トランプ次期大統領ツイッターでメリル・ストリープの授賞式での痛烈批判に口撃!海外の反応「幼稚で粗野で不機嫌な反論で感情のままだ」「過大評価されているのはどっち?」

ハリウッド外国人映画記者協会の恒例のゴールデングローブ授賞式で、
「セシル・B・デミル生涯功績賞」を受賞した女優メリル・ストリープが、
受賞スピーチでトランプ次期米大統領を痛烈に批判した。
それに対してトランプ氏は、「どうせヒラリー・ファンの取り巻きだ」と口撃した。
海外の反応を見てゆきましょう。

スポンサーリンク

トランプ次期大統領ツイッターでメリル・ストリープの授賞式での痛烈批判に口撃!海外の反応

<メリル・ストリープの受賞スピーチの内容>
「この1年の間であっけにとられた演技、私の心に鍵爪を深く沈めた演技」は、
「わが国で最も尊敬されるべき座に就きたいと望む人が、障害のある記者の物まねをしたことでした。」
「特権や権力、抵抗する力のすべてにおいて、自分が勝っている相手です。この、人に恥をかかせてやろうという本能を、
発言力のある権力者が形にしてしまうと、それは全員の生活に浸透してしまいます。
というのも、こういうことをしていいんだと、ある意味でほかの人にも許可を与えてしまうので。
侮辱は侮辱を招く。暴力は暴力を引き起こす。有力者が自らの地位を悪用して他者をいじめれば、私たち全員にとって負けになります」

これに対しトランプ氏は翌朝、ツイッターで、ストリープさんを「ハリウッドで最も過大評価されている女優の一人」と呼んだ上で、
「私のことを知らないにもかかわらず昨夜のゴールデングローブで私を攻撃した。派手に負けたヒラリーの取り巻きだ」と非難し、
さらに、自分はコバレスキー記者をからかった事実はないと、改めて否定した。

また、ニューヨークタイムズのインタビューで、リベラルな映画界の人の批判には驚かない。
ストリープは負けたヒラリーの支持者だと述べた。

ここで、ストリープさんが言った、トランプ氏が障害のある記者を真似した姿というのは、
2015年11月の選挙戦中にニューヨークタイムズ紙の腕に障害のあり、
ピューリッツァー賞の受賞歴もあるセルジュ・コバレスキ記者を真似て嘲笑したとされることである。

その時の記事・写真は以下にある。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3334489/Donald-Trump-slammed-outrageous-impression-disabled-New-York-Times-reporter.html

また、2016年6月にストリープが恒例の「シェイクスピア・イン・ザ・パーク」で、トランプ氏に扮装して舞台に立った珍しい写真もある。
赤ら顔に金髪のサイドの分け目、ぶかぶかのスーツに腹を膨らませ、赤のネクタイを長く垂らした格好でストリープが登場すると、
客席から爆笑が起こった。

ストリープが、豪語するようなトランプ氏の声と身振りをまねると、
観客から「アカデミー賞をまた受賞できる」と賛辞を受けたそうだ。
この時点で、ストリーブは、クリントンを支持していた。
http://japanese.donga.com/List/3/03/27/535781/1

こんな奴が大統領を目指すなんて、冗談だろうといったツイッターなど、当時多くの非難が寄せられた。
トランプ氏はコバレスキー記者に会ったこともないと否定していたが、
コバレスキー記者は、何年もトランプ担当記者をしていて知らないはずはないと反論していた。

トランプ次期大統領メリル・ストリープの痛烈批判に口撃!に関する海外の反応

メリル・ストリープへのトランプの反論 – 幼稚で粗野で不機嫌な ― はまさに、
ほとんどのアメリカ人が彼の大統領職を恐れる理由です。感情のままだ。

テレビでめったに見ないような素晴らし瞬間だった:メリル ・ ストリープの情熱的なゴールデン グローブ賞スピーチ

あらまぁ早速『メリル・ストリープは最も過大評価される女優の1人だ』とさ😑
政治手腕はこれからでしょうが、子供みたいにいちいち噛み付いたりムキになったり、
この人はよほど暇なのかよほどコンプレックスが強いのか。とても興味深い🙃

ゴールデングローブでの昨夜の卑劣なパーフォーマンス。
メリル・ストリープは前後逆の頭を持っているのは明らかだ(注:メリル・ストリープがそのような芝居を演じていたことがある)

THRのインタビューで、トランプは好みの二人の女優の名を挙げ、
一人がメリル・ストリープだったはずだが。

ドナルド・トランプは 2015 年に「メリル・ストリープは優れています。
彼女は立派な人でもある」と言ってたはずだが。

ハリウッドとメリル・ストリープはトランプの運動の力を大幅に過小評価している。

メリル・ストリープを過大評価しているというなら、
ドナルド・トランプをアメリカ合衆国の大統領になる資格があると評価しているのも同じだ。

トランプ支持者のコメントもありますが、ストリープ支持が圧倒的に多い。
子供じみた感情にまかせた反論をする人に大統領職を任せれるの?との心配が多くの米国民にあるようです。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  2. 2016-11-11

    トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ

    大統領選で、日本をはじめとする同盟国に対し、「安保ただ乗り論」を唱え、応分の防衛費の負担を要求し、 …
  3. 2017-1-24

    ネイサンチェンと羽生はどちらが強い?海外の反応「間違いなく2018年オリンピック金メダル!」「美しくファンタスティック」

    1月22日のフィギュアスケート全米選手権にて信じられないことが起こりました。 アメリカのネイサン・…
  4. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
  5. 2017-1-14

    千代田区長選の情勢は?小池都知事と都議会自民党が激突!反応まとめ

    今月29日告示される千代田区長選に、小池都知事支持の現職と都議会自民党が推薦する 与謝野馨元財務相…
  6. 2016-12-18

    鹿島アントラーズの海外の反応は?ジーコも絶賛「歴史に刻んだことを誇りに」他「物おじしないことを願う」

    鹿島アントラーズが想定外の快進撃を見せています。ジーコも絶賛した海外の反応を見てみましょう。 …
  7. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
ページ上部へ戻る