1

    維新の松井一郎代表が稲田防衛相の辞任要求!なぜ方針変更?反応まとめ「どっちがほんまなん?」「結構、風見鶏」

    維新・松井一郎代表も「稲田朋美防衛相は早く辞めるべき」と当初の辞任不要論を方針変更した。なぜか?反応…
ページ上部へ戻る