トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。
果たしてこの決断は日本にどのような影響を与えることになるのでしょうか?
スポンサーリンク

トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響は?

トランプ大統領は大統領選挙期間中から「大統領になったらすぐにTPPから離脱をする」と言うことを公約に掲げていました。
ですから今回の離脱は公約を実行したに過ぎません。

何故トランプ大統領TPPからの離脱を公約に掲げていたのか?

「潜在的な災難」だというのが理由だと明言しているトランプ大統領。
それはビジネスマントランプからしたらTPPはアメリカにとって損であるという認識があるからです。
勿論オバマ政権がTPPを推進していたことへの対立軸という観点もあるでしょう。
ただしそれと同じくらいアメリカにとってプラスにはならない。という認識があるのだろうと思われます。

TPPといえばグローバリズムの代名詞といっていいほど、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、ペルー、チリ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイの12か国で合意したことで
日本でも根強い反対がありました。
正直なところ筆者も日本においてデメリットと考えています。

トランプ大統領と言えば、「グローバリズムの終焉」「保護主義」「アメリカ第一主義」でありますから
今回のTPP離脱はトランプ大統領らしいといえばらしいわけです。
格差社会が進むのはグローバリズム化が原因で、本来ならば地域が起こした企業が、地域の雇用を生み出し、地域の経済をよくするという
ある意味当たり前で、自然な姿への回帰を訴え、それがトランプ大統領の勝利のかなめとなったペンシルベニア州やオハイオ州での勝利と結びつきました。
ペンシルベニア州やオハイオ州はかつて鉄鋼業や重工業を支えた場所でありますが、グローバリズム化によって衰えたと言っても過言ではないところであります。

一番わかりやすいコメントが新華社北米総支社(ニューヨーク)の斉紫剣記者のコメントです。

「米国はTPPから離脱するというトランプ氏の立場は断固としたもので、これは同氏の自由貿易に対する反感に基づいており、同氏はオバマ政権の自由貿易に関するあらゆる政策・措置を評価しない。トランプ氏はTPPは大げさで中身がなく、米国が損をするものだとみなす。1994年に発効した北米自由貿易協定(NAFTA)にさえ反対で、かつてこの協定は米国が調印した各種協定の中で最悪の貿易協定であり、TPPと同じく、米国人から仕事を奪うものであり、自分の政府では絶対にこれに従わないと発言したこともある」

一概にそれが「良い」「悪い」と言うことは難しい問題で、これから結果がでるか、でないか、ただそれだけです。
トランプ大統領はビジネスマンとしての経験から、TPP離脱がアメリカにとってベストと判断したのでしょう。

今回のデメリットとしては国際的にアメリカの信用が落ちないかということです。
ご存知のようにオバマ大統領時代にあれだけ苦労して世界を巻き込んで交渉を重ねてきたことをゼロにするわけですから
交渉のやり直しをすることが多く出てきますので、迷惑をこうむる国も多いわけです。

スポンサーリンク

アメリカのTPP離脱の日本への影響は?

安倍首相は「米国抜きのTPPは意味がない」と発言して、2月にTPPの重要性を訴えに行くという報道があるが
恐らくトランプ大統領の態度は変わらないでしょう。

最近ではトヨタ自動車ばかりではなく、日本との自動車貿易に批判の矛先が向いている。
しかし、これは現実を知らない発言であり、米国から日本への自動車関税は0であり、逆に日本から米国へは2.5%かかるので
日本の方が不利なのである。単純に「日本で売れてないだけ」の話だ。

日本はGDP約14兆円の効果が期待されるという試算で80万人の雇用が生まれるとしている。あくまで都合の良い試算のような気はしなくもないのだが、メリットだけに目を向けるとそうなのでしょう。
政府内では「米国なしで進めるべき」という話や「中国やロシア、他の環太平洋の国々を含めた協定にするのが望ましい」という声も上がっている。
そして安倍首相の言うように米国なしでは「意味がない」という人も多く、「日本もTPP離脱を」という人も出てくるでしょう。野党が声をあげそうですが。

予想としては「日本もTPP離脱を」の声が高まるような気はします。これを機会を利用して元々のTPP反対派が勢いをつけるのではないかと思います。

ネットの声

ネットでは様々な声があります。

twitter
想定内
twitter
まああそこまで言えばそうするわ
twitter
ここからが大切
twitter
安倍さんならなんとかする
twitter
ならiPhoneをアメリカで作ってくれ
twitter
国会の予算はTPPを考慮して作られている。予算作り直さねば
twitter
日本は、確実に貿易から安全保障まで徹底的に見直される
twitter
アメリカは不幸の第一歩を踏み出した
twitter
日本はTPPに翻弄されっぱなしや。やめちゃえば
twitter
TPPがプラスかマイナスかよくわからない
twitter
実際にTPPが動くとしても何年先か?
twitter
とにかく安くなればいい
twitter
トランプやっぱりリーダーとして心配
twitter
本当にトランプが大統領だもんなあ
twitter
アメリカ心配

出典:twitter

実業家からしたらアメリカにとってTPPはマイナスでしかないと言うのがトランプ氏の考えなんでしょう。
大統領選挙期間中からトランプ氏の訴える中身が「まずはアメリカを良くする」という点に終始していました。
そこにどこまで信念があったのか単にアンチオバマなのか?単に目立ちたい、インパクトを残したいというだけだったのか
今となっては分かりません。
しかし1つだけ事実として残っているのはアメリカ国民は大統領選挙でトランプ氏を選んだという事です。
それが例え得票数はヒラリー氏の方が多いという事実があろうともです。
だから世界もトランプ氏の考えに対応しなければなりません。果たして日本はどう対応するのか。
もしかするとトランプ大統領は日本の外交のあり方を変えてくれる存在になるかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2016-12-29

    紅白歌合戦2016の審査員に新垣結衣が選ばれたのはなぜ?反応まとめ「NHKに民放が乗っかった」「恋ダンス踊れるの?」

    大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。その審査員に新垣結衣さんが選ばれました。 人気女優であることは確かで…
  2. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
  3. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  4. 2017-1-19

    トランプ大統領就任式の場所は安全なの?テロやデモの心配の声「100万人規模あるらしい」「今は嵐の前の静けさ?」

    トランプ大統領の就任式が1月20日に行われますが、テロや大規模デモの心配が尽きません。 公共の場で…
  5. 2016-12-28

    内山高志の大晦日放送時間は?コラレス戦の予想一覧!「今回はかなり慎重にいくだろう」「負けたら続ける選択肢はないだろう」

    今年4月のまさかの敗戦から5か月。 元V11王者の内山高志選手が大晦日に前回内山選手を2ラウンドで…
  6. 2017-3-2

    アッキード事件とは?ロッキード事件との共通点はあるの?反応まとめ

    今回の森友学園の件をアッキード事件表現した山本太郎氏が注意を受け、安倍首相もこの発言に対して遺憾の意…
  7. 2017-1-17

    ベビーフードダイエットの放送で炎上!反応まとめ「必要としている人が買えない」「こうなること分かってるのに」

    1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
ページ上部へ戻る