トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。
そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさんが同席していた事が話題になっています。

スポンサーリンク

トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

そもそも今回の安倍トランプ会談が行われたのは、安倍総理がペルーで開催される
APECに出席する前にトランプタワーに立ち寄ったという筋書きになります。

これはクリントン大統領誕生前提で動いていた外務省マターではなく、
安倍総理とトランプ氏の電話会談で安倍総理が直接持ちかけた証だと言われています。

では何故この安倍トランプ会談にイヴァンカさんが同席していたのか?
これはあくまでトランプが「次期大統領」だからです。
今現在トランプ氏の立場はアメリカ大統領ではありません。

来年1月に正式指名されるまでアメリカ大統領はオバマ大統領です。
ですから今回もトランプタワーにいる一般人トランプ氏の元に
日本のリーダーが訪ねたという設定になります。

したがってトランプファミリーが迎え入れたという事になります。

安倍・トランプ会談に関する反応まとめ

さてヤフーニュースのコメントやTwitterではどんな反応があるか?
まずは会談自体への反応「二人仲良くやれそう」「日米関係オバマ時代より上手くいく」
「さすが安倍総理」「ヒラリーよりトランプ勝ってよかった」等前向きな反応がある半面
「この組み合わせ怖い」「世界がヤバくなる」というネガティブな反応も目立ちました。

 

一方で会談に直接関係ない「何でイヴァンカいるんだ?」「トランプの部屋キンキラキン過ぎる」
「トランプタワーすごいな」等の反応もありました。
またTPPや基地問題について話してない点について「会談ってより雑談」
「会えたことにしか意味がない」という声もありました。

 

世界のリーダーの中でいの一番にトランプ氏と会えた安倍総理。
しかし「次期大統領」という現状では具体的な政策まで
話をすることは当然ですが出来ませんでした。

一方トランプ氏側もオバマ大統領への配慮もありイヴァンカさんら家族と
安倍総理とを会わせ会談テイストを薄める手段を取りました。

 

今回の会談はとにかくトランプ氏側と接点を作りたかった
安倍総理サイドと他国のリーダーと直接会う機会を早期に作りたかった
トランプ氏サイドとのお互いの利害が一致した結果と言えます。

 

 

■関連記事

安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  2. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  3. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  4. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  5. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…
  6. 24日に稀勢の里は、対戦相手の日馬富士の素早い立ち合いに気おされたように土俵下に落ちました。 25…

人気記事

  1. 2017-2-2

    GPIFを米インフラに投資の報道に炎上!反応まとめ「年金は総理の財布じゃない」「外交ツールか」

    2月10日の日米首脳会談で、公的年金のGPIFが米国のインフラ事業に投資するという提案を提出すること…
  2. 2016-12-15

    プーチン日露首脳会談でまた遅刻は故意か?反応まとめ「ただの遅刻魔」「歓迎中止可哀そう」

    いよいよ日本とロシアの首脳会談となり北方領土問題の解決に向けて動き出すのか? という会談に向けプー…
  3. 2016-11-16

    12月来日のプーチン大統領東京会談に暗雲!キーマンのウリュカエフ経済発展相収賄容疑で解任!!なぜ?

    ロシアのプーチン大統領は、国営の最大手の石油会社ロスネフチから200万ドルの賄賂を 受け取ったとし…
  4. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  5. 2016-10-21

    平尾誠二氏の出身大学は?スクールウォーズ秘話も

    10月20日平尾誠二氏が53歳という若さで他界されました。 ラグビー関連のニュースなどではよく聞く…
  6. 2017-2-8

    トランプ大統領と安倍首相の会談は2月10日で日本時間は?為替の影響の予想反応まとめ

    今移民受け入れ問題で話題となっているアメリカのトランプ大統領ですが、2月10日に日本の安倍首相とフロ…
  7. 2017-2-5

    宇多田ヒカルの私見が話題だが無理か? JASRAC著作権使用料問題「他のアーティストも追随すべき」「それだけ収益が危ない水域なのだろう」

    JASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室からも著作権使用料を徴収すると発表しました。 この方針…
ページ上部へ戻る