トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ

大統領選で、日本をはじめとする同盟国に対し、「安保ただ乗り論」を唱え、応分の防衛費の負担を要求し、
状況によっては駐在米軍撤収も辞さないと発言してきたトランプ大統領の誕生により、
我が国の防衛はどうなるのか?その主張は29年前の演説から何ら変わっていない。
スポンサーリンク

トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?

選挙中から以下のように、日本がその防衛政策に懸念していたトランプ氏がとうとう大統領となった。
その思想は、いつから育まれたものか?

大統領選挙(1988年)前年の1987年に、ニューハンプシャー州のポーツマスロータリークラブの共和党有力者を前にした演説で、
トランプ氏は大統領に立候補するつもりはないとしながら、
米国が日本、サウジアラビア、クウェートのような同盟国に「利用されている」ことにうんざりしている。

アメリカが彼らの防衛費を支払っているために、
これらの国は「世界で最も大きな金を稼ぐマシーン」となっていると聴衆に、強くアピールした。

増税は連邦政府の財政赤字への答えであってはならない。
代わりに、「私たちは、我々にたかっているこれらの国々に2000億ドルの赤字を完済させるべきだ」
「ワシントンの立派な人たちにはあきあきした。タフで、交渉の仕方を知っている人がほしい。
いなければ、我が国は破滅だ」と交渉能力に自信を持っているトランプしは、演説した。

この朝、フランス製軍用ヘリコプターで、ニューヨークから飛んできて(演説を含めTV中継があった)、
このロータリークラブの会に臨んだ。
トランプ氏は30億ドルの巨額の財産を持つ41歳の不動産業界の大物、カジノ運営者、企業乗っ取り屋と紹介されている。
(The New York Times 1987参照)

これ以前、トランプ氏はレーガン大統領の国家安全保障政策を批判する
全面広告をニューヨーク・タイムズ紙に掲載していた。

日本に対する防衛費の負担の要求、タフネゴシエーターとしての自信、
派手な演出と聴衆の心をつかむスピーチ、ワシントンのエスタブリッシュメントへの反感など、
当時からほとんど変わっていません。

スポンサーリンク

トランプ大統領の防衛政策への日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

まさかのトランプ大統領誕生からまだ、日が浅く、
日本のネットユーザーの戸惑いも収まらず、種々のコメントであふれています。

東アジアの現状を理解すれば、過激な発言通りのことはできないのではとの
淡い期待が日本にはあるが果たしてどうか?
この問題が、甘くない現実をみる日本にとっての第一歩となるかもしれません。

■関連記事
トランプ大統領を予言していたシンプソンが恐ろしい!反応まとめ

トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2017-3-31

    朴槿恵前大統領ついに逮捕! 刑期は?反応まとめ「歴代大統領は全て悲惨な目に」「末路は余りにも惨め」

    罷免された朴槿恵前大統領が逮捕され、大統領経験者として3人目となる拘置所への収監となった。 その刑…
  2. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  3. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  4. 2017-2-26

    森友学園問題で橋下徹氏の責任関係が噂されたのはなぜ?反応まとめ

    森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  5. 2017-4-24

    藤井聡太炎の七番勝負の結果まとめと反応「完全に神の子」「度肝を抜く勝利」

    最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  6. 2017-2-9

    高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?

    2月5日のワールドカップ2017第14戦オーストリアのヒンヅェンバッハでの3連勝で、歴代最多勝利53…
  7. 2017-5-4

    北朝鮮中国との関係さらに悪化!米制裁同調非難はなぜ?反応まとめ「裏で繋がってじゃねぇの」「中国は嫌いだが今回は見直した」

    2017年5月3日北朝鮮が伝統的友好国であった中国を名指しで、異例の非難を行った。中国が米国制裁に同…
ページ上部へ戻る