ハッシュタグ(#)Me Too セクハラ告発キャンペーン日本にも到来!男性も女性もツイッターで拡散社会現象

アメリカのハリウッドや映画業界での告発により話題となっていたセクハラ問題にて多くの映画監督や業界地位の高い人たちが社会的地位を追われています。そんな告発をした被害者たちが続々と名をあげ「沈黙を破った人たち」としてアメリカのタイム誌の表紙に選ばれました。

このように#MeTooのセクハラ告発キャンペーンは社会現象を生み出しています。

MeTooの発端の出来事は?

ハリウッドでの告発が事の発端を示しています。
大物映画プロデューサーのハービー・ワインスタインが過去30年近くに及ぶセクハラを行っていることが発覚しました。彼は、多くの女優にセクハラ被害を与えており、アメリカにも日本にも社会的衝撃を与えました。告発の連鎖がすぐに広がり、大物女優のアンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウなども相次いでセクハラを受けたことを告発しました。

その告発の内容には、女性を脅している音声を録音したものが表へ流されたり、SNSにての拡散が止まらなかったりなど大きなスキャンダルとなってしまいました。
20人以上もの女優へ対しレイプや性的行為の強要を行っていたようです。
この事態を受け、これは明らかな事件であるとし、罪を問われる恐れもあることが分かっています。

この事件は、セクハラがあったということが大元の問題ですが、あまりにも有名なプロデューサ―であったため、プロデュースを受けた俳優や女優までもを巻き込む大惨事となってしまいました。

一部の若い女優に関しては「なぜ告発しないのか」と批判の声も上がっているようです。

告発をした有名人たち

俳優、映画ディレクターのベン・アフレックは、女優のヒラリー・バートンからセクハラを受けたと暴露され、それに便乗した被害を受けた様々な著名人が告発をしています。その他スポーツ界では、元アメリカサッカー代表の女子選手ホープ・ソロが、国際サッカー連盟会長ゼップ・ブラッターにセクハラを受けたことを明らかにしています。

政界でもこのセクハラ告発キャンペーンが拡散され、元ブッシュ大統領も93歳の今になって少なくとも8人の女性からセクハラ被害を告発されています。
ハリウッド業界だけではなく、スポーツ界、さらには政界までにもMeTooの運動は広まっています。

この告発、とどまることを知らずついには日本にまでもセクハラ問題として話題を散らしています。

日本でも拡散されるMeTooの活動

今回話題炎上となったのが、ブロガーで作家のはあちゅうさんです。
電通のトップクリエーターをしてでいた男性Kよりセクハラ被害を受けたことを#MeTooに乗っかり告発しました。
彼女は実名にて告発をし、さらには2010年のころに受けたセクハラ被害をこのタイミングで行ったことに世間から批判の声を浴びせられています。

はあちゅうさんは過労自殺を図った元電通社員の女性の事件をニュースで聞いて消化しきれない思いでいっぱいだったそうです。自分は退社したけれどそんな環境でも必死に働いている人がいることに心を痛めていました。

このままセクハラのある事実を放っておいていいのだろうかという思いがあり告発に至ったそうです。

はあちゅうさんのように他にも日本でMeTooの活動が拡散されているのが見受けられます。

まとめ

#MeTooによる運動これだけの影響力を与えています。
しかし忘れてはいけないのが、必ずしも男性の立場が上で女性の立場が下、そこにセクハラが発生すると思い込んではいけないことです。
立場が反対の例もあります。女性だから男性だからといった表現がなくなるといいですが、やはりなかなか厳しい世界です。

何に対しても言えることが、周りの人が見て見ぬふりをしないことです。それが今取れる一番の策だと思います。
この告発キャンペーンによって助けられる人々はたくさんいると思います。

少しでもセクハラ被害を受けた人にとって気持ちが軽くなるといいですね。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-2-3

    メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に強烈な放射線の黒い塊が!6年近く経っても調査の目途さえ立たず!反応まとめ

    カメラ調査で、メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に、 人が1分もせずに死亡するほ…
  2. 2017-3-13

    石嶺香織市議の経歴は?フェイスブック炎上の理由と反応まとめ

    石嶺香織市議の発言が物議を醸しています。 米軍に対する批判的発言なのですが、なぜこのような発言をし…
  3. 2017-10-9

    データ改ざん事件を神戸製鋼が三度も!なぜ?反応まとめ「恥ずかしくないか?」「日本の物づくりの危機」

    神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  4. 2017-1-3

    国際指名手配されていた崔順実(チェ・スンシル)の娘チョンユラが、デンマークで逮捕!反応まとめ「国民のうっぷん晴らし」「国際手配されるようなことをしたのか」

    韓国の特別検察チームが、国際刑事警察機構に国際逮捕手配(赤手配)を要請していた崔順実(チェ・スンシル…
  5. 2016-12-25

    世界最低レベルの受動喫煙対策強化なるか?厚生労働省案に猛反発!なぜ?

    東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は最近、受動喫煙対策強化案を示し、 飲食店や駅・…
  6. 2017-1-30

    廃刊!?NYタイムズのトランプ批判が逆鱗に触れた内容は?海外の反応「米を第一に考えているリーダー」「実際移民はリスクがある」

    1月30日トランプ大統領は自身のtwitterで「ニューヨークタイムズは正しく経営するか、廃刊すれば…
  7. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。