トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの
電話を受けて国交断絶後37年で初めて会談した。
これが世界中に波紋を呼んでいる。反応をまとめてみた。

スポンサーリンク

トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの
電話を受けて会談し、米台間に経済、政治、安全保障上の
緊密なつながりが存在すると話した。

米台が公式に会談するのは、国交断絶後37年で、初めてである。
さっそく、中国の王毅外相が「台湾側のくだらない小細工だ」と述べ、
蔡氏を強く批判した。

米国内の批判に対し、トランプ次期大統領は
「何十億ドルもの武器を売っているのに、電話を受けるべきでないというのは不思議だ」とツイートした。

これにより、米中間の外交的な緊張が高まる可能性もある。

トランプ次期米大統領と台湾総統の電話会議の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

トランプ次期米大統領と台湾総統の電話会議にに関する海外の反応

トランプ次期米大統領と台湾総統の電話会議についての米国の反応

彼の無謀な台湾の電話で、トランプは気まぐれに中国利益より
アメリカの利益を優先した。

トランプは、台湾について、国務省のいうことを聞くか?
私は聞かないことを願っています。アメリカ人は、
それに従わないために、ワシントンをチェンジする投票をしたのだ。

台湾の電話はミスではなかった、ツイートは「牽制」ではない。
それらはトランプは就任にあたり、本気だということを証明する。

注目に値する: トランプの電話での気まぐれな行動は
中国政府を怒らせただけでなく、台湾をもまずい場所に置いた。
それらの責任は結局トランプにある。

最新偽の物語-ドナルド トランプは台湾総統に、挨拶した。
それは今やキューバのミサイル危機より悪い!

(出典;Twitter)
トランプの気まぐれが重大な影響を与えたというコメントもあるが、
あらかじめ打ちあわされていることもあり、
確信的に、行った電話会議であると思われる。

ここにも、トランプ支持派の、現国務省に対する敵意がある。

次期米大統領と台湾総統の電話会議について台湾の反応

台米にとって良いことだ!

面白い!

あー間違うな、一個の中国だがまた一個の台湾でもある。
統一を思うことが民主を享受すると思うのと同じでない。
実は対岸に持って行かれる、その他のそうは思わぬ人の邪魔をすべきでない。

中国のガラスの心が地団太を踏んでいる。
これが堂々とした大国だと。

(出典;APPLEDAILY)

独立派寄りのメディアのため、中国に対する反発が強い。

スポンサーリンク

次期米大統領と台湾総統の電話会議に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本の反応は比較的、第三者的で、面白がっているコメントもあるが、
台湾で重大事態が起これば、日本へ多大な衝撃をもたらすのは、
明白で、事態の推移を押さえておく必要がある。

トランプ氏が大統領になると、台湾に関しても、
大きな方針転換はありうると考えられる。
そのとき、現在のところ抑制的に対応している
中国政府がどう出るかが問題である。

いずれにしても、トランプ次期大統領の
今後の挙動から眼がはなせない。

■関連記事
安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  2. グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  3. いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  4. 2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  5. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  6. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…

人気記事

  1. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

    トランプ大統領がまもなく誕生する。 メディアでは90%ヒラリー勝利と報じられていたが、まさかの展開…
  2. 2016-12-4

    トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

    トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの 電話を受けて国交断絶後37年で…
  3. 2017-1-17

    アパホテル炎上に神対応し日本人絶賛!「アッパレ!」「支持します」「これからアパに泊まる!」

    アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  4. 2016-12-31

    サッカー天皇杯元日決戦の放送時間と鹿島対川崎の試合の行方!反応まとめ「ヒール役に回ったときの鹿島は強いぞ」「真の敵は己の慢心」

    元日に大阪・市立吹田サッカースタジアムでの天皇杯決勝で、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが対戦する…
  5. 2017-1-26

    対馬仏像盗難事件で韓国裁判が韓国へ引き渡しの判決!海外の反応「小倉コレクションは1200点ある」「我々の子孫のために日本に謝罪すべき」

    日本の長崎県対馬市の三つの神社・寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像2体などが連続盗難され…
  6. 2017-2-11

    芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?仕事も学業も天才への反応まとめ「いじめを見返した」「尊敬しかない」

    芦田愛菜ちゃんはまだ中学生になっていなかったのですね。 ドラマ『OUR HOUSE』見た時はもうと…
  7. 2016-10-13

    ピエロ恐怖症騒動が全米はじめ世界で発生!なぜ?海外の反応「SNSがこのいまいましい騒動を始めた」「もう夜外に出ることはできない」

    10月末のハロウィンが近づくにつれ、ピエロ恐怖症騒動が世界に広がっているようである。 ホラー小説「…
ページ上部へ戻る