フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランスで施行され、
従業員は、勤務時間外にメール受信ボックスをチェックしなくても済むよう、法律で守られるようになった。
日本の反応はどうでしょう?

スポンサーリンク

フランスで「つながらない権利法」施行

これはフランスで、昨年5月に成立した、「つながらない権利(The right to disconnect)」法で、
従業員50人以上の企業は、従業員が、通常の営業時間外にデジタル通信から
アクセス遮断をする権利を守る方法について協議し、やり方を定めることなどを求めている。

法的に義務付けられている35時間の労働週間のあるフランスは、先進国で最も規制された労働市場の一つで有名である。
この新しい電子メール法は、国が個人に関与する官僚的なやりすぎなのか、
デジタルストレスを受けている労働者のために週末や休暇を取り戻すための一歩となるのでしょうか?

フランスは週に35時間の労働時間制限を掲げている先進国で最も規制された労働市場の一つで有名だが、
職場にデジタルツールが波及したことによって、こうした労働時間制限が事実上無効になる恐れが出てきている。
フランス人労働者の3分の1以上は勤務時間外にもオンラインで仕事をしているとの調査結果もある。

現在、世界でも、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMW、保険会社のアリアンツ・フランス、
テレコム・カンパニーのオレンジ、ITの大手アトスなどが、非番や休暇時に電子メールサーバからの
メッセージを配信することを制限するような処置をとっている。

単に、労働者の権利にとどまらず、雇用主にとっても、
デジタル疲労が労働者の生産性に及ぼす影響を考える必要があるとの意見もある。
「デジタル過労が現代の職場にどのように悪影響を及ぼしており、雇用者が、
特にマネージャーとして、すべきでないことを積極的に指導する必要がある」
(NBCnews参照)

一方、「携帯をチェックするもしないも個人の自由。切断しろと命令されるのは腹が立つ」
と、国が労働時間に干渉することを嫌う意見や、グローバルに仕事をしている労働者には
時間に関係なく世界の人々と情報交換する必要があるため、
勤務時間外だからと言って完全に連絡を遮断することはできないという意見がある。

フランスで「つながらない権利法」施行に関する日本と海外の反応を比較してみましょう。

フランスで「つながらない権利法」施行に関する海外の反応

勤務時間外の仕事のメールを遮断する権利は世界に広がるだろうか?

フランスの労働者は今や“遮断する権利” を持ち、アファターワークのe-mailを無視する。

フランスの労働者は勤務時間外に健康で安心な生活のために、「遮断する権利」を持つ。いいですね!

フランスの労働者は勤務時間外に、「遮断する権利」を得た―英国の我々もこれが必要だ!

勤務時間外に、e-mailから「遮断する権利」。よくやったフランス。

 

海外の反応は、圧倒的にこの法に賛成意見でした。
スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. わんずまざー保育園が問題になっています。問題発覚後、同保育園への通園希望者はゼロとのことですが、 …
  2. 籠池泰典氏証人喚問の内容と反応をまとめました。 西田議員、福山議員が質問し、籠池氏が嘘をついたら偽…
  3. 日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では 世界トップレベルの科…
  4. WBC準決勝でビデオ判定が多すぎと賛否が分かれています。 日本対アメリカでは5回ものビデオ判定があ…
  5. twitterで「おにぎりやお茶のように、オムツや粉ミルクも買えるようになってほしい」というツイート…
  6. WBC決勝の日本時間と視聴方法についてまとめました。 WBC準決勝まずは延長戦の末にプエルトリコが…

人気記事

  1. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  2. 2017-3-14

    森友学園に稲田朋美が顧問弁護士として関与か?国会答弁は虚偽?反応まとめ

    政治家の関与が疑われている森友学園の問題で、稲田朋美防衛相が顧問弁護士であったとの新証拠が出てきて、…
  3. 2017-2-28

    東芝の半導体売却先候補韓国SKハイニックスが丸ごと買収を検討!実現の可能性は?反応まとめ「借金返して、やる事有るの」「また外資に奪われますよ」

    100%売却もありという方針の東芝の半導体部門の売却先候補の韓国SKハイニックスが丸ごと買収を検討し…
  4. 2017-1-19

    メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

    英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。 これに…
  5. 2016-10-4

    トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」

    米国で第2の部数を誇る全国紙で大衆紙のUSAトゥデイ(USA Today)が、大統領選では、 新聞…
  6. 2017-2-10

    出光興産の創業家代理人辞任で昭シェルとの2017年予定だった合併ますます困難に!反応まとめ「創業家の強硬なサインきた」「こりゃ長期化しそうだね」

    出光興産の創業家代理人の浜田卓二郎弁護士が代理人を辞任した。 元々2017年に予定されていた出光と…
  7. 2017-2-2

    イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

    トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、 既に1…
ページ上部へ戻る