トランプ氏当選の大統領選へのロシアのサイバー攻撃に、プーチン大統領直接関与か?海外の反応

米ホワイトハウスは、トランプ氏が当選した大統領選を妨害するロシアのサイバー攻撃に
プーチン大統領が直接関与していたとの見方を示した。
これに対する日本と海外の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

トランプ氏当選の大統領選へのロシアのサイバー攻撃に、プーチン大統領直接関与か?海外の反応

ロシアのサイバー攻撃では終盤の重要な時期に、ハッキングされた民主党関係者の電子メールがウィキリークスで暴露され、
米大統領選で共和党のトランプ氏と接戦ながら優勢であった民主党候補のヒラリー・クリントン氏に大打撃を与えた。

CIA(中央情報局)も、ロシアのサイバー攻撃はトランプ氏を勝利させることを狙っていたと結論づけている。

オバマ米大統領は、米選挙の正当性を損なうことを目的としたロシアのサイバー攻撃に対して、「行動を起こす必要がある」と述べた。

また、米諜報機関の職員は、ロシアはアメリカでの成功を足がかりに、
今後ヨーロッパで相次ぐ選挙への干渉を狙っていると話している。

一方、当選したトランプ氏は、ツイッターに「ロシア、あるいは他の何者かがハッキングをしていたのなら、
ホワイトハウスが腰を上げるのにここまで時間がかかったのはなぜだ?
ヒラリーが負けて初めて不満を口にするのはなぜだ?」と投稿し、
サイバー攻撃にロシアが関与していたとの見方に改めて疑問を呈した。

プーチン大統領は、KGB(旧ソ連国家保安委員会)で対外諜報に携わった経歴がある。
KGBの後身であるFSB(ロシア連邦保安局)長官も務めた。

目的を達成するためには、手段を選ばずということであろう、
対外諜報のプロのプーチン大統領にとっては、
今回のことは簡単で、至極当然のことだったかもしれない。

昨日までの日露首脳会談で、領土に関する交渉がまったく進展せず、
島民の自由往来などロシアはほとんど失うものがなく、
日本の経済協力を引き出し、欧米では、プーチンの外交的勝利だと報道されている。

これは、日本の手の内をすべて見通していた結果と言えないだろうか?

米大統領選へのロシアのサイバー攻撃に関する日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

米大統領選へのロシアのサイバー攻撃に関する海外の反応

他どんな証拠が必要というんだ。トランプはロシアのハッキングで、選ばれたんだ。

プーチン大統領のロシアはソシアルメディア や サイバー攻撃によって人々を挑発する。
しかし、彼らは、うまくゆかないだろう。だって、トランプも、同じ脚本を使っているから。

CIAはロシアがハッキングしてゆさぶりをかけたことを確認した。制裁に費用がかかるが、今やサイバー攻撃はOKだ!

民主党を攻撃したロシアのサイバースパイは、次はドイツの選挙をターゲットに移動するだろう。

サイバー攻撃以降、ドイツは選挙が混乱するのを恐れている。

 

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. タレントの陣内智則さんがフジテレビのアナウンサー松村未央さんと再婚することが24日分かりました。 …
  2. 5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  3. 5月22日のマンチェスターでの爆発事件。 この事件で8歳の少女が犠牲となっていたことが新たに分かり…
  4. 非人道的な爆弾として知られるクラスター爆弾の製造企業に対し、 日本の4つの企業が投融資していたこと…
  5. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  6. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…

人気記事

  1. 2017-5-12

    ファティマ第三の予言が2017年5月はデマか本当か?反応まとめ「北朝鮮危機にこじつけた」「日付は指定されてない」

    今回は少しオカルト的な内容となりますが、非常に面白い話なので紹介します。 事実と創られた話の境がわ…
  2. 2017-1-29

    松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

    松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、 昨…
  3. 2017-3-22

    WBC準決勝ビデオ判定の多すぎに賛否!その反応まとめ「審判モチベ下がる」「誤審あるよりマシ」

    WBC準決勝でビデオ判定が多すぎと賛否が分かれています。 日本対アメリカでは5回ものビデオ判定があ…
  4. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
  5. 2017-4-21

    4月25日に北朝鮮が日本にミサイルの危険性が叫ばれる4つの理由!

    4月15日の北朝鮮故金正成105周年では朝鮮半島の情勢が一気に緊迫しました。 結局のところ実験は行…
  6. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  7. 2017-2-23

    40光年の距離は現実的なの?NASA緊急発表の反応まとめ

    2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
ページ上部へ戻る