トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行すれば、
TPP発効の可能性はほとんどなくなる。米国中心思考から頭を切り替えて、
中国主催のAIIBへの参加も含めた幅広い策を検討すべきではないか?

スポンサーリンク

トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

TPP発効の条件は、全原署名国が、国内手続を完了した旨を寄託者(幹事国)である NZ に通報した後 60 日か、
2013 年のGDPの合計が全原署名国の GDP の合計の 85%以上を占める 6 か国以上が通報していれば、
署名から 2 年の満了後 60 日で発効するとなっている。

より緩い後者の条件であっても、GDP の合計に占める割合が、
約 60%である米国が批准しなければTPPの発効はありえない。

現在の状況下では、いくらオバマ大統領が、任期期間中に頑張ったとしても、
議会を説得して、米国で国内手続きを完了することはまず無理であろう。

あの交渉の苦労と努力はいったい何だったのだろう?

環太平洋諸国の、TPPと中国の主催するAIIBへの参加、参加希望状況を以下の表にした。

環太平洋諸国の TPPとAIIBへの参加状況

s_20161110tpp-001a

トランプ大統領の誕生で、TPPへの参加を検討していた韓国、インドネシアなど5か国(△)は検討を取りやめ、
AIIBに参加せずTPPに参加していた国々も、AIIBへの参加を検討し始めることが考えられる(桃色表示)

現時点で、英仏独など欧州主要国はAIIBにすでに加入している。
保護主義に走るアメリカがAIIBに参加することはないとしても、
貿易立国の日本がこのままでは孤立してしまう。

トランプ大統領誕生で、TPPが風前の灯に!の日本の反応見てみましょう。

スポンサーリンク

トランプ大統領誕生で、TPPが風前の灯に!に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

これまで、日本の思想的右も左も、米国の動向、意思をまず思考の第一に置いてきたように思える。
以下の記事に書いたトランプ大統領誕生で唯一の希望である「自分の頭で考えること」をまさに、
ボーダーラインに立つ我々日本人が経済のみならず、防衛などにつき、やらねば、なりません。

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

ここはトランプ大統領誕生をポジティブに考えざるを得ないと思います。

「すべてアメリカの存在を前提に考えていた日本人が、眼を覚まして、
我が国がどうあるべきか、そのために、どうすべきかを真剣に考えざるを得なくなる点しかありません。」

なお、米国現地にいる知人からの以下のメールが来ました。やはり日本人には、米国が常に頭の上にあって、過剰に意識しすぎて客観的に見ることができないのかもしれません。
 「確かに日本はアメリカに依存している部分が多いので、日本では大きな騒ぎになっていると思います。
 私もこの1ヶ月ニュースをみたり、・・・・日本で放送されているほど、クリントン有利を感じたことはありません。 どっちに転んでもおかしくない状況でした。
 日本では、希望としてクリントンになってほしいということで、意図的にか、無意識のうちかはしりませんが、クリントン有利と報道されていたように思います。」
 
■関連記事
トランプ大統領勝利にアメリカの反応は?「国の恥」「汚職の終了」「今日ほどアメリカ人を誇りに思ったことはない」

トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2016-12-3

    流行語に日本しねを選んだユーキャンが炎上!反応まとめ

    12月1日、毎年恒例「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表がありました。 「保育園落ちた日本シね」と…
  2. 2017-3-5

    米国債務上限問題2017年3月15日期限の解決をトランプはどうするか?為替の影響とその反応まとめ

    米国債務上限問題がまた再熱するかもしれない。2017年3月15日に期限がまたくる。 そしてその時の…
  3. 2016-11-30

    斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

    背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、 2017年俸は4年連続ダ…
  4. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  5. 2017-3-23

    籠池泰典氏証人喚問の内容と反応まとめ「西田議員の質問下手」「昭恵氏にも話を聞く必要が」

    籠池泰典氏証人喚問の内容と反応をまとめました。 西田議員、福山議員が質問し、籠池氏が嘘をついたら偽…
  6. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  7. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
ページ上部へ戻る