ドゥテルテフィリピン大統領訪中を前にカルピオ判事の弾劾発言で姿勢を一変!反応まとめ「中国共産党のなすがまま」「裁定に封をした」

ドゥテルテ氏は18日からの中国訪問を前にして、16日南部ダバオの空港で、記者会見し、
これまでと姿勢を一変させて、中国との首脳会談で南シナ海問題を議題にする、と述べた。
資金援助などと引き換えに主権を放棄した場合、
「大統領は弾劾に値する」とのカルピオ最高裁判事の発言に対応した。反応もまとめました。

スポンサーリンク

ドゥテルテフィリピン大統領訪中を前にカルピオ判事の弾劾発言で姿勢を一変

すなわち、「(中国と領有権争いしている島は)我々の島であり、仲裁裁判所の判決を受け入れるよう主張し続ける」と述べ、
「領土に関して取引はできない」とし、「我々は(取引ではなく)ただ(中国と)話をすることを望む」と語った。

前日、フィリピン最高裁のカルピオ判事が、中国と主権を争う南シナ海のスカボロー礁について、
ドゥテルテ大統領が中国からの資金援助などと引き換えに主権を放棄した場合、
「大統領は弾劾に値する」と述べたことに対応した。
最高裁判事の発言については、「判事の言うとおりだ」と述べたとのことだ。

国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所は7月、南シナ海における
中国の権益主張を全面的に退ける判決を出した。
だが中国は「判決は紙くずだ」と受け入れを拒否している。

ドゥテルテ氏は就任後、米国との同盟関係を否定する発言を続ける一方、
中国に対しては融和的な姿勢を示していた。
中国が実効支配する南シナ海に対してドゥテルテ氏は権利主張に
消極的な姿勢を見せ、スカボロー礁の領有権問題について
「触れない」、「漁業をさせて、と中国に頼もう」などと発言していた。

フィリピン最高裁のカルピオ判事とは、どのような人物であり、
フィリピン国内でどれほどの影響力を持っているのであろうか?

アントニオ・カルピオ判事はダバオ生まれの66歳、ラモス大統領の首席大統領法律顧問となり、
アロヨ大統領から2001年に、52歳という最年少で最高裁判事に任じられ、
これまで15年間最高裁判事を務めている人物である。

西フィリピン海でフィリピンの領土と海洋主権を保護し、維持することを強い信条としており、
南シナ海に関するフィリピンの歴史的、法的な立場を説明するために、世界18カ国、28主要都市を訪問した。

以下は、昨年9月25日に、日本記者クラブで、カルピオ判事が中国の南シナ海への進出について
国際法や歴史の観点から講演し、記者の質問に答えた時の動画である。

最高裁判事が、外国まで出かけて講演するのは、珍しいのでは、ないかとの質問にも答えている(通訳あり)。

comment#_rnd1455955571172

したがって、カルピオ最高裁判事はフィリピンにおいて、法の番人として非常に権威ある人物であり、
さすがのドゥテルテ大統領もこの発言を無視できなかったと考えられる。

フィリピン国内では、弾劾裁判での当事者であるカルピオ最高裁判事が
このような発言をするのは、不当ではないかとの批判もある。

それにしても、国の最高責任者である大統領の発言が、そのときそのときで、
180度変わるのでは、国民はもちろん交渉する関係国も何を信じれば良いか分からない。
スポンサーリンク

彼の発言の揺れを大統領就任後、中国に関連するものに絞って見て行きましょう。

twitter
南中国海問題を適切に処理し、両国間の対話を再開し、両国関係を改善する
twitter
仲裁裁判所の判断を歓迎し、「強く支持し、尊重する」と述べたヤサイ外相を全面的に支持する
twitter
(ASEAN外相会議の)共同声明に地域(具体的にはスカボロー礁)を特定して中国の敵対的行為に対する懸念を表明すべきだ
twitter
中国当局者を怒らせるよりも外交的対話を続ける方が良い
(ASEAN首脳会議では)仲裁裁判所の判決について、自分から取り上げる考えはない。
twitter
いずれ中国と「落とし前」をつける時が来るだろう。中国が侵略しようとするなら、血を見ることになる。
twitter
(麻薬中毒者のためのリハビリ・センター建設資金供与について)中国が我々を助けてくれる。中国の厚意に対して感謝を述べたい
twitter
(訪中では)スカボロー礁の領有権問題について触れない
「(中国と領有権争いのある島は)我々の島であり、仲裁裁判所の判決を受け入れるよう主張し続ける」「領土に関して取引はできない」

目まぐるしくなるほどの、発言の揺れです。中国の網友(ネットユーザー)は、風見鶏、知的障碍者と評するほどで、
まったく信用していないようで、第2の北朝鮮となって、資金援助だけ獲得して、
中国の言うことを聞かなくなるのではと懸念しています。

ドゥテルテフィリピン大統領の中国に対する姿勢に関する海外(フィリピン)の反応を見てみましょう。

ドゥテルテフィリピン大統領の中国に対する姿勢に関する海外(フィリピン)の反応

Orang Besar:ドゥテルテのやり方では、以前の管理者が得てきたすべての利益を洗い流し、
ほとんどなくなってしまう、彼が共産国に行くのは途方もない大きさの災害となりそうだ。
21分前

….. Bong Magdalo:中国と話す前に少なくとも4錠の500mgのバイアグラを飲む必要がある
21分前

bonobojean:私はドゥテルテの力を祈っている…中国は、より多くを取ることなくして、弱いものに何も与えない..
32分前

Sid Marcel:彼は、国連、米国、欧州をすでにどうしようもなくした。
この仲裁裁定はもはや価値がない。ドゥテルテはすでに裁定に封をした。中国が勝った。
41分前

es911:ドゥテルテは我々を中国共産党のなすがままにしている。どんなに哀れなことか!
1時間前

(出典:Inquirer Net October 17, 2016コメント)

怖いもの知らずの、ドゥテルテ大統領も15年間在任しているカルピオ最高裁判事の発言は
無視できなかったのでしょう。カルピオ最高裁判事は、特に、南シナ海問題について、
国益を守る信念の人という印象を持ちます。
今まで沈黙していたフィリピンのインテリ層がこれを機会に発言し始めるのでしょうか?

これまでのドゥテルテ大統領の発言の揺れをみていると、
今回の発言もどこでどのように変わるか予断を許せません。

その場での感情に流されず、信頼される指導者でないと、
全世界が、その発言が変わるたびに、混乱させられます。

大統領に就任して、4か月たらず、そろそろ落ち着いてもと思います。
中国首脳会談後の月末の訪日をどのような状況で迎えることになるのか非常に心配されるところです。

なお、法の番人のカルピオ最高裁判事は、麻薬犯罪人の超法規的殺害に関して、
当然言いたいことが、山とあるのではと、その心中を察します。

■関連記事
ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応「大統領は風見鶏だ」「第2の北朝鮮になる」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  2. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  3. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  4. 長澤まさみが出演しているアンダーアーマーのCM動画でのダンスが「スゴイ!」と話題になっています。 …
  5. 米ホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任した。5月末から空席であった広報部長に 側近でウォール街の…
  6. 世界水泳2017競泳がいよいよ23日からブタペストで始まる。注目選手の決勝出場スケジュールと放送時間…

人気記事

  1. 2016-12-31

    内山高志の引退の3つの理由と反応まとめ「国内で飼いごろしされる器じゃない」「田口のモチベも下がる」

    毎年恒例となった内山高志選手の大晦日のタイトルマッチ。 しかし今年で見納めになるかもしれません。 …
  2. 2017-2-6

    長谷川豊氏の日本維新の会擁立による出馬はなぜ?反応まとめ「維新を応援する気がなくなった」「当選したらあきれる」

    フジテレビの元アナウンサーの長谷川豊氏が、次の衆院選に出馬することが報道されました。 日本維新の会…
  3. 2017-5-26

    カール販売中止はいつから?その理由と反応まとめ「なくなると思うと欲しくなる」「メルカリに並びそう」

    カールおじさんなどのキャラクターでもおなじみの明治のスナック菓子カールが中部から東の地域で販売を終了…
  4. 2017-1-26

    アパホテルを右翼と拡散される?CNN報道の海外の反応はかなり残念「日本はいつも嘘をつく」「国際的に証明されている」

    アパホテルの南京大虐さつ等を否定する本に関する騒動が起きていて、海外からも関心が寄せられています。 …
  5. 2016-11-26

    年金法案の内容と可決プロセスへの反応まとめ「また強行採決かよ」「確かに茶番劇だよな」

    年金制度改革法案が11月25日衆議院厚生労働委員会で与党などの 賛成で可決されました。その内容と可…
  6. 2017-4-30

    北朝鮮ミサイル発射に橋下氏ツイート炎上!反応まとめ「認識不足では?」「いや正論」

    29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  7. 2017-4-11

    浅田真央に国民栄誉賞は相応しくない?反応まとめ「父親のような気持ちで見てしまう」「荒川静香がもらえないのと矛盾する」

    2017年4月10日にブログで引退を発表した浅田真央選手。そんな浅田選手に対して様々な声が上がるなか…
ページ上部へ戻る