フランス流世帯課税方式で税金得するのは?少子化対策の決め手となるのか?反応まとめ

政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると発表しました。
これにより少子化対策が行われるのでしょうか。
現在の税制と世帯課税方式による場合を、実例で計算してみて、今後の展望をまとめてみました。
スポンサーリンク

フランス流世帯課税方式で税金得するのは?少子化対策の決め手となるのか?反応まとめ

<現在の税制>
現状の税金制度では、子ども、つまり被扶養者が増えると扶養控除を受けらるものの、その程度は小さく、
多くの子供を扶養可能な所得を持つ世帯では、それ以前に累進課税によって、高額の納税額を支払っている。

<世帯課税方式(N分N乗方式)とは>
フランスでは、第2次世界大戦による人口減少に歯止めを掛けるべく世帯課税方式の一種N分N乗方式が1946年から導入された。
世帯課税方式は、世帯全体で払う税額を家族の人数で割り、一人あたりの税額を算出するものである。
つまり、この方式では世帯の人数が多いほど一人当たりの税金が安くなる。

世帯当たりの収入が同額ならば、累進課税によって低い税率が適用され全体としての納税額は低く抑えられることになる。

具体例でみてみましょう(H27の確定申告の手引きより計算)。
配偶者がいるAさんの、給与収入が800万円、給与所得600万円とし、
配偶者控除、扶養控除以外の社会保険料控除等の金額を30%180万とした場合
現状の税制では、子供人数 0-1-2-3となるにつれ、税金は34-26-21-17万円と下がる。
世帯課税方式では、子供人数 0-1-2-3となるにつれ、税金は23-21-21-21万円となり、大きな変化はない。

給与収入が1230万円、給与所得1000万円とし、配偶者控除、扶養控除以外の社会保険料控除等の金額を30%300万とした場合
現状の税制では、子供人数 0-1-2-3となるにつれ、税金は90-82-74-67と下がる。
世帯課税方式では、子供人数 0-1-2-3となるにつれ、税金は55-39-28-20と劇的に下がる。

ここから言えるのは、現在の日本の税制では、給与収入が800万円程度やそれ以下では、
メリットがほとんどないか場合により悪化する。
これは、課税所得が、傾き一定のもっとも下のランクの範囲となるからである(累進課税が働いていない範囲)。

しかし、給与収入が1230万円くらいになると、子供なしに比べ3人の場合、税金は半分以下と大幅減なる。

フランスの場合では中低所得層における累進課税の傾斜(変化率)が日本よりも急なので、
フランスの中低所得層については、N分N乗方式の効果が大きいといわれていることと合致する。

今の日本の税制のまま単純に適用すれば、収入1200万以上の高額所得者が得をして、
収入800万以下のものは、子供を増やしても税金は変わらないということになりかねない。

子どもをある程度産めるくらいのお金が自由となる層が、子どもの数が多ければ多いほど得をするので、
一人より二人、二人より三人とたくさんの子どもを産める収入がある層が得をすることになりそうです。
最初から子ども1、2人を作ることすら難しい世帯にはほとんどメリットがありません。

さてこれが少子化対策になるかですが、そもそも子どもを増やせない理由の多くが
養育費を用意できないといった根本的なものがかなりあると思われ、
税金を多少軽減した程度では子どもを増やすことなどできないのではないでしょうか。

世帯課税方式導入へのネットの反応

twitter
子どもが多いほど負担を減らすのはいいかもね
twitter
税金より社会保険料の方が高い
twitter
それ以前に結婚できるだけの給料が欲しい
twitter
まずは一人育てる環境を作るのが先
twitter
税金軽減は嬉しいけど、子どもが一人増えれば税金どころの問題ではない
twitter
子だくさんの人って、そもそも税金をあまり払ってないそうだと思う
twitter
これで子供が増える、とは絶対違う
twitter
将来への不安を目に見えて解消しないと簡単じゃない
twitter
議員定数削減とかまず自分たちのことを行うべき
twitter
税を軽減しても消費税が上がったんじゃ意味がない

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000014-mai-pol

スポンサーリンク

政府の安易な政策に懐疑的な反応をする人が多いようですが、
実際この程度で少子化が改善されるとは思えません。

少子化対策として提案するのは良いのですが、
優先順位としてはかなり低い方だと思います。

現在の少子化の最も大きな原因となっているのは二人目以降の子どもを産めない世帯の多さではなく、
根本的に結婚・出産ができない低所得の世帯の多さです。
そういった層には単に減税を行った程度では子どもを作ることはできません。
給与自体の大幅増や各種補助金の継続的付与などもっと大きな金額でのサポートを行わなければなりません。
日本の少子化はそんなに単純な問題ではないのです。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  2. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  3. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…
  4. 20日のボクシングWBAミドル級王座決定戦で村田諒太がアッセン・エンダムに不可解な判定負けをしました…
  5. カールおじさんなどのキャラクターでもおなじみの明治のスナック菓子カールが中部から東の地域で販売を終了…
  6. 前川喜平文・部科学省の前事務次官が加計学園問題にて加計(かけ)学園に関する総理のご意向とした文書を「…

人気記事

  1. 2017-5-13

    国連委員会が慰安婦合意再交渉を勧告した理由は?炎上まとめ「潘基文の影響?」「日本の外交下手のせい」

    国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が2015年に日本と韓国で慰安婦問題に関してされた合意に対して …
  2. 2017-2-11

    芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?仕事も学業も天才への反応まとめ「いじめを見返した」「尊敬しかない」

    芦田愛菜ちゃんはまだ中学生になっていなかったのですね。 ドラマ『OUR HOUSE』見た時はもうと…
  3. 2016-10-14

    ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグがドーピング陽性で号泣の記者会見!動画あり反応まとめ

    10月13日、ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグ選手が ドーピング検査で陽性反応が出たとし…
  4. 2017-4-18

    レジロボ動画が衝撃的!コンビニローソンでいつから導入?その反応まとめ

    ついにコンビニに店員がいなくなるかもしれません。ローソンとパナソニックはレジロボを実験的に導入しまし…
  5. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  6. 2017-1-5

    釜山で慰安婦像ゲリラ設置に韓国の反応は?

    日韓合意から1周年を迎えた12月28日、その合意を撤回させてしまうかもしれない事件が起きました。 …
  7. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
ページ上部へ戻る