バルサCL史上初の4点差大逆転の反応まとめ「神を見た」「パリは油断したのか?」

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2nd legにて、
FCバルセロナ(以下バルサ)がCL史上初となる4点差をひっくり返してパリ・サンジェルマンに大逆転勝利を収めました。
今回は、バルサの大逆転勝利の内容とCL史上初の記録についてまとめていきたいと思います。

バルサCL史上初の4点差大逆転の反応まとめ

バルサ大逆転の内容

試合は開始早々、バルサが相手を押し込む展開となります。
前半2分、相手ゴール前で混戦となると浮き球をルイス・スアレスが頭で押し込み1点目を決めます。
その後コーナーキックやフリーキックのチャンスを活かしきれない状況が続きましたが、ミドルシュートなどで果敢にゴールを狙っていきます。

そして前半40分、エリア内左に抜け出したアンドレス・イニエスタが中央にヒールで折り返すとGKが弾いたボールが味方DFに当たりそのままオウンゴール。2点目を奪うことに成功します。

今度は後半開始早々にイニエスタのパスに抜け出したネイマールがGKに倒されてPKを獲得。キッカーのリオネル・メッシがゴール左に強烈なシュートを叩きこみ3点目を決め1点差まで追い上げます。
そして1点差まで追いつかれてしまったパリ・サンジェルマンは後半10分にディ・マリアを投入。そこから立て直しついにカバーニが貴重なアウェーゴールを奪います。

その後は打ち合いが続きますがお互いにチャンスをものにできません。そして後半42分ネイマールがフリーキックを左隅に突き刺し4点目を決めます。さらにその直後の後半44分、スアレスがエリア内で倒されPKを獲得。キッカーはネイマールが務めゴール右に蹴り5点目獲得です。

アウェーゴールの差であと1点が必要なバルサはついに後半アディショナルタイムに奇跡の逆転に成功。ネイマールがエリア中央に浮き球のパスを送るとセルジ・ロベルトが飛び込んで合わせ6点目のゴールを挙げました。そのまま試合は終了。4点もの大差を覆したバルサはCL決勝トーナメント準々決勝へと駒を進めました。

CL史上初の記録とは?

今回のバルサの1st legでの4点差を覆しての勝利はCL史上初の記録でした。
今まで4点差を喫したチームは必ず負けていたのです。

この記録を打ち出せたのはMSN(メッシ・スアレス・ネイマール)と呼ばれる強力な3トップが全力を出し切れたからでしょう。
あの攻撃を守りきれるチームは世界中でもごく僅かだと思います。

バルサのCL史上初の4点差大逆転のネットの反応

twitter
マジですごい。それしか言えない
twitter
すごいものを見てしまった
twitter
バルサがすごかったのは確かだけどパリがあまりにもひどすぎ
twitter
どうしてパリは普通に戦わなかったんだろう
twitter
神を見た夜。パリはゲームプランに問題があった
twitter
もしPSGファンならブチ切れてる(笑)
twitter
PSGは油断したのかな?
twitter
カバーニのゴールが決まった時は終わったと思った
twitter
底力が違うな
twitter
最近のCLって大味な試合が多いな
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00560569-soccerk-socc

史上初の大逆転を達成したバルセロナ。彼らの攻撃がすごかったのは確かですが、
冷静なゲームメイクができなかったパリ・サンジェルマンにもかなり問題があった試合でした。
監督が代わって間もない時期なので仕方ないところはあると思いますがさすがにあれは酷すぎます。

そして個人的にはバルサの今後が心配です。
今回は相手のミスなどで運よく逆転できましたが、準々決勝以降は優勝候補のチームとの戦いの連続になるでしょう。
バルサを知り尽くした名将を有したチームもたくさんいますし、準々決勝であっけなく負けてしまうこともあり得ます。
決してバルサは最強のチームではないと思いますし、現在の守備面の課題やMSNに頼りきった攻撃を改善しなければ昨シーズンのように敗退してしまうでしょう。
さてどうなるでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-10

    加計学園獣医学部認可の問題文書を再調査なぜ?反応まとめ

    松野博一文科相が、加計学園の獣医学部認可問題に関する文書の再調査について、これまで一貫して、 不要…
  2. 2017-8-4

    メロン除草剤事件の犯人と犯行の理由は?反応まとめ

    8月3日、北海道富良野市の「寺坂農園」が生産しているメロンの一部に除草剤がかけられ、 その後全滅し…
  3. 2016-11-10

    トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

    トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行…
  4. 2017-10-2

    立憲民主党はロシアを彷彿させるネーミング?理由と反応まとめ「わかりやすくていい」「筋が通ってて気持ちがいい」

    民進党の枝野代表代行が新党の党名を「立憲民主党」とする方針で調整すると発表しました。 立憲民主党と…
  5. 2017-8-7

    松山英樹が世界ランキング暫定1位に!海外の反応まとめ

    松山英樹がブリヂストン招待で圧巻の逆転優勝を果たし、世界ランキング暫定1位となりました! 松山英樹…
  6. 2017-1-29

    尖閣諸島が日米安保適用確認される見込み 中国の反応は?「伝統的なアプローチだな」「トランプは米中関係をどうするかな」

    トランプ政権で国務長官を務めるマティス国務長官が沖縄の尖閣諸島について 「対日防衛義務を定めた日米…
  7. 2017-2-2

    GPIFを米インフラに投資の報道に炎上!反応まとめ「年金は総理の財布じゃない」「外交ツールか」

    2月10日の日米首脳会談で、公的年金のGPIFが米国のインフラ事業に投資するという提案を提出すること…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。