フィリピンの「トランプ」ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争が突如方針転換!その3つの理由とは?反応まとめ「副作用は大きかったと気がついた」

就任以来、人権無視と批判の強かった麻薬撲滅戦争において、フィリピンの「トランプ」と言われ、
その強硬な発言で注目されてきたドゥテルテ大統領が、主体の警察を外すという大きな方針転換を突如行ったのはなぜか?
その理由と反応を見て行きましょう。

スポンサーリンク

フィリピンの「トランプ」ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争が突如方針転換!その3つの理由とは?反応まとめ

まず、ドゥテルテ大統領の「麻薬撲滅戦争」の経緯を見て行きましょう。

「麻薬撲滅戦争」の経緯

2016/6/30 ドゥテルテ氏「麻薬撲滅戦争」を掲げて、フィリピン大統領に就任する。
その後、5カ月で、「麻薬撲滅戦争」による麻薬絡みの容疑者が法律に基づくことなく、
7600人以上がさつ害された。多くは麻薬の密売人や常習者とされている。
2016/10/18 フィリピン中部・アンヘレスで50代人材派遣業を営む韓国人チさんが
警察官らに自宅近所で拉致され、その後マニラ警察庁舎に連行、さつ害された事件発生した。
2016/10/30 チさんの家族にメールが送られ、身代金800万ペソ(約1840万円)を要求し、
チさんの家族は警察に連絡せず、500万ペソを渡した。
2017/1/19 チさんがフィリピン警察庁本部でさつ害されていたことが明らかになり、
フィリピン検察はこの事件の容疑者として麻薬取締官の現役警察官2人を含む7人を起訴した。
2017/1/26 ドゥテルテ大統領が、自国の警察官による韓国人事業家拉致・さつ害事件に関し、
「殺害犯らは最高刑に処されるだろう」と述べ、「みなさんの同胞の死について謝罪する。
このようなことが起きてしまい遺憾だ」と韓国国民にむけて謝罪した。
2017/1/29 麻薬撲滅戦争において、警察を主役の座から外し、
麻薬対策部門を一つ残らず解散することを命じ、警察よりもはるかに規模の小さい
フィリピン麻薬取締庁(PDEA)が、軍の支援を得つつ、麻薬取締業務を引き継ぐことを大統領は決定した。
この席で、ドゥテルテ大統領は警察を厳しく批判し、麻薬取締部門の活動停止と粛清は、
今や麻薬戦争そのものと同程度に重要だとまで述べた。
2017/1/30 ドゥテルテ大統領が、現職フィリピン警察によって拉致、さつ害された
韓国人チ氏の夫人に会って謝罪し、徹底した捜査を約束した。

フィリピン警察官による韓国人事業家チ氏(53)拉致・さつ害事件の概要を見て行きましょう。

フィリピン警察官による韓国人事業家チ氏拉致・さつ害事件

犯人らは昨年10月18日、チ氏の元を訪れ、「麻薬関連の疑いで調査が必要」と言ってだまし、
偽の家宅捜索令状を見せてチ氏を車に乗せ連れ去った。
「チ氏は犯人らと面識があった上、家宅捜索令状まで見せられたため、
疑うことなく素直に連行に応じたとみられる」と言われている。

犯人らが当日、警察庁内の麻薬取り締まり局の建物近くの駐車場に車を止めた後、
車の中で首を絞めてさつ害したものと分かった。
その後、元警察官が運営する火葬場で遺体を焼却し、トイレに捨てた。

犯行に関わった容疑者は8人で、中には現役の警察官3人と元警察官1人が含まれているようだ。
フィリピン検察はこの事件の容疑者として現役警察官2人を含む7人を起訴している。

この事件は、麻薬犯罪捜査部門の警察官が、韓国人ビジネスマンを誘拐し、
ケソンのフィリピン国家警察の本部内で絞さつし、高額の身代金まで、要求していたというものである。
さつ害、そして「麻薬戦争」を口実とした誘拐・身代金要求という大胆な手口にさすがのドゥテルテ大統領も怒り心頭のようだ。

これまで、麻薬戦争の行き過ぎを戒める国連や米国、欧州連合からの呼び掛けを繰り返し無視したうえで、
「愚か者」呼ばわりや、侮蔑の言葉で応じて、オバマ米大統領との首脳会談まで中止させた
ドゥテルテ大統領の心変わりはなぜなのか?支持率は高いままだという。

また、警察官らが超法規的なさつ人を犯し、殺し屋と共謀しているという告発が何カ月にも
わたって続くなかでも、ドゥテルテ大統領はこれまで、警察を擁護してきた。
次のその3つの理由を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
  2. 2017-1-9

    釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

    韓国・釜山の日本総領事館前に先月、慰安婦像が設置された問題をめぐり、 政府は、長嶺駐韓国大使の一時…
  3. 2017-2-22

    金正男の息子・ハンソルは頭いいと話題に!学歴や評価は?

    先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  4. 2016-12-20

    ロシアで、偽入浴剤を代用アルコールとして飲んだ市民40人以上が死亡!考えられる4つの原因!反応まとめ

    日露会談を終えて帰国したばかりのプーチン大統領が統治するロシアで、安価な酒を求め、 有害なメタノー…
  5. 2016-12-7

    孫正義トランプ会談で5兆円投資はなぜ?反応をまとめ「スプリント後のTモバイル買収か」「安倍さん孫さんスピード感やばい」

    ソフトバンクグループの孫正義社長は12月6日、トランプ次期米大統領と約5兆7000億円の投資すること…
  6. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  7. 2017-2-14

    東芝ショックはドル円にどれだけ影響するか?「持ち直す気はする」「巨額債務はバレてんだから今さらショックじゃないでしょ」

    東芝ショックが本格化するかもしれない。東芝ショックは2016年12月にも言われ始めた言葉だが あれ…
ページ上部へ戻る