ノーベル賞2016、日本人受賞者3名を大胆予想!!その根拠はどこに?

2016年のノーベル賞受賞の発表が、10月4日から行われます。過去の実績時期との関係を使って、
各種予想で出ている自然科学系の研究者20名から、3名に絞った。その根拠について、以下に述べます。

スポンサーリンク

ノーベル賞2016、日本人受賞者3名を大胆予想!!その根拠はどこに?

自然科学系受賞者の発表時間は以下となっている。

生理学・医学:10月3日(月)11:30(日本時間18:30)
物理:10月4日(火)11:45(日本時間18:45)
化学:10月5日(水)11:45(日本時間18:45)

国際情報企業「トムソン・ロイター」は9月21日に、ノーベル賞受賞に値する研究者として、
医学生理学で本庶佑氏、化学で前田浩氏と松村保広氏の3人の日本人を含む24名を発表した。

ここでは、2000年以降の重要論文を発表した年から受賞に至る年月を計算し、
平均を取ってみた(Wikipedia参照)。

これまでの日本のノーベル賞受賞者の、主たる業績発表と受賞年表

s_20161003%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab%e5%8c%96%e5%ad%a6%e8%b3%9e1

すなわち、後の自然科学界に大きな影響を与えた論文発表が、その後世界の科学者の注目を浴び、
大きな科学の発展の潮流となり、その論文が評価されるためにはそれなりの年月が必要だと考えたためである。

この年月以上に年月が経過したものは、最適の受賞時期を逃して、その年の受賞としては、
新鮮さがなくなっているのではと考えた。
もちろんより、若い研究者の受賞に伴う共同受賞者としての可能性は残る。

この仮説は、研究分野や研究の中身で、異なってくるではあろうが、
ここは大胆に、平均を取ってみた。結果は27年と出た。
すなわち2016年のノーベル賞受賞者は、1989年前後にその分野に
インパクトを与えることになる業績を上げた研究者である確率が高いとした。

今年の日本のノーベル賞受賞候補者の、主たる業績発表年

s_20161003%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab%e5%8c%96%e5%ad%a6%e8%b3%9e2

トムソン・ロイター等の受賞者予測(経済賞、文学賞を除く)を含む日本の物理、化学、生理・医学分野での
各種予想で名前が出ている20名について、この仮説を適用したところ、
オートファジーを発見した生理・医学分野の大隅良典 、物理分野で電子型高温超伝導体を開発した十倉好紀
低雑音光増幅器 EDFAを開発したの中沢正隆各氏が該当する。

前後2年を入れると、金の触媒活性を開発した春田正毅氏、
先のオートファジーがらみの水島昇氏にカーボンナノチューブを開発した飯島澄男氏が付け加わることになる。

果たして結果はどうであろうか?

スポンサーリンク

ノーベル賞2016、日本人受賞者予測に関する日本の反応

<

もうすぐノーベル賞の季節。日本人が受賞した時に、それをわが事の様に誇ったり、褒め称えたりするだけではなく、受賞者の研究分野に対する国の支援状況や後進の研究者たちの現在の研究環境についても目を向けて欲しいと思う。特に、何でも「金の無駄」と言う緊縮・デフレマインドの人たち。

— 井上リサ☆只見川紀行・秋 (@JPN_LISA) 2016年9月29日


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

2000年以降の自然科学系のノーベル賞受賞した日本人は米国についで2位を誇っている。
各受賞者がポイントとなる業績を上げた時期は、1件を除けば、1973年から1987年に集中している

1972年以前は、大学紛争で、大学での基礎研究を精力的に行う雰囲気がなかった影響かもしれない。

今回重要な年とした1989年より後の実績で、これからも日本の受賞者が続くのかどうかが予測される。

気になるのは、この後、1990年の大学院重点化、2003年のオーバードクターの社会問題、
2004年の国立大学法人化などの大学改革が行われ、その効果、影響がどのように、
日本の研究環境を変えたかという点である。

法人化により、今まで割り当てられていた国家予算が、
削られ、自分たちで、稼げとなった時に、
特に基礎研究がどのようになったかが懸念される。

その結果は、今後2020年、2030年以降に、はっきりしてくるだろう。

■関連記事
ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  3. 慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  4. 英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  5. 1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…

人気記事

  1. 2016-10-31

    木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

    バレーボールの木村沙織選手が引退を表明し、世間でちょっとした話題になっています。 彼女のプレーには…
  2. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
  3. 2016-12-28

    世界で最も美しい顔100人全員が発表!審査基準はどうなってる?海外の反応まとめ

    毎年話題になる世界で最も美しい顔100人全員が選出されました。 いやはや美人ばかりですが、いったい…
  4. 2016-11-13

    TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ

    「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言しているトランプ大統領誕生で、アメリカのTPP批准はなく…
  5. 2017-1-11

    トランプ就任の日本時間日程と為替の動きの反応「会見で暴落、就任で暴騰予想」「本当のトランプショックはこれから」 」

    トランプ次期大統領の就任日である1月20日が刻々と近づいています。 トランプ就任日に何かが起こりそ…
  6. 2016-11-29

    鳥インフルエンザ 2016全国感染の韓国から日本へ?反応まとめ

    2016年11月21日に感染届け出後、韓国全国に広がった鳥インフルエンザが、 渡り鳥を介して日本に…
  7. 2016-11-8

    イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

    高等法院がEU基本条約第50条を発動してEU離脱交渉を開始するには、 議会の承認が必要だという判決…
ページ上部へ戻る