トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」

米国で第2の部数を誇る全国紙で大衆紙のUSAトゥデイ(USA Today)が、大統領選では、
新聞社として候補者の支持を明らかにしないという34年間守ってきた
ポリシーを破らざるを得ないと社説で述べた。
スポンサーリンク

トランプ大統領の可能性激減??米国大衆紙が、8つの理由で彼だけには投票するなと!!

USAトゥデイは編集会議で、全会一致で、共和党の候補者ドナルド・トランプは、
大統領に適さないと結論づけた。

編集委員会は「15か月前に大統領候補として立候補して以来、
トランプは、アメリカ大統領として必要としている気質、知識、安定と誠実を
欠いていることを繰り返し実証してきた」と述べています。

その理由として8つの点をあげている。

トランプが、アメリカ大統領として相応しくない8つの理由

1.常軌を逸している。
2.準備不足の最高司令官
3.偏見に捕らわれている メキシコ人、イスラム教徒と移住者に対する憤りをかき立てる、偏見や外国人排斥に訴える。
4.アフリカ系アメリカ人に対し、消し去ることができないほどのやり方で、人種差別感情をかきたてた。
5.ビジネスのキャリヤーは、まだら模様である。事業の成功だけでなく、トランプ大学
の詐欺疑惑や破産申請などが含まれる。
6.選挙戦で、慣例の納税申告を公開することを拒否しているため、彼が公正に税を支払っているか疑いがある。
7.国レベルの対話を粗雑で,下品にした。卑猥な言葉を使い、イラクで息子を失った親を批判した。今まで、こんなことをした大統領候補がいただろうか?
8.嘘つきである。クリントンを批判するが、虚偽記載の質と量で、トランプは、一番だ。

いずれにしても、危険な扇動政治家のセイレーンの歌(何かしら興味をそそるが、
潜在的に危険な誘惑的なアピール)に抵抗します。決してドナルド・トランプには投票しないように。

従来から大統領選挙戦で、候補者の支持を明確にしてきたニューヨークタイムズなどはもちろん、
大衆紙のUSAトゥデイまで、トランプ不支持を鮮明にした。

それは、泡沫候補と見ていたトランプ候補があれよと言う間に、共和党の大統領候補となり、
最近では、ヒラリー・クリントンを破って大統領になる可能性さえでてきた状況に対する危機感の表れである。

トランプ氏の反応

これに対し、トランプ氏は、ツイッターで

「まともな人々なら、the Dallas & Arizona papers とそして今 USA Todayとの購読契約をキャンセルするだろう。
そして彼らは読者を失うだろう!みんな分かっているんだ!」と早速噛みついた。

スポンサーリンク

米国大衆紙が、トランプ不支持を表明に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

英国のEU離脱、フィリピンのドゥテルテ大統領当選など、
従来の常識では予想もできなかったことが世界中で起こっている

ここで、アメリカが建国以来の、良識を持った民主主義を守ることができるのか?
それこそ米国民だけでなく、世界の人々ががけっぷちに立たされている。

■関連記事
アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  2. 中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  3. 4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  5. フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  6. 日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…

人気記事

  1. 2016-11-11

    トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ

    大統領選で、日本をはじめとする同盟国に対し、「安保ただ乗り論」を唱え、応分の防衛費の負担を要求し、 …
  2. 2017-1-30

    廃刊!?NYタイムズのトランプ批判が逆鱗に触れた内容は?海外の反応「米を第一に考えているリーダー」「実際移民はリスクがある」

    1月30日トランプ大統領は自身のtwitterで「ニューヨークタイムズは正しく経営するか、廃刊すれ…
  3. 2017-3-12

    wbc 2017侍ジャパン強敵オランダ戦放送予定と反応まとめ

    wbc 20171次リーグを1位で通過した侍ジャパンがいよいよ2次リーグ初戦強敵オランダと対決する。…
  4. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
  5. 2017-4-15

    平野美宇アジア選手権優勝か!?海外の反応「日本の時代だ」「才能の宝庫だ」

    卓球のアジア選手権で平野美宇選手の快進撃が止まりません。 世界ランキング1位と2位の中国選手を撃破…
  6. 2017-1-4

    韓国大統領選候補の安哲秀(アン・チョルス)の評判は?「韓国のビルゲイツ」「国民に頭下げすぎ」

    朴槿恵大統領が崔順実ゲート事件を起こし、朴槿恵韓国大統領弾劾訴追 朴槿恵大統領辞任後、韓国大統領選…
  7. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
ページ上部へ戻る