トランプ氏金正恩との会談に前向きとの驚愕発言!その意図は?反応まとめ「金正恩は本望だろう」「捕獲を怖れて出てこないよね」

トランプ大統領は、朝鮮半島の緊張を和らげることになるならば、金正恩朝鮮労働党委員長と会談する意向の発言を表明した。
武力行使を含む北朝鮮制裁を表明している中でのこの驚愕発言の意図はどこにあるのか?ネットの反応もまとめた。

Sponsored Links

トランプ氏金正恩との会談に前向きとのサプライズ発言!その意図は?

「彼と会うことが私にとって適切なのであれば、私は断固としてそうすることを光栄に思うだろう」とトランプ氏は語り、
また「ほとんどの政治家は、決して口にしないだろうが、適切な状況下でなら、彼と会うだろう」と発言した。

1953年の朝鮮戦争を中断した停戦協定の署名以来、どの米国大統領も北朝鮮政権と直接接触しておらず、
両国間のいかなる形の接触も制限されてきた。金正恩は父親が 2011年に死亡し、権力を握ってから、外国のリーダーと会ったことはなく、
(世界から)孤立した国を離れることはこれまで一度もなかった。(以上Bloomberg 2017/5/2参照)

「適切な状況」が何かについてトランプ大統領は明らかにしなかったが、金正恩委員長と会談するためには、
北朝鮮が多くの要件を満たす必要があると考えていると思われ、この会談が直ちに行われることは現在の状況では考えられない。

予測できない対応をするトランプ氏流の北朝鮮に対して、くりだしたジャブに過ぎないのかもしれない。
米国との直接対話を強く望んできた北朝鮮はトランプ大統領の投げたこの変化球にどう対応するだろうか?

なお、1年前の5月にも、米大統領選で共和党候補指名を確実にしたトランプ大統領は、北朝鮮の核開発阻止を目的に、
「彼(金正恩氏)と話すことに何の異存もない」と発言している。この金正恩委員長との会談に前向きな姿勢を示したことについて、
当時、北朝鮮高官は、選挙特有の「プロパガンダか宣伝」として否定的な考えを示していた。

トランプ大統領のこの発言に対する日本のネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links

トランプ氏の金正恩との会談発言に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

実際には、実現可能性は小さいであろうが、トランプ大統領の意外な提案に賛成するコメントが案外多い。
また、平和国家を掲げる日本なら、習近平に言われる前に安倍首相が、武力行使は思いとどまって、
話し合いで解決を図るべきと、トランプ大統領を説得すべきではとの意見もある。

武力行使を含めた北朝鮮制裁に全面支持を表明し、自衛隊との共同訓練を拡大するだけでなく、
安倍首相は、日本国民の安全について、トランプ大統領に言うべきことは言っているのであろうか?

安倍首相には、トランプ大統領が、突然米朝会談を実現させて、
梯子を外された日本だけが国際的に孤立するなどというとんでもない事態にならないように、
あらゆる事態を想定した政策推進を強く望みます。

■関連記事
北朝鮮ミサイル発射に橋下氏ツイート炎上!反応まとめ「認識不足では?」「いや正論」

北朝鮮もし戦争したら日本の被害想定は?東京の場合のシュミレーション

北朝鮮情勢で有事の備え金はどうなる?地政学的リスクとの関係と反応まとめ

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-8-25

    雄星2度目の2段モーション反則投球で大崩れ!なぜ修正できない?反応まとめ「とられてもしょうがない」「海外行ってノビノビやってくれ」

    西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦に続き、昨日のソフトバンク戦で、初回に2段モーション反則投球を指摘…
  2. 2017-3-11

    韓国野球WBC敗退後に2021年開催撤退へ!韓国の反応「最高の暗黒時代」「あらたに流入するファンをはじくことになる」

    WBCは各国の野球場を工面して試合を開催しているが、今回1次リーグ敗退の韓国は 実力だけでなく開催…
  3. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  4. 2017-2-4

    マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ「別名戦う修道士」「目が怖すぎる」

    トランプ大統領から国防長官に指名されたジェームズ・マティス氏が、狂犬と言われる理由はどこにあるのか?…
  5. 2017-5-17

    皇族との結婚の条件とその大変さとは?反応まとめ「神経使いそう~!」「いつも笑顔でいなきゃいけなさそう…」

    5月16日、秋篠宮眞子様の婚約が発表されました。 お相手の男性は元「湘南江の島 海の王子」で民間の…
  6. 2017-3-31

    朴槿恵前大統領ついに逮捕! 刑期は?反応まとめ「歴代大統領は全て悲惨な目に」「末路は余りにも惨め」

    罷免された朴槿恵前大統領が逮捕され、大統領経験者として3人目となる拘置所への収監となった。 その刑…
  7. 2017-9-27

    DeNA下園ら5人が来季構想外に悲痛の声!反応まとめ「悲しいなぁ」「まぁ思い切った」

    DeNAが、高崎健太郎投手(32)、林昌範投手(34)、下園辰哉外野手(32)、大原慎司投手(32)…
ページ上部へ戻る