ノーベル賞2016、日本人受賞者3名を大胆予想!!その根拠はどこに?

2016年のノーベル賞受賞の発表が、10月4日から行われます。過去の実績時期との関係を使って、
各種予想で出ている自然科学系の研究者20名から、3名に絞った。その根拠について、以下に述べます。

Sponsored Links

ノーベル賞2016、日本人受賞者3名を大胆予想!!その根拠はどこに?

自然科学系受賞者の発表時間は以下となっている。

生理学・医学:10月3日(月)11:30(日本時間18:30)
物理:10月4日(火)11:45(日本時間18:45)
化学:10月5日(水)11:45(日本時間18:45)

国際情報企業「トムソン・ロイター」は9月21日に、ノーベル賞受賞に値する研究者として、
医学生理学で本庶佑氏、化学で前田浩氏と松村保広氏の3人の日本人を含む24名を発表した。

ここでは、2000年以降の重要論文を発表した年から受賞に至る年月を計算し、
平均を取ってみた(Wikipedia参照)。

これまでの日本のノーベル賞受賞者の、主たる業績発表と受賞年表

すなわち、後の自然科学界に大きな影響を与えた論文発表が、その後世界の科学者の注目を浴び、
大きな科学の発展の潮流となり、その論文が評価されるためにはそれなりの年月が必要だと考えたためである。

この年月以上に年月が経過したものは、最適の受賞時期を逃して、その年の受賞としては、
新鮮さがなくなっているのではと考えた。
もちろんより、若い研究者の受賞に伴う共同受賞者としての可能性は残る。

この仮説は、研究分野や研究の中身で、異なってくるではあろうが、
ここは大胆に、平均を取ってみた。結果は27年と出た。
すなわち2016年のノーベル賞受賞者は、1989年前後にその分野に
インパクトを与えることになる業績を上げた研究者である確率が高いとした。

今年の日本のノーベル賞受賞候補者の、主たる業績発表年

トムソン・ロイター等の受賞者予測(経済賞、文学賞を除く)を含む日本の物理、化学、生理・医学分野での
各種予想で名前が出ている20名について、この仮説を適用したところ、
オートファジーを発見した生理・医学分野の大隅良典 、物理分野で電子型高温超伝導体を開発した十倉好紀
低雑音光増幅器 EDFAを開発したの中沢正隆各氏が該当する。

前後2年を入れると、金の触媒活性を開発した春田正毅氏、
先のオートファジーがらみの水島昇氏にカーボンナノチューブを開発した飯島澄男氏が付け加わることになる。

果たして結果はどうであろうか?

Sponsored Links

ノーベル賞2016、日本人受賞者予測に関する日本の反応

<

もうすぐノーベル賞の季節。日本人が受賞した時に、それをわが事の様に誇ったり、褒め称えたりするだけではなく、受賞者の研究分野に対する国の支援状況や後進の研究者たちの現在の研究環境についても目を向けて欲しいと思う。特に、何でも「金の無駄」と言う緊縮・デフレマインドの人たち。

— 井上リサ☆只見川紀行・秋 (@JPN_LISA) 2016年9月29日


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

2000年以降の自然科学系のノーベル賞受賞した日本人は米国についで2位を誇っている。
各受賞者がポイントとなる業績を上げた時期は、1件を除けば、1973年から1987年に集中している

1972年以前は、大学紛争で、大学での基礎研究を精力的に行う雰囲気がなかった影響かもしれない。

今回重要な年とした1989年より後の実績で、これからも日本の受賞者が続くのかどうかが予測される。

気になるのは、この後、1990年の大学院重点化、2003年のオーバードクターの社会問題、
2004年の国立大学法人化などの大学改革が行われ、その効果、影響がどのように、
日本の研究環境を変えたかという点である。

法人化により、今まで割り当てられていた国家予算が、
削られ、自分たちで、稼げとなった時に、
特に基礎研究がどのようになったかが懸念される。

その結果は、今後2020年、2030年以降に、はっきりしてくるだろう。

■関連記事
ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-3-11

    韓国野球WBC敗退後に2021年開催撤退へ!韓国の反応「最高の暗黒時代」「あらたに流入するファンをはじくことになる」

    WBCは各国の野球場を工面して試合を開催しているが、今回1次リーグ敗退の韓国は 実力だけでなく開催…
  2. 2016-12-1

    OPEC原油減産を合意!なぜ?反応まとめ

    OPECは30日、ウィーンでの総会で、低迷する原油価格の押し上げに向け 日量120万バレル規模の原…
  3. 2017-5-19

    村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

    村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。 プロデビュー時からずっと変わらないので…
  4. 2017-2-24

    投球なし敬遠のルール内容とは?反応をまとめてみた「そのうちホームランも歩かない?」「大リーグ終わりの始まりだ」

    大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  5. 2017-1-22

    反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

    アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  6. 2017-5-2

    陸上の世界記録白紙を欧州陸連が提案し炎上!その反応まとめ

    欧州陸連が提案した世界記録白紙案が波紋を呼んで一部炎上しています。 果たしてどういう経緯でこのよう…
  7. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
ページ上部へ戻る