セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の
「空白の7時間」がまた問題になっている。
いままで、4つの仮説が出ては、消えている。
なぜこのように次々と出てくるのか?反応をまとめた。

スポンサーリンク

セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

朴氏は事故当日、午前10時ごろに最初の報告を書面で受け、
夕方に中央災害安全対策本部に姿を見せるまでの間、
7時間が空白の時間帯になっている。

「空白の7時間」4つの仮説
1. 男性との密会説
2. 巫女を呼んで祈禱していた説 、宗教行為の巫女祭りを行っていた
3. 整形手術説 、
4. 1時間半髪をセット

1.は韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件を生んだ
2014年8月3日 に 産経新聞のWEBサイトに、朝鮮日報や証券街の報道をもとにした
加藤達也・ソウル支局長名のコラム「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、
行方不明に…誰と会っていた?」が掲載される。
2014年8月7日 ソウル中央地検が加藤支局長の出国禁止処分を決定
2014年10月8日 ソウル中央地検は加藤前支局長が虚偽の事実を書いたと結論付け、
名誉毀損罪で在宅起訴を決定した。
2015年12月22日加藤前支局長の無罪判決が確定した。

朝鮮日報のコラムは「『大統領はあの日、ある場所で誰かと密会していた』という噂が流れた」とし、
噂に登場した人物も実名(今回の主役崔順実(チェ・スンシル)の元夫)で報じた。
加藤達也支局長はさらに「証券界の関係筋」の話として、
その噂は「朴大統領と男性の関係に関するもの」と踏み込んで説明した事件である(Wikipedia参照)。

2. 宗教儀式の「クッ」(祈とう師や巫女)による降霊・降神儀式)を行っていた。

3. 当日に整形手術を受けていたという。
初動対応の遅れが問題視されてきたが、
7時間にも及ぶ大手術だったため大統領は身動きが取れなかったという。

国会で、野党議員が、大統領の事故直後の顔が前日とは
違って見えるとする写真を示し、
問題の時間に美容整形の施術を受けていた
のではないかと大統領府高官を追及した。

4.当日午後、朴槿恵大統領がソウル・江南で働くある美容師を大統領府に呼び、
『アップスタイル』にするために1時間半、髪をセットしていた。

「わざと崩れた髪型を演出した」と、当時の担当美容師が証言したとも言われている。

一方、韓国大統領府は2016年11月18日、公式サイト上に「誤報・怪談を正す」コーナーを新設して、
デマで国民が扇動され、混乱がこれ以上広がらないようにと、
「大統領はどこで何をしたか―これが事実です」とする文書を公開した。

1が最も問題となった説だが、当時韓国メディアは、
朝鮮日報も含め、大統領府の措置に対して、
結束してメディアとしての何らかの行動をとったということはない。

2,3もこれまで、出ては消えて来たもので、今回の1時間半髪をセット説も、
この機に及んで、何もかも問題を大統領に押し付けてしまおうという意図があるとしか思えない。

朴槿恵大統領の「空白の7時間」の日本の反応と韓国の反応を比べて見ましょう。

朴槿恵大統領の「空白の7時間」に関する韓国の反応

何が事実かどうかは知らないが、朴が個人的なことで、
緊迫した3月の7時間を無駄にしたことは間違いない。

大統領が7時間青瓦台になかった。整形手術した。
青瓦台調理場が食事をだした。青瓦台の食事癖が本当に特異である。

3月の7時間は国家機密のように隠されてきた。
靑瓦台説明のように午後3時20分頃から20分間の髪の手入れをしたとしたら、
大きな秘密が隠されており、5時間の空白をどのように説明するのかおぞましい。

調査の初期段階であまりにも大騒ぎしている感じでしょうか。
言葉ではなく、行動で示すべき。 竜頭蛇尾に終わることを信じたくない。

夫人を連想させる迫力のアップスタイルのヘアーが完成するのに
どのくらいかかるか知っている必要はない。
2014年4月16 日の空白の7時間の間の何をしたかだけを知ることが必要だ。

 

スポンサーリンク

朴槿恵大統領の「空白の7時間」に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
日本のコメントは、もういい加減にしてという感じのようだ。

崔順実問題を含め、韓国メディアは、政府権力に対し、
メディアとしてどう対処してきたのか?
支持率4%となった水に落ちた犬を叩くのは、
危険を冒すことなく、誰でもできる。

韓国メディアが、この数年うすうすわかりながら、
報道しなかったことに、韓国の政治がここまで、
混乱をきたすことになった原因の一端があるのではと思う。

韓国メディアには、現在に至っても、その反省の声さえ聞こえてこない。

■関連記事
300超の犠牲者セウォル号沈没事故が映画化!韓国の反応は?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2016-12-21

    柴崎岳の移籍先は?スペインかドイツの可能性あり!?

    先日まで開催されていたクラブワールドカップで大活躍した鹿島アントラーズの柴崎岳選手。 早くも海外移…
  2. 2017-5-18

    ロシアゲート事件でトランプはどうなるか?海外の反応意外すぎ!「オバマヒラリーは目隠ししたメディアが必死だな」「メディアは国のために何をしてる?」

    ロシアゲート事件と名付けられたトランプ大統領の怪しい言動により株式・為替も大きく反応している。 一…
  3. 2017-5-13

    中国北朝鮮との秘密交渉いつから?核放棄の4条件とは?反応まとめ

    中国が北朝鮮の核放棄に向けた秘密交渉を行っていると報じられたがいつからか? その4条件とは何か?反…
  4. 2017-5-20

    北朝鮮新型ミサイル発射成功で日本被害の可能性いよいよ現実に!反応まとめ「落ちてきた夢を見た」「5発で負ける国」

    先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…
  5. 2017-3-31

    朴槿恵前大統領ついに逮捕! 刑期は?反応まとめ「歴代大統領は全て悲惨な目に」「末路は余りにも惨め」

    罷免された朴槿恵前大統領が逮捕され、大統領経験者として3人目となる拘置所への収監となった。 その刑…
  6. 2017-4-5

    今村復興相を激怒させた記者は誰?会見の反応まとめ「大臣正論では?」「大人の対応しないと」

    今村復興担当大臣が4月4日の記者会見で質問した記者に向かい「君は無礼だ」などと発言した事を批判する報…
  7. 2017-4-12

    ポテトチップスが販売中止!なぜ?反応まとめ「淋しいなあ」「ないと生きていけない」

    スナック菓子の大手各社でポテトチップスの販売中止が相次いでいます。なぜでしょう? その理由は最近の…
ページ上部へ戻る