フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下でルペンの決選投票勝利も!反応まとめ

第1回投票で、極右政党のルペン党首と中道のマクロン前経済相が選ばれ、決戦投票で、
ルペンを嫌う有権者の支持を集めて、圧倒的な差で、マクロンが勝利するのが大方の予想だったが、
メランションの猛追で、極右と極左の決戦投票対決となり、ルペン大統領の可能性がでてきました。支持率にも影響が出てきています反応もまとめます。

スポンサーリンク

フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下で、ルペンの決選投票勝利も?

4月4日夜に行われた4時間に及ぶTV討論会で、最も説得力があると支持を集めたのは、
極左のジャンリュック・メランションで、25%、
中道のマクロンは約21%、中道右派のフィヨンは15%、極右のルペンは11%だった。

これが影響し、この後の世論調査では、3/28の調査に比べて、
ルペン24→23%、マクロン25.5→22.5%、メランションが15→19%と、メランションが、支持率に陰りが見えるふたりの候補を猛追している。

メランションは得意のカリスマ的な演説により、ルペンに向かって公然と
「この場にいるべきではない、国民の恐怖を無駄に煽っている、既存の組織に所属する汚職政治家だ」などと
批判したことで、有権者の喝さいを浴びたと言われている。

もし第1回投票で、ルペンとメランションが選ばれた場合には、極左対極右の対決となり、
フランスのEU離脱を目指すと主張するルペン党首が大統領になる可能性が、現実のものとなってくる。

ここで、有力4候補を比較して整理しましょう。

フランス大統領選有力4候補の比較

では、メランションとはどのような人物か?(Wikipedia参照)
2012年フランス大統領選挙で、フランス共産党・左翼党・統一左翼党の合同組織「左翼戦線」として立候補し、
憲法を改め「第六共和政」の立ち上げを主張した。

第1回投票で3位のルペンにつぐ4位となった。また、元社会党で、シラク大統領の時代に、2000年から2002年まで職業教育大臣を務めた。

2009年には欧州議会議員に当選しているものの、EUからの離脱を目指すとは言っていないものの、
EU機関を敵視する姿勢は変えておらず、条約の再交渉とEU改革を望むと発言してきた。

マルクス的な唯物史観者で、「社会主義の真の体現者」とか「フランスにおける共産主義の最後の巨頭」とも見られている。
親ロシアであり、NATOからの脱退を主張している。主な支持者は、現状に不満を抱える労働者階級である。

「メランション氏が支持を伸ばし続ける一方、マクロン氏が支持を失い、ルペン氏が維持すれば、
決選投票は極右と急進左派の争いになる可能性がある」と述べる専門家もいる。
英ブックメーカーのベットフェアによると、マクロン氏が勝利する確率は54%と、
メランション氏の支持率上昇前の65%から低下している。

次に、これに対する日本のネットの反応を見ます。
スポンサーリンク

ルペンの決選投票勝利もに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

昨年のイギリスのEU離脱、トランプ米大統領誕生と、続いて来たポピュリズムが、
今年もEUの中心国のひとつであるフランスで再現されるかに注目が集まっています。

第1回投票で、ルペンとメランションが選ばれた場合は、
金融市場は大波乱となる可能性が高いと思われます。
まずは、23日の第1回投票の結果を注視しましょう。

■関連記事
フランス大統領選挙2017の極右と中道右派と中道候補の主張と世論調査での反応

フランス大統領選2017のマクロン候補者の評判は?「結局彼で妥協」「若造だよ」

フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?反応まとめ「第三のまさかは起こるか」「極右の国民戦線には政権を取らせないで」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-4-12

    北朝鮮との戦争脅威が2017年4月27日秒読みへ?なぜ?反応まとめ

    アメリカが北朝鮮に対し、2017年4月27日に先制攻撃による戦争に踏み切ることが秒読み段階に入ってい…
  2. 2017-9-9

    桐生祥秀9秒98日本新記録!海外の反応

    待ち望まれた日本人初の男子100m9秒台を桐生祥秀選手がついに自身学生最後のインカレにて達成しました…
  3. 2016-12-12

    福島の石像破壊はなぜ?3つの説と反応まとめ

    福島県の神社やお寺などで石像が破壊されるという事件が相次いでいます。 今回の事件では狐の像が切断さ…
  4. 2017-4-8

    なぜスタバが満員なのに飲み物空のパソコン教室状態になるのか?反応まとめ

    「ここはパソコン教室じゃない スターバックスで怒鳴ったおじさんに称賛」がネット上で話題になっています…
  5. 2017-4-3

    田中将大開幕投手としてまさかのKO!海外の反応は?「心配はない」「(このまま)眠りをさまさないで」

    今シーズン、オープン戦では6試合に投げ、防御率0・38はメジャー4年間で最高だったヤンキース田中将大…
  6. 2017-7-30

    湯~園地の評判は?動画の反響や行った人の感想まとめ「ウォータースライダー楽しすぎ」「ちょっと恥ずかしい」

    大分県別府市が公開した動画で話題となっていた「湯~園地」が本当に開園しました! 期間限定ではありま…
  7. 2016-12-15

    プーチン日露首脳会談でまた遅刻は故意か?反応まとめ「ただの遅刻魔」「歓迎中止可哀そう」

    いよいよ日本とロシアの首脳会談となり北方領土問題の解決に向けて動き出すのか? という会談に向けプー…
ページ上部へ戻る