ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応「大統領は風見鶏だ」「第2の北朝鮮になる」

フィリピンのドゥテルテ大統領が18~21日にASEAN以外で訪問する初めての国として、
中国を公式訪問し、習近平国家主席らと会談する。南シナ海の仲裁判定を棚上げして、
中国とどのような関係を結ぶのか注目が集まっている。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応

大統領は10/25-10/27に決まっていた日本訪問の前に、中国の繰り返しの招待に
答えて今回訪問することを決めた。
日本のあと、おそらくロシアに行くと述べた。

彼が麻薬犯罪関連者3,300人以上を超法規的に殺害した行為を批判した米国に対し、
南シナ海における米国との共同パトロールをキャンセルし、
最終的には防衛協定を廃止し、完全に関係を切ると脅している。

また、麻薬戦争の人権についての懸念を表明する
バラク・オバマ米大統領を「売春婦の息子」と呼んだ。

一方、中国の習近平主席を「偉大な指導者」として称賛し、
彼の麻薬犯罪の取り締まりを讃える中国とロシアを賞賛した。

中国に不利な仲裁判定が出た後、ドゥテルテは判定を「愚弄することもまたは誇示すること」もせず、
この問題について中国と「ソフトランディング」を求めると誓っている。

マニラの中国大使は「雲は消えつつあり、太陽が地平線上に昇りつつあり、
両国関係の新しい章に美しく輝くだろう」と今月述べたということだ。 (2016/10/11Yahoo NEWS参照)

また。「訪中の際のキーポイントは、南シナ海問題に関して、やたら騒ぎ立てないということだ」と強調している。

経済協力を引き出そうと対中重視の姿勢を示すドゥテルテ氏と、
ドゥテルテ氏を取り込んで南シナ海問題での立場を強化しようと中国側との会談が注目される。

なお、訪中には中華系財閥など、約400人の企業関係者が同行すると言われている。

米国も、西洋民主主義にこだわり過ぎて、ほとんど失敗に終わったアラブの春を教訓に、
フィリピンへの対応をもう少し考えないと、地方政治家で、外交経験のない、ドゥテルテ大統領は、
以下のように、戦略的に近づいてきているしたたかな中国やロシアの思惑にはまってしまう。

・中国政府は、訪中前に、ドゥテルテ氏が推し進める「麻薬撲滅戦争」への支持を表明した。
・今月、フィリピン産バナナなどのこれまで行ってきた事実上の禁輸措置を解除した。
・中国によって。中国の支援による、高速鉄道や鉄道整備、病院とか、学校とか、発電所などインフラの改善を期待させている。
また、日本訪問前に、中国訪問を設定させたことにも意味があると思われる。

ドゥテルテ大統領中国訪問の日本の反応と海外(中国)の反応を比べて見ましょう。

ドゥテルテ大統領中国訪問に関する海外(中国)の反応

上海-皆不是:第2の北朝鮮になって、銭は歓迎するが、南シナ海裁定についての目的を達成するのに失敗したら、問題だ。
(注:北朝鮮は援助だけ受けて言うことを聞かない)
10月14日 21:09

小驿站:絶対、銭やその他の何かの利益を望んでいるのだ・・・例外なく
10月14日 20:10

红–猪:土着民が前言を翻しても本当かどうか分からない
10月14日 19:14

皮皮虾微博:もてあそばれないように。南シナ海問題を解決して初めて、経済協力をする。
10月14日 19:14
ñ赞
海洋真帝:フィリピン大統領は風見鶏(信念のない人間)だ。
10月15日 11:25

xuhe84:フィリピン人は知的障害だ。
10月15日 10:21

凑凑热闹好吧:永遠の敵などいないし、永遠の友もいない。。。。
10月15日 09:43

中国政府は、躍起になって、フィリピンを取り込もうとしていますが、
網友(ネットユーザー)は、フィリピンの態度がころころ変わることに冷めているようです。
以前からバナナ-土着民などと、フィリピン人を見下している言動が目立っています。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領中国訪問に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

フィリピンが永年同盟関係を結んで来たアメリカから、
中国、ロシアへとシフトしようとしているこの時期の、日本訪問である。
日本の役割は非常に大事である。

中国の南シナ海や東シナ海への進出を食い止めたい日本にとって、
安倍首相が訪中後のドゥテルテ大統領にどのように対応するかを注視してゆきたい。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2017-2-14

    イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

    トランプ米大統領が、訪米中のトルドーカナダ首相と米加両国の女性実業家らと開いた会合に、 イヴァンカ…
  2. 2017-1-27

    ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

    ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標権を大阪府内の無関係の企…
  3. 2016-10-3

    週休3日制のデメリットは?ネットの反応をまとめてみた「優秀な人だったら」「無理」「給料減りそう」

    最近、ヤフーが、週休3日制を導入することを検討しているというニュースが話題になっています。 数年以…
  4. 2016-10-20

    土人発言擁護はなぜ?その意味とネットの反応「プロ市民の癖に」「反対派も酷い発言」

    大阪府警の警官が「土人」と発言した事を大阪府の松井知事がTwitterで擁護した事に対して波紋が広が…
  5. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  6. 2016-10-2

    松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

    松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。 結果は大乱調...。甲子園のヒーローでそ…
  7. 2016-10-14

    タイの王位継承するワチラロンコン皇太子の素行に国民が大きな不安!反応まとめ

    13日、タイ王室は、プミポン国王が88歳で死去したと発表した。 王位継承はワチラロンコン皇太子(6…
ページ上部へ戻る