プレイステーションVRはいまいち?感想をまとめてみた「没入感すごい!」「解像度荒い」

プレイステーションVRが10月13日(木)についに発売!
ゲームもついにバーチャルリアリティーの世界に突入ですね。期待と不安が頭の中でグチャグチャになっているのは私だけではないでしょう。
新世界の華麗なる幕開けになるか?それともいまいちなのか?生の声をまとめてみました。

スポンサーリンク

プレイステーションVRはいまいち?感想まとめ

プレイステーションVRの特長とは、バーチャルリアリティーです。
ヘッドセットを装着するだけで、360度全方向からの臨場感ある世界でゲームをプレイできます。
ゲーム以外にも写真や動画なども楽しめるのが期待されています。

想像できるように、発売前からいろいろと噂されています。
ゲーム好きでさらにリアリティを求める人は大きな期待を、社会的な問題を危惧する人は、現実と仮想の見境がわからなくなる人が増えて犯罪が増えるのではないか?と。
また、技術面で初期はいまいちの出来なのではないか?という懸念も聞かれます。

しかし発売された今日、実体験した人の声を聞けば、その答えもわかることでしょう。

VRを実際に使ってみた人の感想をまとめてみました。
ネットでこんな声が出てきました。

絶賛の声

「映像がとってもクリア」
「鮮明だから何も考えずゲームにのめりこめる」
「半信半疑だったけど、エクセレント!」
「ゲームの中に入ったような錯覚」
「映像の追随性がすごい!ほとんど遅延をあまり感じない」
「ヘッドフォンと合わせると没入感すごい」
「向いた方向に合わせてゲーム画面も動く、感度は問題なし」
「マジで没入感すごいよ」
「ちょっとしたアトラクション」
「プレイステーションVRは体験して初めてすごさがわかった」

スポンサーリンク

批判の声

「VRはヘッドセットが結構重かった」
「ソフト次第、価格が問題だな」
「解像度が荒かった」
「最大の問題は3D酔だな」
「画面が双眼鏡を覗いている感覚」
「画質とシャープ感、解像感は想像してたよりはいまいちで残念な点」
「問題は解像度」
「ケーブルが多くてごちゃごちゃする」
「画質が粗っぽく感じる」
「疲れるから長時間、プレイできるかといえば疑問符」
「PS3並の映像品質」

出典:twitter等 & 商品レビュー

以上の声があがりました。

操作性よりも比較的映像に関しての声が多かったです。
やっぱりみんな気になるポイントですよね。

映像への没入感は人それぞれ感じ方が違うようですね。
画像が比較的荒いというのはちょっと気になるかもしれません。

解像度がいまいちという声が多いですが、プレイしてみればあまり気にならない程度なのかもしれませんね。
家庭用のゲーム機としては本格的なVR機は初です。

まとめとしては、プレイステーションVRは初めてVRに触れる人にとっては、まずまずなんではないでしょうか?
多少は粗が気にしないよ方もいるかもしれませんが、今後ソフトの充実などもふまえ、期待していきたいゲーム機です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. カップヌードルの具材として愛されてきた「謎肉」の新たな形として誕生した「白い謎肉」。 いったいどん…
  2. 22日に行われた中国オープン男子シングルス1回戦で13歳張本智和(世界ランク39位)が、 元世界1…
  3. 石川県知事の谷本正憲氏が北朝鮮に対して「餓死させねば」といった発言をしたことについて、発言を撤回しな…
  4. サッカーや地方の野球大会な、運動会などで選手宣誓の際、右手を高く上げて手先をピンと伸ばすポーズをよく…
  5. 北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  6. 北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…

人気記事

  1. 2017-3-2

    フランス大統領選2017のマクロン候補者の評判は?「結局彼で妥協」「若造だよ」

    フランス大統領選2017が4月から始まります。 世界はトランプ大統領の誕生から不安や混乱にさらされ…
  2. 2017-2-4

    マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ「別名戦う修道士」「目が怖すぎる」

    トランプ大統領から国防長官に指名されたジェームズ・マティス氏が、狂犬と言われる理由はどこにあるのか?…
  3. 2017-4-2

    高齢者ドライバー事故急増に思うこと!運転を続けるためには何をすべきか?

    高齢者ドライバーによる悲惨な交通事故急増のニュースを最近多く見ます。運動能力や判断力の低下、さらには…
  4. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  5. 2017-1-31

    小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるか?反応まとめ

    小池都知事は都議選で豊洲市場移転問題を争点化し、2011年に移転予算案を成立に導いた都議会自民を責め…
  6. 2017-5-5

    森脇良太選手の口臭い発言と反応まとめ「これまでのことがあるから」「弁解だが支離滅裂だ」

    浦和の森脇良太選手が4日の鹿島戦にて相手選手への口臭い発言などが問題となっています。 今回は、4日…
  7. 2016-12-6

    大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」

    日本ハムの大谷翔平が得ている年俸が2億7000万と非常に少ないということで日本ハムが炎上しています。…
ページ上部へ戻る