フランス大統領選挙極右ルペンの公約と当選の可能性は?反応まとめ

フランス大統領選最有力候補のひとり極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首の144の政策を含む公約の主なものを確認し、
現時点での当選の可能性、当選した場合の影響について見て行きましょう。

Sponsored Links

フランス大統領選挙極右ルペンの公約と当選の可能性は?反応まとめ

「フランスに秩序を取り戻す!」「EUの悪夢からフランスを自由にする!」と
反グローバル化や保護主義政策で、国民を煽るルペン党首の主な政策を以下に挙げました。

ルペン党首の主な政策

1.憲法に「自国第一」を明記する憲法改正を目指す。
自国優先の姿勢を鮮明としたものです。
2.フランスに流入する移民の数を大きく減らし、国内の不法移民を国外に送還する。
国境検査なしに自由に移動できるシェンゲン協定からの離脱移民の受け入れを制限するほか、
イスラム過激派の市民権を剥奪し出身国に送り返すというものです。
国境管理も厳しくして過激派予備軍の入国を阻止。
「今後『寛容』はゼロになる」
3.ユーロ圏から離脱し、自国通貨フランを復活させる
ユーロの恩恵を受けたのはドイツだけで、これでフランスの国際競争力を取り戻す。
4.6カ月以内にEUにとどまるかを問う国民投票を実施する。
EUへの分担金を巡る不公平さも訴える。
5.「賢明な保護主義」を導入
外国人の雇用に対して追加課税し、自由貿易協定の拒否やフランス人の雇用を優先させる。
仏企業を支援およびフランス人労働者の権利を守る。
6.定年年齢引き下げ、公務員数増、電気・ガス代を5%下げる。

もし、ルペン党首が大統領当選した場合に、懸念される問題点を挙げましょう。

ルペン大統領当選で、懸念される問題点

1. EU離脱の結論が出る前に、資金流失が起きたり、金融システムが緊迫する可能性がある。
2. EUは崩壊の道をたどる。
3. ユーロ圏から離脱で、フランス国債はデフォルトになる可能性がある。
4. 国民受けする6番目の政策で、フランス財政の赤字が増大する。
5. 対ロ関係を改善する。
ロシアによるクリミア併合以来、西側がロシアに課してきた経済制裁を解除することになれば、
トランプ大統領の動向次第だが、クリミア問題がうやむやになる。
6.NATOの結束にひびが入る。ISに対する包囲網が緩む。

そこで、ルペン党首の大統領当選の可能性であるが、ここに来て、第3の候補として極左のメランション氏が急速に追い上げており、
中道のマクロン候補が第1回投票で、他の候補者が得た票をルペンを嫌う有権者の票を、
決戦投票で、かき集めることにより圧勝するという従来の図式が崩れてきた。

もし、決戦投票がルペン対メランションとなると、極右対極左の戦いとなり、
中間の有権者が、どちらに投票するかは明確でなく、棄権が大幅に増えるのではと考えられる。

棄権が増え、投票率が下がると、堅い支持基盤に支えられたルペンが優位になると思われる。

したがって、英国のEU離脱、アメリカのトランプ大統領登場に続いて、
まさかの結果が起こる可能性が出てきているのである。

この結果、EUが崩壊の道をたどり、世界中で、反グローバル化や自国優先の保護主義政策が蔓延することになる。

ルペン党首に関する日本のネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links

フランス大統領選挙極右ルペンに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ルペン党首は英国のEU離脱主張者のように、決定直後に逃亡することも、
トランプ大統領のように短期間に乱暴に公約を実現させようとして混乱させることはないのではと思われます。

党首として、ある程度政治経験を積んできており、政策も極右の部分と現実的な部分があり、
たとえ、ルペンが当選しても、案外より着実に政策を進めるのではという気がします。

■関連記事
フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下で、ルペンの決選投票勝利も!反応まとめ

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-9-4

    島根に落ちても意味ない炎上発言はなぜ撤回できないか? 反応まとめ「東北でよかった発言より悪質」「軽いジョーク」

    北朝鮮が、グアム周辺への弾道ミサイル発射計画で島根、広島、高知3県の上空通過を予告したのに関連して、…
  2. 2017-9-4

    軍事対応するのか?トランプ大統領が北に対して「そのうちわかる」海外の反応まとめ

    果たしてアメリカトランプ大統領は軍事対応をするのか? 北朝鮮の挑発が止まりません。2017年9…
  3. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  4. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
  5. 2016-10-30

    朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

    朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密書類流出スキャンダルが、就任以来最大の危機となっている。 その根本…
  6. 2017-9-3

    クアドラスvsエストラーダ10日対戦予想!「エストラーダが有利」「一発はクアドラス」

    カルロス・クアドラスとファン・フランシスコ・エストラーダの対戦が9月9日に行われます。(日本時間10…
  7. 2017-6-16

    卓球ジャパンオープン荻村杯で日本女子は中国を席巻するか?日程と放送予定は?

    卓球のワールドツアージャパンオープン荻村杯が14日から18日の日程で、東京体育館で開催されています。…
ページ上部へ戻る