トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予想されている。
これまでの閣僚人事候補や、トランプ氏のツイッターから、何が起こるかを予想してみましょう。

スポンサーリンク

トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

これまでに決定された閣僚人事

s_20170104trumppresident

共和党主流派に配慮するのではとの、楽観的な観測は、一掃され、選挙運動中にトランプ陣営を支えた、
いわゆる人種差別主義者対中国強硬派が続々と登用されている。

経済分野では、新設する貿易政策を統括する「国家通商会議」のトップに対中強硬派エコノミストとして有名な
ピーター・ナバロ米カリフォルニア大教授をはじめとする主要3ポストに対中国強硬派を配する。

軍事防衛では、安全保障政策担当の大統領補佐官として、
退役陸軍中将のマイケル・フリン元国防情報局長など、元軍人を多用している。

さらに、大統領への取り次ぎ窓口を担当する重要ポストの首席戦略官兼上級顧問に、
保守系ニュースサイトのCEOで、「人種差別主義者」と言われているステファン・バノンほか、
司法長官に、強硬な不法移民対策を主張するジェフ・セッションズ上院議員が就任する。

映画俳優出身のレーガン大統領の場合のような、大統領になれば、主流派を主要ポストに登用して、
大統領らしく振舞うのではという甘い期待は完全に裏切られたようである。

さらに、就任する閣僚に、大企業のCEO等が多く含まれ、大統領選挙中にトランプ氏を支持した
貧しい白人層を代表するような経歴の人物が今のところ見当たらない。

次期大統領報道官は、トランプ氏の大統領就任式初日に、
オバマ大統領が任期8年で実行した政策の多くを「廃止する」と明らかにした。
対象は「経済成長や雇用創出」に悪影響を与えた政策と説明した。

この顔ぶれを見ると、TPPからの離脱、医療保険制度改革(オバマケア)、
同性婚解禁などが廃止される可能性がある。

さらに、大統領就任前から、トランプ氏のツイッターでの批判の影響が出始めている。
米自動車大手フォード・モーターは3日、メキシコに新工場を建設する計画を撤回する
(米製造業を衰退させているとして名指しで批判していた)。

また、ツイッターで、「米ゼネラル・モーターズ(GM)が米国で売る
メキシコ製『シボレー・クルーズ』には高関税をかけてやる」と発信している。

スポンサーリンク

トランプ大統領の就任日に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

「アメリカ・ファースト」(米国第一)を軸とした政策推進で、世界中を巻き込む激しい混乱が生じる可能性がある。
もちろん日本もこの混乱の外にいるという訳にはゆかないであろう。

日本の政府、企業、国民全体としてしっかりした米国の進む方向の見極めと、
機敏で果敢な政策の実行がますます重要となってくる。

■関連記事
トランプ大統領の就任式演説から日本人は何を読み解くべきか?反応まとめ

トランプ大統領就任式、民主党議員60人以上がボイコット!その理由は?

トランプ大統領就任後EUへの3つの影響と反応「EU終わりの始まりの年」「ミニトランプが誕生したら…」

蔡総統中米歴訪で、果たしてトランプ側近と接触はあるか?その意味と影響は?

トランプが中国強硬派を司令塔に起用!海外の反応「正面から中国にケンカを売るつもり」「海外市場は米国製品をボイコット」

孫正義トランプ会談で5兆円投資はなぜ?反応をまとめ「スプリント後のTモバイル買収か」「安倍さん孫さんスピード感やばい」

トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
  2. 2017-2-15

    金正男の息子・ハンソルを心配する声!韓国の反応「独裁者、と彼は主張したことがあるからな」「かくれんぼだ」

    金正男がマレーシアにてあやめられたという事件に対して、昔から金正恩の粛清対象だったためということで …
  3. 2016-12-17

    トランプ氏当選の大統領選へのロシアのサイバー攻撃に、プーチン大統領直接関与か?海外の反応

    米ホワイトハウスは、トランプ氏が当選した大統領選を妨害するロシアのサイバー攻撃に プーチン大統領が…
  4. 2016-12-3

    プーチン大統領山口来日を前にした岸田外相との会談に2時間遅刻!!これは意図的か?反応まとめ

    プーチン大統領は15日に来日して行う山口での安倍首相との会談を前にした サンクトペテルブルクでの岸…
  5. 2016-12-14

    ケンタッキーの指手袋・フィンガーナップの評判は?「革新的!」「油まみれで食べるまでがセットでしょ」

    日本ケンタッキー・フライドチキンがチキン商品をつかんで食べる際に手が油で汚れないよう、 専用の指袋…
  6. 2016-12-4

    原爆ドームにイルミネーションの画像に様々な反応「難しい」「きれいは違う」「人が来ることが大事」

    原爆ドームが世界遺産登録20周年を迎えるということで、12月7日から来年2月5日まで、広島市などがド…
  7. 2017-2-14

    松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

    ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。 果たして怪物松坂大輔は復活を…
ページ上部へ戻る