ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、
大統領選の世論調査で、ドナルド・トランプが、ヒラリー・クリントンを急速に追い上げていた。
昨日FBIのコミー長官は調査の結果、問題なしとして、
7月時点の結論は変わらず、クリントンの訴追を求めないと発表した。
スポンサーリンク

ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ

コミー長官は議会への書簡で、新たに見つかったメールをFBIの捜査班が24時間体制で点検し、
クリントンが国務長官在任時に受信・送信したすべての通信を精査した結果、
不起訴とした前回7月の決定を維持する方針を明らかにした。

FBIは7月に、クリントンの私用メールの扱いについて「極めて不注意だった」としながらも、
意図的に違法行為をした「明確な証拠はなかった」として、起訴しない方針を表明していた。

なぜ、FBIは大統領選直前に、追加捜査を発表し、大統領選を混乱に陥れた後、
わずかその9日後に、問題なかったとの発表をしたのか?

まさかのトランプ当選が現実になるかもと、28日の追加捜査報道に振り回されてきた
米国選挙民と外交経済で大きな影響を受ける懸念のある日本国民の反応を見てみましょう。

ヒラリーのメールに問題なしとのFBI発表に関する海外の反応

twitter
我々はコミー長官がまたしても、クリントンの釣り針を外したのを信用できる?混乱している。
twitter
FBI 長官 コミーチームは 55,000のクリントンの電子メールを確認するのに、約 15ヶ月要したのに、650,000 電子メールをレビューするのが9日間だった。これは不正に操作されたシステムだ。
twitter
Ha-Ha Clinton Dix(フットボール選手)は今日これまでのところコルトの最高のパスの受け手だった。
twitter
「FBI 長官コミー」あなたの辞職を望みます。 ヒラリー ・ クリントンは彼女のメールにあるように背信を犯した。誰があなたに賄賂を使ったの?
twitter
バカなFBI長官コミーがまたしても電子メール(の泥沼)からクリントンをクリアにした!我々の政府は壊れている。トランプが沼の水を抜き取る必要がある。

 

当然ながら、トランプ支持者からのコメントが多いようで、コミーFBI長官への不信感を露わにしています。

スポンサーリンク

メールに問題なしとの発表に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本でも時期を含め、FBI発表に対する疑問が多いようです。

FBIは追加捜査発表の大統領選のへの予想を超えた反響に驚いたのでしょうか?
追加調査が徹夜でやったとはいえ、わずか9日で、終わるなら、
調査してから発表しても良かったのではと思われます。

両陣営とも、2度の発表の意図とタイミングの裏に何かあるのではと疑ってしまいます。
これが結論なら、報道に振り回された米国民、日本国民はいい迷惑です。

ヒラリー有利になったとしても、まだまだ大統領選の結果が出るまで、油断はできません。2016年は何が起こるか分からない年ですので。

■関連記事
トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2017-2-18

    移民受け入れの反対の割合から見るヨーロッパ選挙の行方と反応まとめ

    移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…
  2. 2017-1-29

    韓国の最新映画”軍艦島”が予告編歴代最短で100万再生突破!?韓国の反応「こんなとこが世界遺産なんて」

    韓国の2017年最新映画「軍艦島」の予告編が歴代最短で100万回再生されたことが話題になっています。…
  3. 2016-12-7

    孫正義トランプ会談で5兆円投資はなぜ?反応をまとめ「スプリント後のTモバイル買収か」「安倍さん孫さんスピード感やばい」

    ソフトバンクグループの孫正義社長は12月6日、トランプ次期米大統領と約5兆7000億円の投資すること…
  4. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
  5. 2016-10-6

    石原慎太郎元知事の豊洲盛り土問題の責任は?ヒアリング一転拒否で厚化粧発言の勢いはどこに?反応まとめ「まるで別人」「逃げようなんて甘いわ」

    豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた石原慎太郎元知事が、 一転して、都のヒアリン…
  6. 2016-12-29

    茨城北部震度6弱の地震に対する韓国の反応「日本政府は発生後5分で動いたぞ」「日本から3,4年かけて学べ」

    12月28日21時38分、茨城北部にて最大震度6弱の大きな地震があった。 気象庁は東日本大震災の余…
  7. 2016-12-20

    なんでも鑑定団史上最大のお宝”曜変天目茶碗”の値段は?

    なんでも鑑定団史上最大の発見がされたと12月20日報じられた。20日のなんでも鑑定団で披露されるのだ…

話題ランキング

ページ上部へ戻る