ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応「大統領は風見鶏だ」「第2の北朝鮮になる」

フィリピンのドゥテルテ大統領が18~21日にASEAN以外で訪問する初めての国として、
中国を公式訪問し、習近平国家主席らと会談する。南シナ海の仲裁判定を棚上げして、
中国とどのような関係を結ぶのか注目が集まっている。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応

大統領は10/25-10/27に決まっていた日本訪問の前に、中国の繰り返しの招待に
答えて今回訪問することを決めた。
日本のあと、おそらくロシアに行くと述べた。

彼が麻薬犯罪関連者3,300人以上を超法規的に殺害した行為を批判した米国に対し、
南シナ海における米国との共同パトロールをキャンセルし、
最終的には防衛協定を廃止し、完全に関係を切ると脅している。

また、麻薬戦争の人権についての懸念を表明する
バラク・オバマ米大統領を「売春婦の息子」と呼んだ。

一方、中国の習近平主席を「偉大な指導者」として称賛し、
彼の麻薬犯罪の取り締まりを讃える中国とロシアを賞賛した。

中国に不利な仲裁判定が出た後、ドゥテルテは判定を「愚弄することもまたは誇示すること」もせず、
この問題について中国と「ソフトランディング」を求めると誓っている。

マニラの中国大使は「雲は消えつつあり、太陽が地平線上に昇りつつあり、
両国関係の新しい章に美しく輝くだろう」と今月述べたということだ。 (2016/10/11Yahoo NEWS参照)

また。「訪中の際のキーポイントは、南シナ海問題に関して、やたら騒ぎ立てないということだ」と強調している。

経済協力を引き出そうと対中重視の姿勢を示すドゥテルテ氏と、
ドゥテルテ氏を取り込んで南シナ海問題での立場を強化しようと中国側との会談が注目される。

なお、訪中には中華系財閥など、約400人の企業関係者が同行すると言われている。

米国も、西洋民主主義にこだわり過ぎて、ほとんど失敗に終わったアラブの春を教訓に、
フィリピンへの対応をもう少し考えないと、地方政治家で、外交経験のない、ドゥテルテ大統領は、
以下のように、戦略的に近づいてきているしたたかな中国やロシアの思惑にはまってしまう。

・中国政府は、訪中前に、ドゥテルテ氏が推し進める「麻薬撲滅戦争」への支持を表明した。
・今月、フィリピン産バナナなどのこれまで行ってきた事実上の禁輸措置を解除した。
・中国によって。中国の支援による、高速鉄道や鉄道整備、病院とか、学校とか、発電所などインフラの改善を期待させている。
また、日本訪問前に、中国訪問を設定させたことにも意味があると思われる。

ドゥテルテ大統領中国訪問の日本の反応と海外(中国)の反応を比べて見ましょう。

ドゥテルテ大統領中国訪問に関する海外(中国)の反応

上海-皆不是:第2の北朝鮮になって、銭は歓迎するが、南シナ海裁定についての目的を達成するのに失敗したら、問題だ。
(注:北朝鮮は援助だけ受けて言うことを聞かない)
10月14日 21:09

小驿站:絶対、銭やその他の何かの利益を望んでいるのだ・・・例外なく
10月14日 20:10

红–猪:土着民が前言を翻しても本当かどうか分からない
10月14日 19:14

皮皮虾微博:もてあそばれないように。南シナ海問題を解決して初めて、経済協力をする。
10月14日 19:14
ñ赞
海洋真帝:フィリピン大統領は風見鶏(信念のない人間)だ。
10月15日 11:25

xuhe84:フィリピン人は知的障害だ。
10月15日 10:21

凑凑热闹好吧:永遠の敵などいないし、永遠の友もいない。。。。
10月15日 09:43

中国政府は、躍起になって、フィリピンを取り込もうとしていますが、
網友(ネットユーザー)は、フィリピンの態度がころころ変わることに冷めているようです。
以前からバナナ-土着民などと、フィリピン人を見下している言動が目立っています。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領中国訪問に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

フィリピンが永年同盟関係を結んで来たアメリカから、
中国、ロシアへとシフトしようとしているこの時期の、日本訪問である。
日本の役割は非常に大事である。

中国の南シナ海や東シナ海への進出を食い止めたい日本にとって、
安倍首相が訪中後のドゥテルテ大統領にどのように対応するかを注視してゆきたい。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2017-1-17

    潘基文の10億円返すべき発言等に韓国の反応は?「機会主義者とでもいうべきか」「欲のために前進する人」

    英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  2. 2016-12-21

    水泳、ランニング、テニスなど6種のスポーツのうち健康に効果があるのは?なぜそんな結果が?実体験を踏まえ考えてみた!

    健康のためにもっとも効果的なスポーツはサイクリング、水泳、エアロビックス、 ランニング、テニス、フ…
  3. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  4. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
  5. 2016-11-17

    サリーモーガンの日本の未来予知YATITの意味解読をまとめ

    水曜エンタでイギリスの超能力者サリーモーガンが日本の未来の予知をしたところ、 「YATIT」という…
  6. 2017-1-11

    トランプ就任の日本時間日程と為替の動きの反応「会見で暴落、就任で暴騰予想」「本当のトランプショックはこれから」 」

    トランプ次期大統領の就任日である1月20日が刻々と近づいています。 トランプ就任日に何かが起こりそ…
  7. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
ページ上部へ戻る