トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行すれば、
TPP発効の可能性はほとんどなくなる。米国中心思考から頭を切り替えて、
中国主催のAIIBへの参加も含めた幅広い策を検討すべきではないか?

スポンサーリンク

トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

TPP発効の条件は、全原署名国が、国内手続を完了した旨を寄託者(幹事国)である NZ に通報した後 60 日か、
2013 年のGDPの合計が全原署名国の GDP の合計の 85%以上を占める 6 か国以上が通報していれば、
署名から 2 年の満了後 60 日で発効するとなっている。

より緩い後者の条件であっても、GDP の合計に占める割合が、
約 60%である米国が批准しなければTPPの発効はありえない。

現在の状況下では、いくらオバマ大統領が、任期期間中に頑張ったとしても、
議会を説得して、米国で国内手続きを完了することはまず無理であろう。

あの交渉の苦労と努力はいったい何だったのだろう?

環太平洋諸国の、TPPと中国の主催するAIIBへの参加、参加希望状況を以下の表にした。

環太平洋諸国の TPPとAIIBへの参加状況

s_20161110tpp-001a

トランプ大統領の誕生で、TPPへの参加を検討していた韓国、インドネシアなど5か国(△)は検討を取りやめ、
AIIBに参加せずTPPに参加していた国々も、AIIBへの参加を検討し始めることが考えられる(桃色表示)

現時点で、英仏独など欧州主要国はAIIBにすでに加入している。
保護主義に走るアメリカがAIIBに参加することはないとしても、
貿易立国の日本がこのままでは孤立してしまう。

トランプ大統領誕生で、TPPが風前の灯に!の日本の反応見てみましょう。

スポンサーリンク

トランプ大統領誕生で、TPPが風前の灯に!に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

これまで、日本の思想的右も左も、米国の動向、意思をまず思考の第一に置いてきたように思える。
以下の記事に書いたトランプ大統領誕生で唯一の希望である「自分の頭で考えること」をまさに、
ボーダーラインに立つ我々日本人が経済のみならず、防衛などにつき、やらねば、なりません。

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

ここはトランプ大統領誕生をポジティブに考えざるを得ないと思います。

「すべてアメリカの存在を前提に考えていた日本人が、眼を覚まして、
我が国がどうあるべきか、そのために、どうすべきかを真剣に考えざるを得なくなる点しかありません。」

なお、米国現地にいる知人からの以下のメールが来ました。やはり日本人には、米国が常に頭の上にあって、過剰に意識しすぎて客観的に見ることができないのかもしれません。
 「確かに日本はアメリカに依存している部分が多いので、日本では大きな騒ぎになっていると思います。
 私もこの1ヶ月ニュースをみたり、・・・・日本で放送されているほど、クリントン有利を感じたことはありません。 どっちに転んでもおかしくない状況でした。
 日本では、希望としてクリントンになってほしいということで、意図的にか、無意識のうちかはしりませんが、クリントン有利と報道されていたように思います。」
 
■関連記事
トランプ大統領勝利にアメリカの反応は?「国の恥」「汚職の終了」「今日ほどアメリカ人を誇りに思ったことはない」

トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  2. 北朝鮮がもし戦争したら日本の被害想定はどのくらいのものか?東京の場合のシュミレーションとして 具体…
  3. 最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  4. 新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  5. 北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  6. 大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…

人気記事

  1. 2016-11-29

    餅つき禁止の自冶体なぜ?反応まとめ「親のレベルを見たら仕方ない」「そのうち寿司も禁止に」

    餅つき禁止の自治体があるという事実がニュースになり炎上気味です。 なぜ餅つきが禁止されることになっ…
  2. 2017-3-3

    オランダ選挙2017投票結果は日本時間いつ分かる?反応まとめ「極右政党が第一党になったら…」

    オランダ版トランプと言われるウィルダース党首率いる極右政党・自由党(PVV)が、30~35議席を獲得…
  3. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  4. 2017-3-31

    図越寛元塚本幼稚園PTA会長の告発とその反応

    図越寛さんという元塚本幼稚園PTA会長が、学園の実態をTBSに顔出しで告発しており そこから籠池夫…
  5. 2017-2-11

    日米首脳会談をアメリカメディアはどう伝えた?海外の反応「19秒も握手したぞ」「ホープ安倍」

    日米首脳会談が無事終わり、安倍首相の外交の強さを表した形となり、日本のコメントには安堵が広がった。 …
  6. 2017-4-9

    ボツリヌス菌で赤ちゃんの症状どうなる?黒糖も危険?反応まとめ

    生後6カ月の赤ちゃんが、離乳食として与えられた蜂蜜に含まれていたとみられるボツリヌス菌が原因で死亡し…
  7. 2017-2-27

    DAZNがJリーグ開幕から不具合で炎上!反応まとめ「ダメゾーンや」「いきなり悪評」

    2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
ページ上部へ戻る