トランプは本当に北朝鮮攻撃出来ない?国内と海外の反応まとめ

先日シリアのアサド政権に対してミサイル攻撃を実行したアメリカ。
トランプ大統領の次なるターゲット(というと語弊があるかもしれませんが)は北朝鮮ではないか?という話がここに来て急浮上しています。
既にカールビンソンを朝鮮半島に向かわせているわけですが、平和ボケした日本人の感覚としては「ただの脅し」という雰囲気の人も多く
危機感がありません。
実際には無理だという声が多い中で現実になるのか?
トランプは本当に北朝鮮攻撃出来ないのか?反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

トランプは本当に北朝鮮攻撃出来ない?

トランプ大統領が北朝鮮に攻撃を仕掛けることが出来ないのでは?として言われている理由は以下の記事によると6つあるとされています。
参考:https://goo.gl/WWFskQ

1、北朝鮮の軍事力もかなり強くなっており米国の犠牲も軽視できないレベル
2、確実に同盟国である韓国が巻き込まれ、壊滅的な打撃をこうむるため
3、同盟国の日本にも被害が及ぶ可能性があること
4、中国も反対するであろうため
5、米国内の反対も多いこと。中東に比べ北朝鮮は優先順位は低い。
6、アメリカが先制攻撃をした場合には朝鮮戦争の休戦協定に違反してしまう

アメリカは1994年クリントン政権時代に「朝鮮半島で戦争が起きた場合には90日で52000人の死傷者がアメリカは軍に出る」とシミュレーションしていますが、今回はこれ以上になることは確実です。
また日本政府も今までとは違いアメリカ支持とはいかないでしょう。

たしかにこのように「攻撃してしまったらとんでもないことになるからしない」という理由はあげればキリがありません。
これらは容易に想像できることで、「超えてはならない一線」であることが百も承知であります。

しかし、こうして、かつて北朝鮮などの、「世界の不条理を見過ごし放置してきたことが果たして良いのか?」という感情が世界に芽生え始めているのは言うまでもありません。
茹で上がった蛙の例えのごとく、北朝鮮の不条理を(中国の不条理も然り)放置し、多くの人が危機感さえなくなったころに大変なことになるということは考えられます。

トランプ大統領は、自分の優先順位で決断しますので、絶対攻撃できない、ということはないでしょう。

また、実は日本のネットでは北朝鮮攻撃支持の声が多いです。

twitter
一気に叩くべき
twitter
被害を恐れてはいけない
twitter
今やらないとオバマの二の舞
twitter
トランプに常識は通じない
twitter
時代は変わった。先制攻撃しないと
twitter
反対するのは平和ボケ
twitter
攻撃に反対するのは反日
twitter
戦争を恐れてはいけない

という意見が多く「攻撃に反対」「戦争は嫌」という声は必ずしも多いということはないのが実情です。

スポンサーリンク

他にも以下の声がありました。

twitter
国内で金正恩が暗さつされたら大事にならない
twitter
キム総書記が何するか分からないから怖い
twitter
日本にミサイル打たないことを願う

出典:twitter

北朝鮮の暴走を恐れる意見も多いです。
だから今まで放置してきたのでしょうけれど、それでいいのかというところです。

海外の反応も見てみましょう。アメリカのトランプ大統領の北朝鮮関係のニュースへついたコメントです。

米国
中国の指導者と北朝鮮の指導者は、トランプのための1つのメッセージを持っています:あなたのためのチョコレートケーキはありません!(チョコケーキを食べながらシリア攻撃を伝えたとされている)
米国
オバマは哀れな弱い子犬だった。現政権ははっきりとした違いがある
米国
トランプはプーチンの許可を求めなければならないでしょう
追記します

出典:https://goo.gl/RKV36R

シリアに関しては日本に住んでいるとあまりリアリティーがありませんが北朝鮮となると一気にリアリティーが増していき実際にアメリカが北朝鮮に攻撃を仕掛けた時に日本にどういう影響があるか考えると恐ろしくなります。
トランプ大統領が当初否定的だったシリア攻撃に舵を切ったのはサリン攻撃を受け苦しむ子供の映像を見たからと言われています。
政策論でなく感情論で動いたトランプ大統領だとすれば北朝鮮の子供が苦しむ映像を見た瞬間に一気に行く可能性が高いのでしょうか?
決断するときは一気に行くというのがビジネスマントランプの真骨頂であり、そういう政治家らしさがないトランプを支持した国民もアメリカには多くいるでしょう。
北朝鮮への攻撃は意外なタイミングで電撃的にあるのかもしれません。
いったい世界はどうなるのか、怖いですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • yamamoto
    • 2017年 4月 17日

    北朝鮮に対するアメリカの攻撃に対して、
    「北朝鮮が悪い」というところから話が進んでいるが、そうだろうか。

    これについては尋ねません。私が尋ねたいのは次のことです。
    世界の人々は、「北朝鮮が悪い」と考えているだろうか。
    アラブの人々、南米の人々、アフリカの人々はどう考えていると、
    判断しますか。
    私は北朝鮮に同情的な人が多いと思います。

    イスラエルが核兵器の保持が疑われ、アメリカ自身が核兵器を持っている。
    2重基準をもって、不利な方に立たされた者の怒りは大きい。

    正義、公正、公平、平等をもとにしない行動は、破綻する。
    アメリカは、イスラエルを含め核兵器の使用禁止、
    廃絶を宣言するべきである。
    同様に北朝鮮にも核兵器の廃絶を迫る。

    現在の政治状況を無視した理想主義だと、
    あざ笑う人もいることは承知しています。

    しかし私は現実はもっと深刻だと考えています。
    反アメリカの勢力が、爆弾、車の暴走、
    飛行機がビルに突っ込んでいる攻撃では1万人も死ななない。

    しかし、生物、化学兵器が使われたら、
    10万人、100万人単位でアメリカ人が死ぬ。
    しかも、1人でも実行が可能だ。

    トランプが厳しい現実に直面したら、
    考えを変える可能性があるのでは、と私は考えています。
    もちろん、多くのアメリカ人が死ぬことは望んでいない。
    トランプの暴力を止める手段が暴力しかないのが、
    悲しいことである。
    ニューヨークで10万人が死ねば、
    トランプも恐ろしい現実を知るだろう。
    彼に口先だけの非難や警告は通じない。

    日本で実行される可能性もある。

    トランプが化学兵器で傷ついた子供の写真を見て、
    ミサイルの発射を決断した、
    というニュースを読んだ。
    (事実かは、疑問)

    何万人もの赤ん坊、子供、愛する人が殺された人が、
    どういう行動に出るかを、
    トランプは考えが及んでいるとだろうか。
    今までのところ、彼、彼女らは自らの手を縛って行動を制限している。
    いつかその手を縛っているものを振りほどいて、
    化学、生物兵器を使う時がくる。
    それを厳しい警戒で防げると考えているのだろうか。

    現実に北朝鮮へ攻撃が始まったら、
    日本も大きな被害を受ける可能性がある。
    どうしても避けなければならない。

    アメリカは、核兵器や大陸間弾道ミサイルができれば
    アメリカは脅威にされされる、
    と恐れている。
    しかし、それらのものがなくても、
    アメリカで100万人の人々を殺すことはできる。

    アメリカが軍事力で多くの犠牲者を出して、
    北朝鮮を攻撃したら、
    アメリカ、日本は脅威が減るだろうか。

    世界の人々が知恵を出し合って、
    話し合いで解決することを強く望む。
    北朝鮮、アメリカなど世界の国の核兵器が廃絶され、
    恐怖が支配しない世界を。

    そうなるまでに日本、北朝鮮、韓国、アメリカなど人々が、
    何人殺されなければならないのだろう。

    (追記)
    アメリカが北朝鮮を攻撃することを支持する人も、
    多くの犠牲者を出ることを望んでいない。
    同様に、私もアメリカ人が生物化学兵器によって、
    多くの犠牲者が出ることを望んでいない。
    念のために付け加えておきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  2. 2017-4-17

    金田法務大臣の答弁はなぜグダグダなのか?その反応「素人だ」「共謀罪説明できる?」

    共謀罪の審議が国会で進んでいますが、担当大臣である金田法務大臣の答弁が色々と波紋を広げています。 …
  3. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  4. 2016-10-25

    画餅の意味と事例を集めてみた

    画餅の意味についてシェアします。 最近ニュースなどでよく耳にしますが画餅とはどのような意味なのでし…
  5. 2017-4-3

    原発賠償訴訟の女裁判長の判決に炎上!津波予見出来た?反応まとめ「常識外れという常識外れの人々」「結果論の判決だ」

    原発賠償訴訟に3月17日、非常の興味深い判決が出ました。 女裁判長の原氏は、国が巨大津波を予見でき…
  6. 2017-4-26

    中国サイトに日本企業の機密文書が公開!その実態は?反応まとめ

    中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  7. 2017-1-31

    小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるか?反応まとめ

    小池都知事は都議選で豊洲市場移転問題を争点化し、2011年に移転予算案を成立に導いた都議会自民を責め…
ページ上部へ戻る