トランプ大統領勝利にアメリカの反応は?「国の恥」「汚職の終了」「今日ほどアメリカ人を誇りに思ったことはない」

なんとトランプ大統領が誕生した。これは非常に衝撃的な事実だ。
速報後すぐ、アメリカメディアでのコメントから、票数順でコメントを見てみた。
つまりアメリカの反応を見てみた。

EU離脱の時のように、流れで投票してしまい、あとでやり直し運動でも起こるのか?
それとも心からのアメリカの民意なのか?
コメントから判断しよう。

スポンサーリンク

トランプ大統領勝利にアメリカの反応は?

それでは前置きなしに早速アメリカの反応を見てみよう。
当確後、一番に米yahoo!Newsにアップされたものについたコメントだ。ky
反応が多い順になっている。

何人?
おめでとう白い人たち。あなたたちは30年間私たちの後ろを追従することになるでしょう。
アメリカ人
Yes!!偉大なアメリカの誕生だ!
アメリカ人
それは政治のBSから離れた願望の現れだ。トランプはパーフェクトな選択ではないもしれないが、彼は十分な自信、十分な大声で、リッチでそれに見合ったものなのかもしれない。
しかし最終的に,…良い意味でアメリカの政治のために良いものであっても欲しいものです。
我々がトランプを嫌い、すべての解体の始まりである可能性もあります。国を放置しないで下さいね。橋から飛んだりしないでください。
ヤフコメ
汚職の終了だ!
アメリカ人
ヒラリーがシリアに行く前に彼女を起訴!
ヤフコメ
トランプ氏は民主党、リベラル派、無党派、さらには共和党とさえ戦ってきました。彼はさらにメディアやグローバリストを戦ってきました。私は偉大なアメリカを再びを作るために、砂の中から頭を引っ張ってきた半数以上のアメリカ人を今日ほど誇りに思ったことはありません! 
ヤフコメ
アメリカのメディアや世論調査を信頼することはもうないわ!
アメリカ人
トランプ氏になったらアメリカを離れるといった有名人はどうなる??
アメリカ人
低能なやつらが、それにふさわしい王を選択したぜ
アメリカ人
わたしには信じることができない。ヒトラーが選出されたようなものだ
ヤフコメ
憲法は安全です!
ヤフコメ
神よ我々を救いたまえ
アメリカ人
国の恥。今日はダークな日だ
ヤフコメ
トランプが私の大統領とは認めない。誰かどうにかしてくれ。トランプよ落ちろ 

出典:https://goo.gl/Ej0iz4

スポンサーリンク

ニュースサイトの記事は何とも批判的

アメリカのニュースサイトも様々だ。

CNNのニュースキャスターなんかは、トランプ氏の勝利を認めたくなかったようで、なかなかその言葉を言わないように思えた場面があった。

また、この最初に報じたメディアもトランプ氏に否定的な記事だ。
書き出しが
「彼は事前の政治や軍事的な経験を有していないにも関わらず~~~」と、嫌悪感を持った記事となっている。

この記事の気になったワードをピックアップしよう。

・驚くべき番狂わせ
・最後まで反抗的だった
・共和党内での信頼を失ったにもかかわらず
・トランプはアメリカの政治のほぼすべてのノルムを逆さまにした
・共和党内の形も変えた
・生意気な億万長者は~~~~

こんなにあからさまに否定的に大統領の誕生を書く記事があるのも変な話だ。

今後有名人のコメントも出てくるだろう。

EU離脱といい、何か世界が変わっていっているのをすごく感じるのは筆者だけではないだろう。
グローバリズムが終焉しようとしていて、世界は確実に変わり始めている。
これは後退しているのか、前進しているのだろうか。

■関連記事

トランプ大統領誕生に中国の反応は?

トランプ大統領誕生に韓国の反応

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2017-4-20

    ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

    日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国し…
  2. 2017-4-19

    プライムナウ商品数拡充でアマゾン都内3社と提携!反応まとめ「一人暮らし+風邪のときめっちゃ便利」「やり過ぎ…」

    アマゾンが、マツモトキヨシ、ココカラファイン、三越日本橋本店の3社と組み、 18日からそれぞれの店…
  3. 2016-12-20

    なんでも鑑定団史上最大のお宝”曜変天目茶碗”の値段は?

    なんでも鑑定団史上最大の発見がされたと12月20日報じられた。20日のなんでも鑑定団で披露されるのだ…
  4. 2017-5-2

    陸上の世界記録白紙を欧州陸連が提案し炎上!その反応まとめ

    欧州陸連が提案した世界記録白紙案が波紋を呼んで一部炎上しています。 果たしてどういう経緯でこのよう…
  5. 2017-1-27

    トランプ大統領のメキシコ国境の壁の費用は?どこにどれだけ設置するのか?反応まとめ

    トランプ大統領の公約の1つである「メキシコ国境に壁を作る」不法移民対策とされるこの公約を果たしてトラ…
  6. 2017-3-2

    石原慎太郎は豊洲問題どころではなかった新銀行東京の責任をどう逃げ切ったか?反応まとめ「ハチャメチャな都政私物化」「豪腕が生んだ成果」

    石原慎太郎元都知事は3月3日に豊洲問題で記者会見する。汚染盛土対策の判断時期の2008年に、 それ…
  7. 2017-1-4

    韓国大統領選候補の安哲秀(アン・チョルス)の評判は?「韓国のビルゲイツ」「国民に頭下げすぎ」

    朴槿恵大統領が崔順実ゲート事件を起こし、朴槿恵韓国大統領弾劾訴追 朴槿恵大統領辞任後、韓国大統領選…
ページ上部へ戻る