ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、
大統領選の世論調査で、ドナルド・トランプが、ヒラリー・クリントンを急速に追い上げていた。
昨日FBIのコミー長官は調査の結果、問題なしとして、
7月時点の結論は変わらず、クリントンの訴追を求めないと発表した。
スポンサーリンク

ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ

コミー長官は議会への書簡で、新たに見つかったメールをFBIの捜査班が24時間体制で点検し、
クリントンが国務長官在任時に受信・送信したすべての通信を精査した結果、
不起訴とした前回7月の決定を維持する方針を明らかにした。

FBIは7月に、クリントンの私用メールの扱いについて「極めて不注意だった」としながらも、
意図的に違法行為をした「明確な証拠はなかった」として、起訴しない方針を表明していた。

なぜ、FBIは大統領選直前に、追加捜査を発表し、大統領選を混乱に陥れた後、
わずかその9日後に、問題なかったとの発表をしたのか?

まさかのトランプ当選が現実になるかもと、28日の追加捜査報道に振り回されてきた
米国選挙民と外交経済で大きな影響を受ける懸念のある日本国民の反応を見てみましょう。

ヒラリーのメールに問題なしとのFBI発表に関する海外の反応

twitter
我々はコミー長官がまたしても、クリントンの釣り針を外したのを信用できる?混乱している。
twitter
FBI 長官 コミーチームは 55,000のクリントンの電子メールを確認するのに、約 15ヶ月要したのに、650,000 電子メールをレビューするのが9日間だった。これは不正に操作されたシステムだ。
twitter
Ha-Ha Clinton Dix(フットボール選手)は今日これまでのところコルトの最高のパスの受け手だった。
twitter
「FBI 長官コミー」あなたの辞職を望みます。 ヒラリー ・ クリントンは彼女のメールにあるように背信を犯した。誰があなたに賄賂を使ったの?
twitter
バカなFBI長官コミーがまたしても電子メール(の泥沼)からクリントンをクリアにした!我々の政府は壊れている。トランプが沼の水を抜き取る必要がある。

 

当然ながら、トランプ支持者からのコメントが多いようで、コミーFBI長官への不信感を露わにしています。

スポンサーリンク

メールに問題なしとの発表に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本でも時期を含め、FBI発表に対する疑問が多いようです。

FBIは追加捜査発表の大統領選のへの予想を超えた反響に驚いたのでしょうか?
追加調査が徹夜でやったとはいえ、わずか9日で、終わるなら、
調査してから発表しても良かったのではと思われます。

両陣営とも、2度の発表の意図とタイミングの裏に何かあるのではと疑ってしまいます。
これが結論なら、報道に振り回された米国民、日本国民はいい迷惑です。

ヒラリー有利になったとしても、まだまだ大統領選の結果が出るまで、油断はできません。2016年は何が起こるか分からない年ですので。

■関連記事
トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  3. 慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  4. 英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  5. 1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…

人気記事

  1. 2016-11-13

    トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

    トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の…
  2. 2017-1-1

    学歴の就職への影響ってまだあるの?反応まとめ「格差はあって当然」「欧米よりまし」

    学歴で分断される日本、という日本の社会が学歴によって分断されているという内容のニュースが話題になって…
  3. 2017-1-15

    豊洲のベンゼン79倍の本当の害はどれくらい?反応まとめ「情弱を煽った小池劇場の失敗」「人の最小中毒発現量の1/165」

    築地市場から豊洲市場への移転問題で移転へのステップの1つである豊洲市場の地下モニタリング調査で有害物…
  4. 2017-1-16

    駅伝マラソンがこれまで雪で中止になったことは?決行した女子駅伝への反応まとめ「八甲田山の雪中行軍がいまだに生きてる」「ベストは延期なんだろうけど」

    昨日大雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が2千人規模の除雪作業を行って決行さ…
  5. 2016-11-1

    韓国大検察庁にクレーン車突進の本当の理由は?韓国の反応

    韓国大検察庁にクレーン車が突入したという事件が発生し話題となっています。 いったいなぜこのような事…
  6. 2016-10-14

    東京都内での大規模停電の発生原因は?地下ケーブルの火災は防げなかったのか?

    12日に、東京都内の約58万6千戸に影響が出た大規模停電で、原因は埼玉県新座市の 送電用地下ケーブ…
  7. 2017-1-10

    トランプ次期大統領ツイッターでメリル・ストリープの授賞式での痛烈批判に口撃!海外の反応「幼稚で粗野で不機嫌な反論で感情のままだ」「過大評価されているのはどっち?」

    ハリウッド外国人映画記者協会の恒例のゴールデングローブ授賞式で、 「セシル・B・デミル生涯功績賞」…

話題ランキング

ページ上部へ戻る