トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

トランプ大統領がまもなく誕生する。
メディアでは90%ヒラリー勝利と報じられていたが、まさかの展開で
EU離脱選挙を想起する結果となっている。
韓国の反応をまとめてみた。

スポンサーリンク

トランプ大統領誕生に韓国の反応は?

それでは早速トランプ大統領が誕生しかけている今の
韓国の反応を見てみよう。

twitter
「そんなはずは…」
twitter
「韓国もイ・ジャスミンのような人が嫌いですね。トランプもにています。
アメリカ人の立場ではトランプ氏は十分魅力的である人です。メディアがトランプを、誇張して歪曲偏向報道をし子供のように考えるだけであって実際トランプは子供ではありません。メディアが過度に偏向的に出れば、むしろ反感を買い逆の結果を呼ぶだけです。大韓民国メディアも同じことでしょう。」
twitter
「イギリス、欧州連合脱退保護主義に転換し
トランプが当選し、米国も保護主義孤立に切り替え
移民の門戸は強力に抑制される。
このすべてが、自国内の経済を生かすためのものである。
韓国も移民政策を抑制し、イギリスやアメリカに追従して行かなければならない」
twitter
「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝機を得た…。世界の将来が甚だ心配。」
twitter
「反面教師に…。朴槿恵も大統領選に影響をうけるぞ」
twitter
「有権者が賢い。」
twitter
「でたらめだ…」
twitter
「10月19日才能発掘団のテレビ放送に出てきた13歳のジョジュンヒョンが、トランプが勝利すると予想したけど本当に実現しましたね。」
twitter
「極右政権が勝つのは、世界的な潮流か?」
twitter
「私はサンダースが民主代表になるのを望んだがクリントンになった。それでもトランプよりもクリントン氏を望む。合理的な会話が出来ているのはクリントンでしょ」
「オバマは朝鮮半島にあまり関心がないようだった。クリントンは選挙前に朝鮮半島に触れた。関心があるということだ」
「朝鮮半島の問題を仲介するのに米国は必要だ。それは朴槿恵以外でなければならないが」
twitter
「それでもクリントンを外交のために選択すべきだ!」

出典:https://goo.gl/cwz8Nr

スポンサーリンク

朝鮮半島問題が心配

韓国人の最大の関心、北朝鮮の脅威を米国の背景圧力によって阻止することだ。その反応はそんなに多くなかったが政権はそれを気にしていることでしょう。
しかし、トランプ氏は以前に「もし北朝鮮が韓国や日本と戦争を起こすなら恐ろしいことになる」
「しかし、彼らが戦争をするなら、彼らがすることだ」
そしてふざけて「幸運を祈る。良い時間を」と言ったことがある。

さらにその時に
2万8500人の米軍が韓国に配備されていることについて
「『狂った北朝鮮』を阻止するために韓国に米軍を配備して得られるものは何か。私たちが愚か者と見られることを止める時だ」と
在韓米軍の撤収を主張したのだ。

もちろんすぐさまそういうことになるとは限らないし後で撤回することはありますが、それくらい引き締めよということでしょう。

北朝鮮にとっては良いニュースであり、韓国にとっては恐ろしい。
しかも政権が危機の時で、泣きっ面にハチである。もしかしたら北朝鮮は今が最大のチャンスとして明日にでも何かしてくるかもしれない。

今回の勝利は、まさにグローバリズムの終焉であり、自国保護主義を多くの人がもとめた結果であり、
アメリカの力を背景に「虎の威を借る狐」的な国はその弱さを露わにし、
怖いもの知らず、ならずもの国が何をしでかすかに狐はおびえることになる。

日本が狐でないともいえない。そういう意味では安倍政権の方向性はまるでこうなることが分かっていたかのような方向性だといえる。(100%の賞賛ではない…)

グローバリズムはユーロの失敗でもう露わになっていることで、それが今表面化していることと言えるでしょう。
日本も今までとは違う方向に進んでいくことでしょう…。

■関連記事

トランプ大統領誕生に中国の反応は?

トランプ大統領誕生にアメリカの反応「国の恥」「汚職の終了」「今日ほどアメリカ人を誇りに思ったことはない」

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  2. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  3. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  4. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  5. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  6. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…

人気記事

  1. 2017-1-8

    慰安婦少女像はウィーン条約違反なのになぜ放置?反応まとめ「ソウル前の方が問題」「努力義務で約束ではない」

    慰安婦少女像設置に対して菅官房長官は5日、「ウィーン条約違反」という言葉を明確に発言しました。 元…
  2. 2016-12-25

    世界最低レベルの受動喫煙対策強化なるか?厚生労働省案に猛反発!なぜ?

    東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は最近、受動喫煙対策強化案を示し、 飲食店や駅・…
  3. 2017-1-22

    反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

    アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  4. 2016-10-6

    石原慎太郎元知事の豊洲盛り土問題の責任は?ヒアリング一転拒否で厚化粧発言の勢いはどこに?反応まとめ「まるで別人」「逃げようなんて甘いわ」

    豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた石原慎太郎元知事が、 一転して、都のヒアリン…
  5. 2017-1-21

    トランプ大統領の就任式演説から日本人は何を読み解くべきか?反応まとめ

    予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
  6. 2017-1-27

    PPAPの商標登録申請企業”ベストライセンス”のビジネスモデルはありなの?炎上反応まとめ

    PPAPの商標登録をピコ太郎に先駆けてしている企業「ベストライセンス」の実態が報道され炎上しています…
  7. 2016-11-16

    12月来日のプーチン大統領東京会談に暗雲!キーマンのウリュカエフ経済発展相収賄容疑で解任!!なぜ?

    ロシアのプーチン大統領は、国営の最大手の石油会社ロスネフチから200万ドルの賄賂を 受け取ったとし…
ページ上部へ戻る