ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、
大統領選の世論調査で、ドナルド・トランプが、ヒラリー・クリントンを急速に追い上げていた。
昨日FBIのコミー長官は調査の結果、問題なしとして、
7月時点の結論は変わらず、クリントンの訴追を求めないと発表した。

ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ

コミー長官は議会への書簡で、新たに見つかったメールをFBIの捜査班が24時間体制で点検し、
クリントンが国務長官在任時に受信・送信したすべての通信を精査した結果、
不起訴とした前回7月の決定を維持する方針を明らかにした。

FBIは7月に、クリントンの私用メールの扱いについて「極めて不注意だった」としながらも、
意図的に違法行為をした「明確な証拠はなかった」として、起訴しない方針を表明していた。

なぜ、FBIは大統領選直前に、追加捜査を発表し、大統領選を混乱に陥れた後、
わずかその9日後に、問題なかったとの発表をしたのか?

まさかのトランプ当選が現実になるかもと、28日の追加捜査報道に振り回されてきた
米国選挙民と外交経済で大きな影響を受ける懸念のある日本国民の反応を見てみましょう。

ヒラリーのメールに問題なしとのFBI発表に関する海外の反応

twitter
我々はコミー長官がまたしても、クリントンの釣り針を外したのを信用できる?混乱している。
twitter
FBI 長官 コミーチームは 55,000のクリントンの電子メールを確認するのに、約 15ヶ月要したのに、650,000 電子メールをレビューするのが9日間だった。これは不正に操作されたシステムだ。
twitter
Ha-Ha Clinton Dix(フットボール選手)は今日これまでのところコルトの最高のパスの受け手だった。
twitter
「FBI 長官コミー」あなたの辞職を望みます。 ヒラリー ・ クリントンは彼女のメールにあるように背信を犯した。誰があなたに賄賂を使ったの?
twitter
バカなFBI長官コミーがまたしても電子メール(の泥沼)からクリントンをクリアにした!我々の政府は壊れている。トランプが沼の水を抜き取る必要がある。

 

当然ながら、トランプ支持者からのコメントが多いようで、コミーFBI長官への不信感を露わにしています。

メールに問題なしとの発表に関する日本の反応

 

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本でも時期を含め、FBI発表に対する疑問が多いようです。

FBIは追加捜査発表の大統領選のへの予想を超えた反響に驚いたのでしょうか?
追加調査が徹夜でやったとはいえ、わずか9日で、終わるなら、
調査してから発表しても良かったのではと思われます。

両陣営とも、2度の発表の意図とタイミングの裏に何かあるのではと疑ってしまいます。
これが結論なら、報道に振り回された米国民、日本国民はいい迷惑です。

ヒラリー有利になったとしても、まだまだ大統領選の結果が出るまで、油断はできません。2016年は何が起こるか分からない年ですので。

■関連記事
トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-12-4

    トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

    トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの 電話を受けて国交断絶後37年で…
  2. 2017-7-29

    村上春樹7年ぶりの本格長編小説「騎士団長」海外の評判は?

    村上春樹の「1Q84」以来7年ぶりの本格長編小説「騎士団長殺し」が7月に韓国で発売され、 来春には…
  3. 2017-1-19

    メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

    英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。 これに…
  4. 2016-12-25

    世界最低レベルの受動喫煙対策強化なるか?厚生労働省案に猛反発!なぜ?

    東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は最近、受動喫煙対策強化案を示し、 飲食店や駅・…
  5. 2016-11-30

    斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

    背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、 2017年俸は4年連続ダ…
  6. 2017-9-5

    アルジャーノンのネーミングが炎上?ダウン症改善化合物これでいい?「持ち船にタイタニックとつけるのと同じ」「一時的な効果の印象のネーミング」

    画期的な発見に「アルジャーノン」と命名... 2017年9月5日、京都大学化学生物研究グループが、…
  7. 2016-10-7

    貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」

    貴乃花といえば「若貴ブーム」を起こし、一般にまで相撲人気を拡大させた平成の大横綱ですよね。 そんな…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。