トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の影響は憲法改正できる
良い機会になることだと大喜びのようです。その喜びぶりをまとめてみました。

スポンサーリンク

憲法改正派がトランプ大統領誕生で万歳!安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

「安倍総理はトランプ大統領を喜んでいる。特に憲法改正に追い風だ!」このように考えているようです。

トランプ氏が当選した翌日、安倍総理自らトランプ氏の電話会談で、17日に直接会談することを、
外務省や官邸の根回しもなく電話でのやりとりでもちだして、決めたというのも根拠なようです。

また安倍総理は日米の民主党嫌いとして有名で、歴代の大統領と比較して、
オバマ大統領との会談数が少ないと言われていました。

しかし安倍総理とトランプ次期大統領と言えば在日米軍に関してやTPPに関して真逆なはず。
にもかかわらず何故安倍総理にプラスとなると喜んでいるのでしょう。

それを解き明かすにはネットでの反応がヒントになりそうです。

トランプ大統領誕生への反応

トランプ当選直後から「日本にプラス」「内心安倍総理喜んでるだろう」というコメントがチラホラありました。
そのコメントにはトランプ大統領の「自分のことは自分で守れ」というメッセージが憲法改正に繋がる。

「アメリカが作った憲法変えるチャンス」「自主憲法作るぞ!」というコメントが
憲法改正賛成派安倍総理支持者から目立ちましたが、同じ考えの人からは
「民主党ざまぁみろ」や「左派衰退!」「蓮舫ガッカリしてんじゃないか(笑)」なんてピントがずれたコメントもありました。

しかしそういった人達からすると、トランプ氏の勝利宣言は物足りないようで
「なんか普通になったな」「トランプつまらない」等のコメントから
今回の大統領選挙の受け止め方が人により全く違うのも分かりました。

今回のトランプ大統領誕生が憲法改正に繋がるなんて一足とび過ぎるだろう?と思っていました。
があるコメンテーターが話していた内容にこんなものがありました。

「トランプは様々な政策の中身はよくわかって無い。だから説明したらどうにでもなる可能性がある。」
そうなるとトランプ大統領から憲法改正に追い風となる発言が出てくる可能性もあながちない話では無いのかもしれません。

しかし果たして70歳のトランプが大統領の激務に耐えることは可能なのか。
様々な面でトランプへの疑念はつきません。

■関連記事
トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ

TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  2. 2014年から2016年この大会を3連覇し、今回4連覇を目指す石川佳純(世界ランク4位)と、 史上…
  3. 韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  4. 予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
  5. 4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦…
  6. トランプ大統領就任式の国歌斉唱を歌うのが誰か?と注目されていましたが ジャッキー・エヴァンコに決ま…

人気記事

  1. 2017-1-9

    釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

    韓国・釜山の日本総領事館前に先月、慰安婦像が設置された問題をめぐり、 政府は、長嶺駐韓国大使の一時…
  2. 2016-10-19

    引退発表の黒田博樹と大リーグ挑戦した4投手との大きな違いは?これが日本シリーズでフィナーレを飾る鍵だ!!

    昨日、今季限りでの引退を発表した広島・黒田博樹投手(41)が、 日米ファンから惜しまれながら、現役…
  3. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
  4. 2016-10-30

    朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

    朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密書類流出スキャンダルが、就任以来最大の危機となっている。 その根本…
  5. 2016-12-4

    イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

    イタリア国民投票が12月4日に行われます。 市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのよ…
  6. 2017-1-8

    高梨沙羅ワールドカップ第5戦優勝! 通算勝利数歴代1位の記録をいつ抜くか?反応まとめ「こんなに勝ったら、又、不利なルールでも考えるのでは!」

    20歳になった高梨沙羅が今季も絶好調である。7日のワールドカップドイツのオーベルストドルフで個人第5…
  7. 2016-11-24

    2016年11月東京に雪が54年ぶりにふる!原因と反応「全国放送せんでも」「毎年異常気象」

    11月24日に東京で11月としては54年ぶりとなる雪が降りました。 今年の夏は逆に非常に暑く、いろ…
ページ上部へ戻る