トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

トランプ大統領は中国と並んで、日本の為替政策が円を安く誘導して、
米国企業に打撃を与えていると厳しく批判した。
金融緩和による円安で、輸出企業の業績アップ、株高を演出してきたアベノミクスの根幹を
揺るがす可能性がある。日本の反応をまとめた。

スポンサーリンク

トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

トランプ米大統領は31日、米製薬会社幹部との会合で「他の国が通貨を安く誘導して、米国企業が我々の国で薬を作れなくなっている」
「中国や日本が市場で何年も通貨安誘導を繰り広げ、米国はばかをみている」と述べ、中国と並んで日本の為替政策を厳しく批判した。

この発言を受け、ニューヨーク外国為替市場では、1ドル112円台前半と約2カ月ぶりの円高ドル安となり、
本日10時時点での日本市場でも、1ドル112.98-99円と0.54円の円高となっている。

選挙中のトランプ氏の発言から、金融市場には「トランプ氏はいずれ円安相場をけん制するのではないか」との懸念があったが、
大統領就任後、規制緩和、インフラ拡大、法人税軽減による米経済拡大期待から予想に反し、
円安ドル高が続き、これにより、日本の株価も大幅な株高となり、トランプ相場とまで称されてきた。

ここに来て、いよいよ選挙中のトランプ米大統領の本来の発言が姿を現し、円安、株高に冷水を浴びせかけた。

これまでも、1/17のウォールストリートジャーナル紙とのインタビューで、
トランプ氏が、中国が通貨、元を誘導しているため、米ドルがすでに「強すぎる」と述べ、
「われわれの通貨が強すぎるため、米国の企業は現在競争することができない。
そしてそれは私たちを殺している 」と言ったと伝わると1月ぶりのドル安となったことがある。

この時、ドルは、中国人民元に対し、1%、韓国ウオンに対し、1.6%、シンガポールドルに対し、0.9%、
ポンドはメイ首相の発言もあり、2.8%、円とメキシコペソに対しそれぞれ1%下落した。

今回、「他国は資金供給と通貨安誘導によって有利な立場となっている」と主張し、
円安・ドル高相場は日本の通貨安誘導が原因だと決めつけた。

日本は2011年以降、円高是正を目的とした円売り介入をしていず、為替操作を行っていないと説明はできるが、
「資金供給」が日銀の量的緩和政策などを意味するとすれば、アベノミクスの根幹にかかわってくることになる。

また、人民元、円だけでなく、トランプ政権はユーロも標的にしている。

「国家通商会議」の責任者であるピーター・ナバロ氏が、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、
ドイツは「過小評価が著しい」ユーロを利用することで米国や欧州連合(EU)の貿易相手国よりも有利な立場を得ている、との見解を示した。

ナバロ氏はユーロについて「暗黙のドイツマルク」のような存在であり、過小評価されていることで、
ドイツに主要貿易相手国に対する競争上の優位性を与えていると指摘した。
確かに、ドイツは、ユーロの他の国の経済的な弱さにより、全体としてくなっていることを利用して
有利な立場を築いているという批判は、ユーロ内の国からもあった。

ナバロ氏の発言が伝わると、ユーロ/ドルEUR=は0.5%高に上昇した。

スポンサーリンク

トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

アベノミクスとの関係を憂慮するコメントが多い。

2月10日に行われる日米首脳会談では、経済問題では二国間経済協定や自動車問題以外に、
日本の金融政策に圧力をかける可能性がある。

TPP離脱や、イスラム入国禁止どころではない、
トランプ旋風が日本にまともに吹き始めた。

これに対し、安倍首相は、どのように反論、説得するのであろうか?
アベノミクスの根幹にかかわるだけに、
首相も必死にならざるを得ないと思われる。

■関連記事
イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

日米首脳電話会談の内容 トランプ大統領の発言は?海外の反応「自由主義者を泣かせは米にいいもの」「彼は世界のリーダーになる」

トランプ大統領発言で自動車に関する日本への影響は?「日が米に生み出した雇用はどうなる?」「米車に需要がないだけ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. フェデックスカップ・プレーオフ4戦の初戦ノーザントラストがいよいよ始まります。速報では松山英樹が前日…
  2. 北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
  3. 来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  4. 8月23日5時43分頃に大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しました。 いったい原因は何なのでし…
  5. 第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. オオシロカラカサタケ毒キノコの画像と30代食中毒の反応まとめをシェアします。 ちょうど、子供と…

人気記事

  1. 2017-7-27

    蓮舫辞意か?なぜこのタイミング?反応まとめ「当然」「株と為替が敏感に反応したぞ」「党内で何かあったね」

    7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  2. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  3. 2017-4-5

    今村復興大臣のネクタイがエヴァ柄な理由とその反応

    今村復興大臣のネクタイの柄がエヴァンゲリヲンということで話題になっています。 確かに渋いスーツの胸…
  4. 2016-11-15

    トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

    アメリカ合衆国のトランプ次期大統領は選挙戦前から自身の公約として掲げていた不法移民の強制送還について…
  5. 2017-7-17

    上西小百合議員のツイッターまた炎上!浦和逆転負けに油を注ぐ!反応まとめ

    ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 2017-2-18

    移民受け入れの反対の割合から見るヨーロッパ選挙の行方と反応まとめ

    移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…
  7. 2017-5-11

    FBI長官コミー氏解任の理由と海外の反応「ウォーターゲート事件の再来」「ロシアの関与本当なの!」

    アメリカでFBI長官のコミー氏が5月9日にトランプ政権によって解任されたことが発表されました。 コ…
ページ上部へ戻る