プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。
金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが、実際にどのような制度で私達一般市民にはどんなメリットがあるのでしょうか。
プレミアムフライデーの詳しい詳細と、ネットの反応をまとめてみました。

プレミアムフライデーは公務員だけお得?

プレミアムフライデーとは?

それでは、実際にプレミアムフライデーとはどのような制度なのでしょうか。
簡単に言うと、月末が毎月「プレミアムフライデー」となって仕事を15時に終われる事を言います。
近年、労働者の長時間労働や過労自殺の問題が増え、そして消費が落ち込む中でそれを何とか打破・改善させようと国が打ち出した制度です。
ただし、あくまでもこの考えに賛同した会社が実施するだけで、強制力のある制度ではないところがポイントです。

2017年2月からの実施になります。2月24日金曜日が最初となるでしょう。

プレミアムフライデーのメリット

それでは、プレミアムフライデーには一体どんなメリットがあるのでしょうか。
この制度を実施している会社、間違いなく実施する公務員などは、15時という早い時間で帰れます。
必ず月末の金曜に早く帰宅できるので、それを利用して旅行やショッピングの予定も立てやすくなります。
また、この制度をキッカケに長時間労働を何とかしようと企業側が考えるかもしれません。
一般市民にとっては早く帰宅でき、その時間を好きな事に使えるのがメリットと言われています。

プレミアムフライデーのデメリット

逆にデメリットには一体どんなものがあるのでしょうか。
そもそもこの制度を実施しない会社が多いと、恩威に預かれる人は減ってしまいます。
その為、余裕のある大手企業や公務員にしか得しない制度だ!という批判が上がっています。
また、無理に月末の金曜に早く帰宅しても、他の日にしわ寄せが来るのでは?と言われています。
他の日に金曜の仕事が上乗せされて労働させられるのなら、結局は長時間労働と変わらないのでは?と指摘されています。
結局、得するのは公務員や大手企業だけという声が多いですね。

プレミアムフライデーへのネットの反応

それでは、ネット上ではこのプレミアムフライデーにどんな反応をしているのでしょうか。

肯定派

「国としてできることにも限界があるわけで、あとはプレミアムフライデーという形で企業の実行力に任せるしかないね」
「サービス業もプレミアムフライデーでいつもより早く閉めるのもいいかもね」
「プレミアムフライデーが導入されたら金曜は好きな事できて家事で週末が潰れる事がなくなるかも?」
「月末の金曜は3時から飲めるようになるのか」
「うまくいけば売り上げは伸びるのかもしれないね」
「プレミアムフライデー、うちの会社の人は嬉しそう」
「強制力あればプレミアムフライデー自体は良いもんだとはおもうけど」

批判派

「プレミアムフライデーって色々雑すぎという印象しかない」
「プレミアムフライデーで消費してやるから金をくれ」
「接客やってる方からしたら、むしろ定時で帰れなくなるだけだよ…」
「収入も増えずに暇だけできたら治安悪くなるんじゃ?」
「プレミアムフライデーとかより毎日定時で上がらせてほしい」
「プレミアムフライデーって結局労働者の負担増やすだけじゃないの?」
出典:twitter

どちらかと言うと、肯定より批判の声が大きかったです。
強制力がないというのに引っかかっている人もいましたね。

プレミアムフライデーについてどのような制度か、どんな声が上がっているのかをご紹介しました。
強制力がない、給料が上がるわけではないという事で、現状では得をするのは公務員や大手企業だけになってしまうのではないかという不安があります。

個人的には限られた自分が経験した職種でしか考えることができないのですが
サービス業だったので、対象外ということになります。
ただ、経済産業省の答えとしては、そういう業種は違うところで減らすことが出来たら、という回答をしていました。

レストランを経営しておりましたが、
定休日を設け、顧客単価をあげて、時間延長せずに売り上げをあげることに
成功できれば、それが可能でした。

正直なところそれはよほど経営能力が高く、うまく広告費用対効果を出せ
ネットからの集客など工夫が出来る人に限られ
それがうまくいかない人は定休日なしで、最大時間営業して
店の売り上げを確保し、人件費をしっかり払うというのが精いっぱいというところの方が多いです。

ですので、個人的に思うプレミアムフライデーが可能かどうかは
経営の余裕、または経営能力が高い人でないとできない、と考えます。

また、例えば、うちの隣は障碍者施設となりますが、
決まった時間に預けられて、決まった時間に帰ったりしていますので、
恐らく、プレミアムフライデーは全員がすることは無理で
シフトによってどうにか工夫するしかないのですが、
自分のレストランのことを思い出すと、人はそんなに余裕をもって持ちすぎると
人件費が膨らみすぎるので、余裕のないシフトの時の方が多く
現状を変えるのは難かしいんだろうな、と想像しています。

職種によっては非常に難しかったりするのでしょう。

ただ、政府が強制力がない範囲でこういうことをするのは間違ったことではないとは思います。
私もたくさん過剰な長時間労働を経験してきましたが、人間的ではないというのは言うまでもありません。

社会的な意識改革として、どこかが取り入れたら、きっと「うちも取り入れないとな…」という雰囲気は生まれることでしょう。
それがいい連鎖を産めばいいと思います。

心配なのはその流れで、「うちもどうにかやらなければ…」と本当な出来る余裕がないのにやって、自分の首を絞める経営者が出てきそうなのは心配なので
あくまで出来るところが少しずつやるということで
出来ないところを叩くような風潮にはならないようにはなってほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 1
    • 2017年 4月 04日

    それよりも祝日法を改正し、土曜日の旗日を月曜に振り返るという方が嬉しい。
    (現行法だと日曜日しか振替にならない)
    折角の祝日も土曜日なら普通の週末で、三連休にならないなら嬉しくもなんともないし、
    旅行などでお金を使えない。
    出来もしない事を国民や企業に強制するより、国会議員の先生はもっと簡単に出来る事をやって欲しい。

    • さおり
    • 2017年 7月 21日

    楽して働いてる公務員だけ得するなんて日本は何で一生懸命働く人間に冷たくなったのだろう?
    年金制度が崩壊し苦しいのはわかりますが、又戦争でもない限り少子高齢化に歯止めはかからないのだろうか。

    • きにん
    • 2017年 7月 29日

    窓口業務が大半の公務員が、プレミアムフライデーを完全実施できないでしょう。役所の開所時間も変わってないし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-3-17

    もやし安すぎて業界窮状へ!その理由は?反応まとめ「倍の値段でも買いますよ」「40円でも安い」

    最近のニュースでも取り上げられていますが、もやし生産業者が中国からのタネの買い付け価格が高騰したため…
  2. 2017-5-6

    巡航ミサイルを日本の自衛隊が将来持つことになる?賛否両論の反応まとめ

    政府が日米同盟強化に向けて巡航ミサイルの導入を検討していることが分かりました。 まだ検討段階で具体…
  3. 2017-2-10

    フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

    フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。 世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変…
  4. 2016-11-16

    植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?反応まとめ

    先日甲子園で開催されたプロ野球トライアウトに参加した植松優友さんが注目されています。 それはなぜで…
  5. 2017-4-10

    米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ「小さい国なら滅ぼせる」「火の粉がふりかかるのは日本」

    4月8日、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」をはじめとする空母打撃群がフィリピンから朝鮮半島へ向…
  6. 2017-6-27

    NHKネット受信料TVなし世帯から強制徴収?炎上まとめ「なぜログインパスワードにしないの?」「0クリックさぎじゃ」

    NHK受信料に関してはたびたび問題になります。 これはNHK側だけの問題ではなく、テレビを持って見…
  7. 2017-9-10

    ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOのコメントと海外の反応「クラドラス後の腫れあがった顔で完了していた」「ターミネーターと戦っていたな」

    ロマゴンvsシーサケットの再戦は衝撃的なロマゴンのKO負けとなった。 あのロマゴンが大の字で起き上…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。