フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」

国家安全保障担当米大統領補佐官フリン氏が政権発足1月未満で辞任し、トランプ政権に大きな打撃を与えた。
辞任劇はこれで終わるのか?海外の反応をみた。
スポンサーリンク

フリン米大統領補佐官辞任だけで終わるのか?トランプ政権に大打撃!海外の反応「フリンは始まりだ」「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか」

知日派として知られ、日米同盟の重要性にも深い理解があり、
トランプ大統領と安倍首相の首脳会談にも同席していた
国家安全保障担当補佐官フリン氏が政権発足1月未満で辞任した。

補佐官就任前に、制裁についてのロシア大使との協議したことが問題とされた。
ペンス副大統領への報告が虚偽だとされたためとされている。
米連邦捜査局(FBI)が、フリン氏がロシア側と交わした通話記録を入手しており、動かぬ証拠が出てきたため、
トランプ大統領が早期の幕引きを図ったとの見方である。

任命閣僚の議会承認がなかなか進まず、イスラム圏7カ国出身者の入国を
一時的に禁止する大統領令差し止めに関する連邦裁判所での2連敗に続き、
発足1月未満での重要補佐官の辞任はトランプ政権への大きな打撃である。

日本政府は先の日米首脳会談やマティス国防長官の来日時の会談を通じて
日米同盟の信頼を確認しているので、実務的には影響がないとしている。

一方、米メディアにはフリン氏の辞任は政治的な暗殺だとする見方もある。
有能な改革者として有名だったフリンは官僚達に狙われたのではという見解である。

フリン前補佐官の辞任の要因が単にペンス副大統領に対する虚偽報告であるということに対して疑念を呈している。

嘘をついたことさえ、はっきりとはしない。ロシア大使がフリンに制裁問題を提起し、
フリンは、トランプチームが数週間で就任し、ロシアの政策と制裁を見直すと答えた。
これは違法でも不適切でもないと語る関係者もいる。

また、政府が監視している米国市民のコミュニケーションは、最高の機密に属し、
これが漏れるというのは何らかの意図があるからではとの見方である。

「行政当局でフリンなどを攻撃するための十分な調整が行われているようだ。
大統領と外国指導者の間での電話の漏洩から、裁判所の高級情報、
米国市民の安全確保を不定されるような漏洩まで、パターンがあるように見える」と共和党議員は語っている。

(https://www.bloomberg.com/view/articles/2017-02-14/the-political-assassination-of-michael-flynn参照)

政権発足1月未満でのフリン補佐官辞任に関する海外の反応みましょう。

フリン米大統領補佐官辞任に関する海外の反応

マイケル・フリンは始まりだ

ロシアのスパイ船が、デラウェア州の 70 マイル沖で停泊!ロシアは言う
「心配するなマイケル ・ フリンを迎えに行く」。

ドナルド トランプ氏:「ほら、やっぱりマイケル ・ フリンでずっとやっていたことを知っていた。
彼を解雇する前にプーチンの承認を得る必要があった。」(トランプへの皮肉)

1973年のウォーター ゲート事件の公聴会でベーカー上院議員は質問した
「大統領は何を知っており、いつそれを知ったのか?」今でも適切な質問だ!

書類の注1には、マイケル ・ フリンのためのクレムリン旅行の資金について記載されている。

議会共和党は辞任したフリンの調査を行わないとのこと。
フリンの退場はあっという間だったな。トランプチームが前政権と敵対していたため、
政策的な自由度を確保できないことから、制裁解除を自分で話してしまったのが背景にあるのだろう。素人的だ。

スポンサーリンク

フリン補佐官辞任に関する日本の反応

ロシア内通問題で辞任したマイケル・フリン前国家安全保障担当大統領補佐官。
この問題を捜査するFBIに聴取された際フリンは偽証した疑いも出ている。
トランプ応援演説では「ヒラリーを逮捕しろ」とぶち上げたフリン。想定外のブーメランが・・

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

次はコンウェイ大統領顧問、その次はバノン首席戦略官・上級顧問、プリーバス主席補佐官と辞任劇は続くとの見方もある。

もし、トランプ政権が短期に終わるとすれば、日本として、
これほど国内外に評判の悪い政権にすり寄っていて良いのか心配になる。

■関連記事

イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-12-15

    プーチン日露首脳会談でまた遅刻は故意か?反応まとめ「ただの遅刻魔」「歓迎中止可哀そう」

    いよいよ日本とロシアの首脳会談となり北方領土問題の解決に向けて動き出すのか? という会談に向けプー…
  2. 2016-12-6

    安倍首相が真珠湾訪問へ!アメリカの反応は?

    安倍首相が日本の総理としtはじめてハワイ真珠湾を訪問する。 これは、オバマ大統領とのハワイでの12…
  3. 2017-2-14

    金正男報道への韓国の反応「中国が1枚カードを失った」「「ポケモンとgooglemapのおかげで居場所がわかったな」

    北朝鮮最高指導者の兄である金正男がマレーシアにて2人女スパイにて毒さツされたと報道が2月14日あった…
  4. 2016-11-29

    餅つき禁止の自冶体なぜ?反応まとめ「親のレベルを見たら仕方ない」「そのうち寿司も禁止に」

    餅つき禁止の自治体があるという事実がニュースになり炎上気味です。 なぜ餅つきが禁止されることになっ…
  5. 2016-12-7

    除夜の鐘が苦情で禁止?誰がクレームしてるの?炎上反応をまとめてみた

    年越しに欠かせない除夜の鐘。 しかし最近この除夜の鐘がうるさいと苦情がきて、除夜の鐘を辞めるお寺が…
  6. 2016-12-4

    イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

    イタリア国民投票が12月4日に行われます。 市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのよ…
  7. 2016-11-16

    トランプの孫娘のPPAPの公式動画はこれ!反応まとめ

    トランプ次期大統領の孫娘アラベラ・ローズちゃん(5歳)が「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」…
ページ上部へ戻る