トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

トランプ大統領は中国と並んで、日本の為替政策が円を安く誘導して、
米国企業に打撃を与えていると厳しく批判した。
金融緩和による円安で、輸出企業の業績アップ、株高を演出してきたアベノミクスの根幹を
揺るがす可能性がある。日本の反応をまとめた。

スポンサーリンク

トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

トランプ米大統領は31日、米製薬会社幹部との会合で「他の国が通貨を安く誘導して、米国企業が我々の国で薬を作れなくなっている」
「中国や日本が市場で何年も通貨安誘導を繰り広げ、米国はばかをみている」と述べ、中国と並んで日本の為替政策を厳しく批判した。

この発言を受け、ニューヨーク外国為替市場では、1ドル112円台前半と約2カ月ぶりの円高ドル安となり、
本日10時時点での日本市場でも、1ドル112.98-99円と0.54円の円高となっている。

選挙中のトランプ氏の発言から、金融市場には「トランプ氏はいずれ円安相場をけん制するのではないか」との懸念があったが、
大統領就任後、規制緩和、インフラ拡大、法人税軽減による米経済拡大期待から予想に反し、
円安ドル高が続き、これにより、日本の株価も大幅な株高となり、トランプ相場とまで称されてきた。

ここに来て、いよいよ選挙中のトランプ米大統領の本来の発言が姿を現し、円安、株高に冷水を浴びせかけた。

これまでも、1/17のウォールストリートジャーナル紙とのインタビューで、
トランプ氏が、中国が通貨、元を誘導しているため、米ドルがすでに「強すぎる」と述べ、
「われわれの通貨が強すぎるため、米国の企業は現在競争することができない。
そしてそれは私たちを殺している 」と言ったと伝わると1月ぶりのドル安となったことがある。

この時、ドルは、中国人民元に対し、1%、韓国ウオンに対し、1.6%、シンガポールドルに対し、0.9%、
ポンドはメイ首相の発言もあり、2.8%、円とメキシコペソに対しそれぞれ1%下落した。

今回、「他国は資金供給と通貨安誘導によって有利な立場となっている」と主張し、
円安・ドル高相場は日本の通貨安誘導が原因だと決めつけた。

日本は2011年以降、円高是正を目的とした円売り介入をしていず、為替操作を行っていないと説明はできるが、
「資金供給」が日銀の量的緩和政策などを意味するとすれば、アベノミクスの根幹にかかわってくることになる。

また、人民元、円だけでなく、トランプ政権はユーロも標的にしている。

「国家通商会議」の責任者であるピーター・ナバロ氏が、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、
ドイツは「過小評価が著しい」ユーロを利用することで米国や欧州連合(EU)の貿易相手国よりも有利な立場を得ている、との見解を示した。

ナバロ氏はユーロについて「暗黙のドイツマルク」のような存在であり、過小評価されていることで、
ドイツに主要貿易相手国に対する競争上の優位性を与えていると指摘した。
確かに、ドイツは、ユーロの他の国の経済的な弱さにより、全体としてくなっていることを利用して
有利な立場を築いているという批判は、ユーロ内の国からもあった。

ナバロ氏の発言が伝わると、ユーロ/ドルEUR=は0.5%高に上昇した。

スポンサーリンク

トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

アベノミクスとの関係を憂慮するコメントが多い。

2月10日に行われる日米首脳会談では、経済問題では二国間経済協定や自動車問題以外に、
日本の金融政策に圧力をかける可能性がある。

TPP離脱や、イスラム入国禁止どころではない、
トランプ旋風が日本にまともに吹き始めた。

これに対し、安倍首相は、どのように反論、説得するのであろうか?
アベノミクスの根幹にかかわるだけに、
首相も必死にならざるを得ないと思われる。

■関連記事
イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

日米首脳電話会談の内容 トランプ大統領の発言は?海外の反応「自由主義者を泣かせは米にいいもの」「彼は世界のリーダーになる」

トランプ大統領発言で自動車に関する日本への影響は?「日が米に生み出した雇用はどうなる?」「米車に需要がないだけ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2016-12-14

    ヨドバシカメラの福袋が炎上したのはなぜ?反応まとめ

    ヨドバシカメラの「夢のお年玉箱」の福袋が12月13日炎上。 実はかく言う私も「今年こそは!」と気合…
  2. 2017-1-29

    松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

    松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、 昨…
  3. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  4. 2017-2-10

    フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

    フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。 世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変…
  5. 2017-2-17

    フィリピンの「トランプ」ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争が突如方針転換!その3つの理由とは?反応まとめ「副作用は大きかったと気がついた」

    就任以来、人権無視と批判の強かった麻薬撲滅戦争において、フィリピンの「トランプ」と言われ、 その強…
  6. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  7. 2017-2-14

    松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

    ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。 果たして怪物松坂大輔は復活を…
ページ上部へ戻る