ビルゲイツがトランプをジョン・F・ケネディになぞらえてベタ褒め!その理由は?

マイクロソフトのビルゲイツが、トランプ氏の大統領選当選後に、イノベーションについて、電話で話しあい、その後マスコミに対し、
トランプ氏はジョン・F・ケネディの宇宙開発と同様、米国がイノベーションを通し主導権を取る可能性をもたらす人物だと褒めあげた。
その理由はどこにあるのだろう?

スポンサーリンク

ビルゲイツがトランプをジョン・F・ケネディになぞらえてベタ褒め!その理由は?

その数週間後、トランプタワーを訪問したゲイツであるが、これまでずっとトランプ氏に批判的であった。

世界規模で慈善活動に取り組んでいるビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同創設者であるゲイツは、
昨年1月には、「子供が一度に大量のワクチン接種を受けると自閉症の原因になる」などとするトランプ氏の一連のツイートについて、
「ワクチンが自閉症の原因になるという説は完全に否定されているし、
トランプ氏が言うような一度に大量のワクチンが含まれるような接種方法は採られていない。

ワクチン接種がなければ、米国の子供たちは今のような健康状態を保てなかっただろうし、
世界にはワクチンを切望している人たちがいる」と述べ、トランプ氏のツイートは誤った情報に基づいたものだと批判した。

大統領候補たるもの、正しい知識を得て、それを人々に適切に伝えるのが仕事のはず。
今回の米国の大統領選挙ではその点がややないがしろにされていると感じる」とコメントしていた。

なぜ、ゲイツは、トランプ氏の評価を大きく変えたのであろうか?

昨年12月12日に、ゲイツは、画期的エネルギー・ベンチャーの立ち上げを発表した。
ゲイツが会長に就任予定のファンドの規模は10億ドル、出資者にはアマゾンのジェフ・ベゾス、アリババグループの馬などがいる。
二酸化炭素を排出しない次世代のエネルギー技術に投資することを目的としている。

このベンチャーのアイデアは1年前に、パリで開催された気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に出席したときに浮かんだという。
クリーンエネルギーを石炭やガソリンのようなダーティエネルギーより安く供給することを目的とする。
この低炭素エネルギーのコスト引き下げを実現するための鍵はイノベーションとしている。

トランプ氏が自分の考えを検討するだろうと確信しているとも語った。
(以上CNBC参照)

大統領選前には、トランプ氏に批判的であったゲイツのような世界的な起業家で博愛主義者も
トランプの懐に入って、好ましい方向に導くような戦略に舵を切り始めている。
この戦略がどこまで効果を奏するであろうか?

スポンサーリンク

ビルゲイツがトランプをベタ褒めに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

確かに技術革新なくしては、その国の産業が真に強くなり、
世界を引っ張って行くことにならないだろう。

ITで産業革新を起こし、衰退していたアメリカを、
再建した一人であるビルゲイツの言葉は、トランプの胸に響いたであろうか?

技術開発の法的な障害等を取り除き、低コストのクリーンエネルギーの画期的な技術が開発され、
米国をはじめとする世界経済が上向き、環境問題も一挙に解決できれば、
世界にとってこれほど幸せなことはなく、そうなれば、
トランプ氏を第二のケネディと言っても、憚ることはないであろう。

■関連記事
トランプが中国強硬派を司令塔に起用!海外の反応「正面から中国にケンカを売るつもり」「海外市場は米国製品をボイコット」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 8月8日の午後9時過ぎに、日本テレビの目の前にあるビルから同局の24時間テレビに関わっていると思われ…
  2. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  3. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  4. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  5. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  6. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…

人気記事

  1. 2017-4-9

    フランス大統領選挙2017の極右と中道右派と中道候補の主張と世論調査での反応

    2017年フランス大統領選において極右とされるマリーヌ・ルペン氏、中道右派とされるフランソワ・フィヨ…
  2. 2016-12-6

    大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

    日本ハムは大谷翔平選手に対し、希望する2018年以降のメジャーリーグ挑戦を 容認することを伝えたた…
  3. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
  4. 2017-5-8

    中国人観光客韓国避けて日本へ!クルーズ船が素通り! 反応まとめ

    韓国のTHAAD配備を受けて、中国観光客が韓国を避けて、日本を中心としたアジア諸国に行き先を変更して…
  5. 2017-4-16

    北朝鮮が5月9日までにXデーがあると言われる理由と反応まとめ

    アメリカがシリアに攻撃を仕掛け、そして北朝鮮との緊張関係が最高潮に高まっている状態に2017年4月、…
  6. 2017-4-26

    吉野正芳次期復興大臣の経歴と評判をまとめてみた

    相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  7. 2017-6-10

    加計学園獣医学部認可の問題文書を再調査なぜ?反応まとめ

    松野博一文科相が、加計学園の獣医学部認可問題に関する文書の再調査について、これまで一貫して、 不要…
ページ上部へ戻る