トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」

米国で第2の部数を誇る全国紙で大衆紙のUSAトゥデイ(USA Today)が、大統領選では、
新聞社として候補者の支持を明らかにしないという34年間守ってきた
ポリシーを破らざるを得ないと社説で述べた。
スポンサーリンク

トランプ大統領の可能性激減??米国大衆紙が、8つの理由で彼だけには投票するなと!!

USAトゥデイは編集会議で、全会一致で、共和党の候補者ドナルド・トランプは、
大統領に適さないと結論づけた。

編集委員会は「15か月前に大統領候補として立候補して以来、
トランプは、アメリカ大統領として必要としている気質、知識、安定と誠実を
欠いていることを繰り返し実証してきた」と述べています。

その理由として8つの点をあげている。

トランプが、アメリカ大統領として相応しくない8つの理由

1.常軌を逸している。
2.準備不足の最高司令官
3.偏見に捕らわれている メキシコ人、イスラム教徒と移住者に対する憤りをかき立てる、偏見や外国人排斥に訴える。
4.アフリカ系アメリカ人に対し、消し去ることができないほどのやり方で、人種差別感情をかきたてた。
5.ビジネスのキャリヤーは、まだら模様である。事業の成功だけでなく、トランプ大学
の詐欺疑惑や破産申請などが含まれる。
6.選挙戦で、慣例の納税申告を公開することを拒否しているため、彼が公正に税を支払っているか疑いがある。
7.国レベルの対話を粗雑で,下品にした。卑猥な言葉を使い、イラクで息子を失った親を批判した。今まで、こんなことをした大統領候補がいただろうか?
8.嘘つきである。クリントンを批判するが、虚偽記載の質と量で、トランプは、一番だ。

いずれにしても、危険な扇動政治家のセイレーンの歌(何かしら興味をそそるが、
潜在的に危険な誘惑的なアピール)に抵抗します。決してドナルド・トランプには投票しないように。

従来から大統領選挙戦で、候補者の支持を明確にしてきたニューヨークタイムズなどはもちろん、
大衆紙のUSAトゥデイまで、トランプ不支持を鮮明にした。

それは、泡沫候補と見ていたトランプ候補があれよと言う間に、共和党の大統領候補となり、
最近では、ヒラリー・クリントンを破って大統領になる可能性さえでてきた状況に対する危機感の表れである。

トランプ氏の反応

これに対し、トランプ氏は、ツイッターで

「まともな人々なら、the Dallas & Arizona papers とそして今 USA Todayとの購読契約をキャンセルするだろう。
そして彼らは読者を失うだろう!みんな分かっているんだ!」と早速噛みついた。

スポンサーリンク

米国大衆紙が、トランプ不支持を表明に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

英国のEU離脱、フィリピンのドゥテルテ大統領当選など、
従来の常識では予想もできなかったことが世界中で起こっている

ここで、アメリカが建国以来の、良識を持った民主主義を守ることができるのか?
それこそ米国民だけでなく、世界の人々ががけっぷちに立たされている。

■関連記事
アメリカ大統領選トランプヒラリーテレビ討論への日本の反応は?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. フェデックスカップ・プレーオフ4戦の初戦ノーザントラストがいよいよ始まります。速報では松山英樹が前日…
  2. 北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
  3. 来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  4. 8月23日5時43分頃に大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しました。 いったい原因は何なのでし…
  5. 第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. オオシロカラカサタケ毒キノコの画像と30代食中毒の反応まとめをシェアします。 ちょうど、子供と…

人気記事

  1. 2017-4-2

    高齢者ドライバー事故急増に思うこと!運転を続けるためには何をすべきか?

    高齢者ドライバーによる悲惨な交通事故急増のニュースを最近多く見ます。運動能力や判断力の低下、さらには…
  2. 2016-11-10

    トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

    トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行…
  3. 2016-10-11

    DeNAラミレス監督の采配は阪神金本とこれだけ違う!その理由は?「どう始まるかより、どう終わるかが大事だ」「選手より監督が目立つようではダメ」

    ともに40代で、監督経験なし、永年弱小球団と言われ、選手補強も十分でない中で 監督に就任したDeN…
  4. 2017-2-22

    金正男の息子・ハンソルは頭いいと話題に!学歴や評価は?

    先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  5. 2016-11-1

    英国の日産投資支援に密約か?ブレグジット時の保証を他社も要求!反応まとめ「無関税で輸出できる?決めるのはEUだろう!」

    日産自動車は、ブレグジット時に不利益が生じた場合、英国政府から支援と公約を得られたとして、 スポー…
  6. 2016-12-4

    イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

    イタリア国民投票が12月4日に行われます。 市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのよ…
  7. 2017-7-20

    東電会長発言への規制委員長「はらわたが煮えくり返る」が炎上!反応まとめ

    東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
ページ上部へ戻る