フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランスで施行され、
従業員は、勤務時間外にメール受信ボックスをチェックしなくても済むよう、法律で守られるようになった。
日本の反応はどうでしょう?

スポンサーリンク

フランスで「つながらない権利法」施行

これはフランスで、昨年5月に成立した、「つながらない権利(The right to disconnect)」法で、
従業員50人以上の企業は、従業員が、通常の営業時間外にデジタル通信から
アクセス遮断をする権利を守る方法について協議し、やり方を定めることなどを求めている。

法的に義務付けられている35時間の労働週間のあるフランスは、先進国で最も規制された労働市場の一つで有名である。
この新しい電子メール法は、国が個人に関与する官僚的なやりすぎなのか、
デジタルストレスを受けている労働者のために週末や休暇を取り戻すための一歩となるのでしょうか?

フランスは週に35時間の労働時間制限を掲げている先進国で最も規制された労働市場の一つで有名だが、
職場にデジタルツールが波及したことによって、こうした労働時間制限が事実上無効になる恐れが出てきている。
フランス人労働者の3分の1以上は勤務時間外にもオンラインで仕事をしているとの調査結果もある。

現在、世界でも、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMW、保険会社のアリアンツ・フランス、
テレコム・カンパニーのオレンジ、ITの大手アトスなどが、非番や休暇時に電子メールサーバからの
メッセージを配信することを制限するような処置をとっている。

単に、労働者の権利にとどまらず、雇用主にとっても、
デジタル疲労が労働者の生産性に及ぼす影響を考える必要があるとの意見もある。
「デジタル過労が現代の職場にどのように悪影響を及ぼしており、雇用者が、
特にマネージャーとして、すべきでないことを積極的に指導する必要がある」
(NBCnews参照)

一方、「携帯をチェックするもしないも個人の自由。切断しろと命令されるのは腹が立つ」
と、国が労働時間に干渉することを嫌う意見や、グローバルに仕事をしている労働者には
時間に関係なく世界の人々と情報交換する必要があるため、
勤務時間外だからと言って完全に連絡を遮断することはできないという意見がある。

フランスで「つながらない権利法」施行に関する日本と海外の反応を比較してみましょう。

フランスで「つながらない権利法」施行に関する海外の反応

勤務時間外の仕事のメールを遮断する権利は世界に広がるだろうか?

フランスの労働者は今や“遮断する権利” を持ち、アファターワークのe-mailを無視する。

フランスの労働者は勤務時間外に健康で安心な生活のために、「遮断する権利」を持つ。いいですね!

フランスの労働者は勤務時間外に、「遮断する権利」を得た―英国の我々もこれが必要だ!

勤務時間外に、e-mailから「遮断する権利」。よくやったフランス。

 

海外の反応は、圧倒的にこの法に賛成意見でした。
スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  2. 北朝鮮がもし戦争したら日本の被害想定はどのくらいのものか?東京の場合のシュミレーションとして 具体…
  3. 最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  4. 新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  5. 北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  6. 大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…

人気記事

  1. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
  2. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  3. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  4. 2017-1-16

    駅伝マラソンがこれまで雪で中止になったことは?決行した女子駅伝への反応まとめ「八甲田山の雪中行軍がいまだに生きてる」「ベストは延期なんだろうけど」

    昨日大雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が2千人規模の除雪作業を行って決行さ…
  5. 2016-12-7

    孫正義トランプ会談で5兆円投資はなぜ?反応をまとめ「スプリント後のTモバイル買収か」「安倍さん孫さんスピード感やばい」

    ソフトバンクグループの孫正義社長は12月6日、トランプ次期米大統領と約5兆7000億円の投資すること…
  6. 2016-10-16

    大嘗祭で平成が終わる 次は何に?反応まとめ

    天皇陛下が生前退位の意向を示されたことは、以前から新聞紙上を賑わしていますが、 この度政府は、皇位…
  7. 2017-3-13

    WBC2017激闘制した侍ジャパン14日のキューバ戦放送予定と反応まとめ

    オランダとの4時間46分に及んだ激闘を制し今大会4連勝のWBC2017侍ジャパンは、 14日2次ラ…
ページ上部へ戻る