トランプ次期大統領のロシア疑惑炎上ツイート一部和訳してみた!反応まとめ

トランプ次期大統領のロシア疑惑が炎上している。彼のロシアに関するツイートを和訳した。
この件に関する反応をまとめてみた。

スポンサーリンク

トランプ大統領のロシア疑惑炎上ツイート一部和訳してみた!反応まとめ

大統領選後はじめての11日の記者会見で、これまで否定してきた大統領選を狙ったサイバー攻撃へのロシアの関与も認めざるを得なくなった。
12月12日以降のツイートのうちロシアに関するものを和訳してみた。

ロシアによる米大統領選を狙ったサイバー攻撃について、
これまでさまざまな報道がなされてきた。

2016年7月中旬 民主党全国大会が開催される直前に、ウィキリークスは民主党関係者の間で交わされた約2万通のメールを公開し、
ここに、一部の民主党幹部がクリントン候補を積極的に支持する内容のものが含まれており、
これがサンダース支持者の怒りに大きな火をつけて、結局党全国大会委員長を務めていた
デビー・ワッサーマン・シュルツ下院議員は、党大会終了後に引責辞任した。

ウィキリークスの情報源は、明かされなかったが、複数の米政府高官は、
ロシア諜報機関が民主党全国大会のネットワークをハッキングした可能性が非常に高いという見解を示した。

2016年12月16日 FBIは、大統領選でドナルド・トランプ氏勝利を有利にするためロシアがサイバー攻撃を仕掛けたと
結論づけたCIAの分析結果を支持する方針を固めた。
オバマ大統領は同日の会見で、「私が得た情報によれば、ロシアがサイバー攻撃を実行したと確信を持って言える」と、
ロシアが関与していたと断定し、「ロシアでは、プーチン氏なしに重要なことは実行されない」と語った。

2017年1月6日 米情報機関が、調査報告書を公表し、
「ロシアのプーチン大統領が選挙への影響力行使を指示した」と結論づけた。

2017年1月10日 米ニュースサイト「バズフィード」は、トランプ氏のスキャンダルや、同氏側近らと
ロシアの接点など、真偽不明の情報が書かれたA4判35ページの英文書類をネット上に公開した。
ロシアが次期大統領について「コンプロマート」(失墜させられる情報)を握っているという内容で、
報告の内容は先週、オバマ大統領のもとにまで届けられたのだ。
事情説明のブリーフィング書類はトランプ氏にも渡されたといことだ。

大統領選では、直前まで、ヒラリー優勢と伝えられていた選挙情勢が、
予想できなかったトランプの大逆転に終わり、サイバー攻撃と、
そのタイミングの良い機密文書の公開が大きな影響を与えているようである。

当初、ロシアのサイバー攻撃など証拠がないと否定的であったトランプも
11日の記者会見では、その点だけは認めた。ただ、前日に出たロシアが
トランプ次期大統領について私生活を含む「コンプロマート」を握っているとの、
報道に怒り心頭で、特定の報道機関を罵倒した。

彼の、数多い、ツイートからロシアに関するものを抜き出し、その変遷を見てみた。

トランプ氏のロシア関連ツイート

12月12日以降のトランプ氏のツイートから、用語ロシアが含まれているものを抜き出して和訳してみた。
Donald J. Trump ‏@realDonaldTrump 2より

2016年12月12日 選挙結果が逆の場合を考えてみれば、我々がロシア/CIAカードを使おうとしただろう。
そうなればそれは陰謀説と呼ばれるだろう。2016年12月15日 ロシア、またはその他の機関がハッキングしていたとしたら、
なぜホワイトハウスそんなに長い間行動するのを待ったのか?なぜ彼らだけがヒラリーが負けてから不平を言うのか?2016年12月30日ロシア人は@CNNと@NBCNewsをバカにしているのだ。-見ていて面白い、
彼らは手掛かりを持っていない!@FoxNewsは全体としてそれを持ってる!1月4日いわゆる「ロシアのハッキング」についての「情報機関」のブリーフィングは金曜日まで延期された。
おそらく立件するのにより多くの時間が必要になったのだろう。非常に奇妙なことだ!

1月4日ジュリアン ・ アサンジ(ウィキリークス創始者)は「14 歳がデル ポデスタ(ヒラリーのキャンペーンの責任者)をハッキングできた」と言っている。
– DNC(民主党全国委員会)はどうしてそんなに不注意なんだ?またロシア人は彼に情報を与えていないとも言っている!

1月6日民主党全国委員会は、おそらくロシアによってハッキングされた後に、
FBIにそのコンピューターの情報を調べたり、見せたりすることを許そうとしなかった。

1月7日ロシアとの良好な関係を持っていることは、良いことで、悪いことではない。
「馬鹿な」人々、または愚か者だけは、それが悪いことと思うだろう!私たちは・・・

1月7日世界にはまだ他の問題以外に十分に多くの問題がある。
私が大統領になれば、ロシアは今よりもはるかに多く私たちを尊重するだろう・・・.

1月8日@KellyannePollsプレスと我々のインタビューを見てみなさい:
ロシアは選挙を揺さぶろうとして「成功しなかった」。

1月11日バズフィードは検証不可能なトランプ-ロシアの主張を実行した。偽のニュースだ

1月11日ロシアは、政治的反対者によってなされた未確認のレポートは
「完全に全体的に作られたもので、まったく ナンセンス」と述べた!

1月11日ロシアが私に影響力を使おうと試したことはない。
私はロシアと何の関係もないー取引も、ローンも、全く何もない!

 

大手メディアは信用せず、自分に都合の良い情報だけを取り上げ、
都合の悪いものは攻撃するトランプの特性がよく出ている。

次に日本の反応を取り上げる。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. カップヌードルの具材として愛されてきた「謎肉」の新たな形として誕生した「白い謎肉」。 いったいどん…
  2. 22日に行われた中国オープン男子シングルス1回戦で13歳張本智和(世界ランク39位)が、 元世界1…
  3. 石川県知事の谷本正憲氏が北朝鮮に対して「餓死させねば」といった発言をしたことについて、発言を撤回しな…
  4. サッカーや地方の野球大会な、運動会などで選手宣誓の際、右手を高く上げて手先をピンと伸ばすポーズをよく…
  5. 北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  6. 北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…

人気記事

  1. 2016-10-30

    朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

    朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密書類流出スキャンダルが、就任以来最大の危機となっている。 その根本…
  2. 2016-12-21

    水泳、ランニング、テニスなど6種のスポーツのうち健康に効果があるのは?なぜそんな結果が?実体験を踏まえ考えてみた!

    健康のためにもっとも効果的なスポーツはサイクリング、水泳、エアロビックス、 ランニング、テニス、フ…
  3. 2017-1-17

    潘基文の10億円返すべき発言等に韓国の反応は?「機会主義者とでもいうべきか」「欲のために前進する人」

    英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  4. 2017-5-19

    村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

    村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。 プロデビュー時からずっと変わらないので…
  5. 2017-4-18

    武力攻撃切迫事態とは?わかりやすく説明すると?反応まとめ

    4月18日、日本政府は一連の北朝鮮とアメリカの軍事的緊張の高まりやミサイルによる日本への攻撃の可能性…
  6. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  7. 2016-11-5

    宇野昌磨がロシアSPで歴代3位!海外の反応「なんてかわいいんだ!」「結弦が王で昌磨は皇太子」

    宇野昌磨くんがロシアSPにて歴代3位の得点となる98・59点を出しフェルナンデスを押さえて首位に立っ…
ページ上部へ戻る