ノバルティスの高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決!なぜ?反応まとめ「”斬新”過ぎる法判断」「製薬会社はやりたい放題では」

ノバルティスファーマとその元社員が、京都府立医科大学で行われた高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究で、
データを改ざんして、虚偽の論文を発表させた薬事法違反の事件に対し、東京地裁は、改ざんを認定しながら、
両者に無罪判決を言い渡した。なぜなのか?ネットの反応もまとめた。

スポンサーリンク

ノバルティスの高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決!なぜ?反応まとめ

東京地裁は、判決で「(ノバルティスファーマの元社員)白橋被告は改ざんを重ね、薬の有用性を示す論文発表に大きく関与した」と、
改ざんを認定したものの、「論文を作成し、学術雑誌に掲載してもらう行為が、購入意欲を喚起させる手段とはいえない」として、
旧薬事法第66条(誇大広告等)1項の誇大広告には当たらないと無罪を言い渡した。

該当する薬事法の条項は以下である。

第六十六条  何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、
明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

判決では「同雑誌の性格や掲載に至る経緯、論文の体裁、内容等を客観的にみると、
研究成果の発表行為として理解される一般の学術論文の学術掲載と異なるところはなく、
それ自体が購入意欲を喚起・昂進させる手段としての性質を有するとは言い難い」と説明している。

この事件は、ディオバン事件として有名であり、5つの大学が関与していたうちの1つである(Wikipedia & http://diovan-novartis.blogspot.jp/ 参照)。

ディオバン事件の全体像

高血圧症治療薬は、一度飲み始めると、一生飲む服用する必要があり、医薬メーカーにとっては、
一時的に使われる感染症薬に比べて、売り上げ、利益への寄与が大きい。

しかし、この分野は競合薬も多く、ノバルティスはディオバンを、高血圧症治療以外の効能を宣伝して、
他との差別化を図り、売り上げを伸ばすことを意図したと思われる。
そのため、多額の奨学寄附金を各大学に贈って医師主導臨床試験で、好ましい結果を得ようとしたと推測される。

確実に好ましい結果を得るために、そこに、統計解析者としての
専門家の社員の白橋氏を送り込み、結果として出た研究データの改ざんを行った。

論文には、白橋氏の名前もあったが、ノバルティスファーマ社員であることを明示せず、
大阪市立大学大学院の統計解析者等として載っていたため、
後に、利益相反関係にあるとして問題となり、論文の投稿者名の取り消しなどの処置がされた。

最初にディオバンの効果を英医学誌Lancet誌に発表した東京慈恵会医科大学の責任は大きいと思われるが、
京都府立医科大学が訴えられた時点で、既に時効ということで、訴追されなかった。

これから考えると、多額の販売促進のための資金を持つ医薬メーカーが、
研究費を得たい多くの医科大学の臨床研究に入り込んで、同じようなことをしている疑いがあるのではと疑わざるをえない。

スポンサーリンク

高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決に関するネットの反応

研究不正が罪に問われないことに、疑問、不満を表しているコメントがほとんどです。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

巨額の研究奨励金を出すのは、この薬に別の薬効があるなど、
他の薬と差別化を図って売り上げを伸ばすことを目的としていると素直に考えられる。

判決は、単に、法律の文言解釈だけをしていて、
立法の趣旨を勘案していないのではないか?

これでは、小保方事件など、罪に問われる可能性などなかったのかと改めて思います。

法整備はもちろん医科大学と医薬メーカーの関係を今後もっと透明なものにする必要があります。

■関連記事
中国で子供の才能遺伝子検査が大流行!なぜ?反応まとめ「選択肢を決め付け」「当たるもハッケ」

最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?

小野薬品のがん免疫薬オプジーボの薬価はほんとうに高すぎるのか?反応まとめ「製薬会社の開発意欲が削がれる」「国民の税金がむしりとられているだけ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2017-4-26

    中国サイトに日本企業の機密文書が公開!その実態は?反応まとめ

    中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  2. 2016-10-5

    堀琴音姉妹の評価は?反応をまとめ「悲劇のヒロインやわ」「プロが泣いている場合でない」

    10月2日の日本女子オープンゴルフ選手権で惜しくも優勝を逃した堀琴音選手。 実はお姉さんもゴルフ選…
  3. 2017-4-1

    羽生結弦世界選手権フリー逆転V!海外の反応「氷の天才」「オリンピックの支配者となるだろう」

    羽生結弦選手が2017年フィギュアスケート世界選手権フリーにて5位から1位に逆転となる世界最高得点で…
  4. 2017-5-12

    村田諒太世界戦5月20日の放送予定と反応まとめ「海外からは厳しい声」「豪快な一発を」

    ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBAミドル級2位の村田諒太(31)が、 暫定王者(…
  5. 2017-2-15

    フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」

    国家安全保障担当米大統領補佐官フリン氏が政権発足1月未満で辞任し、トランプ政権に大きな打撃を与えた。…
  6. 2017-5-17

    眞子様一時金1億円は高い?安い?への反応まとめ

    2017年5月16日、秋篠宮眞子様が民間男性とご婚約される見通しになったとの報道がありました。 皇…
  7. 2017-3-13

    サルマン国王来日のホテルはどこ?各所で異例の満席!反応まとめ「エスカレーターが自前だと!?」「1兆円買い物していって」

    3月12日からサウジアラビアの国王であり、兼首相であるサルマン国王が来日しています。 サルマン国王…
ページ上部へ戻る