フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。
世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変換を感じるような兆候にあり、今も世界情勢は安定していません。
今回のフランスはどうなるでしょうか?
大統領選の日程について細かいところをまとめているサイトがありませんでしたので、日本時間も併せて今わかる範囲でまとめてみました。

スポンサーリンク

フランス大統領選2017の日程を日本時間は?

フランス大統領選2017の日程は、二日間に分けて投票が行われます。日程は以下になります。日本時間も載せています。

パリと日本の時差は8時間で、日本が8時間早くなります。

■4月23日(日) 第一回投票  8時から18時まで(大都市では20時まで)日本時間16時~翌02時(大都市では翌4時)
>>第1回投票の正式な結果は憲法院が公表

■5月7日(日) 第二回投票  8時から18時まで(大都市では20時まで)日本時間16時~翌02時(大都市では翌4時)
*速報は終了後12時間以内に発表されると思われます。

■5月11日(木)憲法院は最終結果を正式公表し、新大統領の選出を宣言

参考:http://www.ambafrance-jp.org/article5401

*投票時間終了後、投票箱の開封、封筒数の集計(選挙名簿上の署名数と一致が条件)、開票の順で作業が進められます
*グアドループ、マルティニーク、ギアナ、サン=ピエール=エ=ミクロン、サン=バルテルミ、サン=マルタン、仏領ポリネシアなどの、特殊な地域は時差に合わせて行われます。

フランス大統領選2017 大統領誕生まで

フランスの大統領には、原則的には18歳以上のフランス国籍者は誰でも立候補できます。
しかし、候補者過多を避けるために予備選行があり、候補者は500人からの推薦などを集めなければなりません。
そしておよそ30日と言う短い選挙運動期間で自分の公約などを公表していきます。その際の選挙運動費用は大部分は政党から出されるようですが、個人献金の上限や収支の帳簿の作成など不正がないようにいくつかのルールがあります。
そして4月と5月の2回の選挙により、フランス大統領が決定します。

フランス大統領選ルール

4月の第1回投票の上位2候補が次の条件で選出されます。
1、絶対多数(有効投票総数の50%プラス1票)を得た場合そこで決定
2、1が得られない場合、上位2人の候補者の間で5月の第2回投票が行われます

スポンサーリンク

為替はどうなる?ネットの反応

フランス大統領選2017において、為替の話題もネットでは盛り上がっています。
2012年のオランド大統領が誕生した時のドル円とユーロ円を振り返ってみましょう。

いずれも日曜日に行われましたので、少し窓があく形となっています。

まずはドル円です。

1つ目の矢印が4月22日 2つ目の矢印が5月6日でいずれも投票日です。(実際その日は日曜日なので市場はしまっています)

窓が開いているのが分かると思いますが、実際確認したら4月22日が6pipsで5月6日が9pipsですので、そんなに大きな変動はなかったと言えます。あくまで2012年はですね。

ユーロドルも同じような感じで4月22日が1.5pipsの窓、5月6日が6pipsの窓ですので大きなインパクトはなかったようです。

まだ2月ですが、さっそくフランス大統領選の為替への影響を懸念する声が多くあがっています。
ネットの反応・予想

twitter
ユーロ売りと円買いが加速だな
twitter
避難先としての円買い
twitter
ユーロも波乱がありそうだなー
twitter
結果次第では一気に円高に向かうな
twitter
長期的には円安はなさそう
twitter
リスク選好ムードは見られず
twitter
ドル円はトランプが読めないから動けないだけにユーロ円が動くね
twitter
ユーロ自体が下落しててユーロ売り円買い状態
twitter
世論トップのルペン氏がユーロ離脱を掲げてるから荒れそう
twitter
リスク回避の円買いがやばい
出典:twitter

ルペン次第で荒れるか?

先行き不透明なフランス大統領選の情勢は今はおそらく影響はまだないでしょう。
今はトランプ大統領のtwitterだけで動いたりする時期です。トランプ氏の発言が大きな影響力を持っていますが
4月になればフランス大統領選を意識して動くことになるでしょう。

そして、やはり注目は極右のルペンがどうなるかというところです。
EU離脱で、どちらかというとトランプ大統領的な、保護主義的な発想であります。(関連記事を参考に)

大統領選でルペンが当選すれば為替が荒れることになる可能性が高いです。
今後当サイトでもフランス大統領選の話題は扱っておりますので時々訪れてください。

■関連記事
フランス大統領選挙極右ルペンの公約と当選の可能性は?反応まとめ

フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下で、ルペンの決選投票勝利も!反応まとめ

フランス大統領選挙2017の極右と中道右派と中道候補の主張と世論調査での反応

オランダ選挙2017投票結果はいつ分かる?極右政党が第一党に?反応まとめ

2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?反応まとめ「第三のまさかは起こるか」「極右の国民戦線には政権を取らせないで」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  2. 4月29日6時、北朝鮮が弾道ミサイルを発射しましたが、発射後すぐに失敗に終わりました。 サイバー攻…
  3. 4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  4. ゴールデンウイークの初日の29日午前5時30分ごろ、北朝鮮が西部の平安南道北倉から弾道ミサイル1発を…
  5. ロイヤルホストやガストに続き、モスバーガーも営業時間短縮を発表しました。 政府や自治体が主体となっ…
  6. 4月25日に行われたACLグループリーグの水原三星対川崎フロンターレ戦で、 川崎サポーターが旭日旗…

人気記事

  1. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  2. 2017-1-11

    フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

    1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランス…
  3. 2017-4-23

    畠山愛理が新体操からキャスター転身へ!その理由と反応まとめ

    新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  4. 2016-12-23

    トランプが中国強硬派を司令塔に起用!海外の反応「正面から中国にケンカを売るつもり」「海外市場は米国製品をボイコット」

    トランプ次期大統領は、貿易政策を担当する「国家通商会議」を創設し、トップに対中国強硬派の ピーター…
  5. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  6. 2016-12-16

    日露会談の海外の反応まとめ

    12月15日にプーチン大統領と安倍首相の日露会談が首相の地元山口県長門市の温泉旅館で行われました。 …
  7. 2016-10-13

    ピエロ恐怖症騒動が全米はじめ世界で発生!なぜ?海外の反応「SNSがこのいまいましい騒動を始めた」「もう夜外に出ることはできない」

    10月末のハロウィンが近づくにつれ、ピエロ恐怖症騒動が世界に広がっているようである。 ホラー小説「…
ページ上部へ戻る