ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標権を大阪府内の無関係の企業
ベストライセンス社(上田育弘代表)が特許庁に昨秋、商標出願していた。
今後ピコ太郎の活動がどうなるかを考えてみた。
スポンサーリンク

ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

PPAPについては、2016年10月5日に、ベストライセンス株式会社が商標出願しており、
これに9日遅れた2016年10月14日に、ピコ太郎が所属するエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社が出願している。
ベストライセンスの先願権発生日は2016年10月5日となっており、
このまま登録された場合は、エイベックスの出願は取り下げ処分となる。
また、「ペンパイナッポーアッポーペン」については、エイベックスは出願していない。

その登録の可能性はどれくらいあるか?

まず、ベストライセンス株式会社および代表の上田育弘氏についてみて行きましょう。
ベストライセンス株式会社、上田育弘氏がこの業界で、有名になったのは、2013年ごろからで、
毎年国内の商標出願全体の約1割に当たる1万件以上を出願していることからである。

最近の国内出願人の商標出願数ランキングをみた(知財ラボ)
2015年
1位 / 8130件 ベストライセンス株式会社
2位 / 6656件 上田育弘
2016年
1位 / 19949件 ベストライセンス株式会社
2位 / 5701件 上田育弘
3位 / 829件  サンリオ
4位 / 608件  資生堂
2017年
1位 / 584件  ベストライセンス株式会社

最近の出願数を見ると、断トツの1位で、ベストライセンス株式会社および上田育弘氏を合わせると、
昨年で、25650件に達しており、3位のサンリオの31倍となっている。

2015年でも、断トツの1位は変わらず、今年も1位で、
すでに584件がベストライセンスから出願されている。

ベストライセンスおよび上田育弘氏が出願した話題になった商標の事例
「北海道新幹線」「九州新幹線」「STAP細胞はあります」「民進党」

では何を上田育弘氏は何を目的としているのか?

まず、これだけ出願すると、出願料がかかるのではという疑問には、審査期間の中に、取り下げれば、
出願料(1件につき、少なくとも1万2,000円)を支払わずに済むという制度の抜け穴があり、
これを利用していると考えられる(登録された件数はわずか5件とも言われている)。

目的は、登録商標を正当な利益で、正当な価格でライセンスすることのようであり、
今回の件では、テレビ報道で、「レコード会社に警告書を送った」と明言したと言われているが、
はたしてビジネスモデルとして機能しているのであろうか?

(考えられるビジネスモデル)
手数料を払わずに、商標登録出願をしても、特許庁から手数料を払えという補正指令が出て、
支払いがなければそこで初めて却下となる。
それまでの期間は、出願公開された状態で、出願が特許庁で生きていることになる。

この期間内に、これと類似または、同じ商標登録を行なおうとする第3者が、
先に出願した(先願)出願人からライセンスを得ようと、コンタクトすると、
先願の出願人はここで初めて所定の手数料を支払って商標を登録した上で、
その後で、売却やライセンス交渉を行なうということになる。

特許庁もこの事態を重く見て、2016年5月、上田育弘を念頭に
「一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願が大量に行われている」と
ホームページで注意喚起している。

登録の条件としては、以下があるので、手数料を支払ったとしても、
ベストライセンス株式会社、上田育弘氏が、業務として使用することがなければ、登録されない可能性が高い。

(A) 原則として自己の業務に係る商品又は役務について使用する商標であること
「自己の業務に係る商品又は役務について使用」をしないことが明らかであるときは、
原則として、登録を受けることができる商標に該当しないものとされます。

この件についての日本の反応とまとめを見て行きましょう。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  2. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…
  3. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  4. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  5. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  6. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…

人気記事

  1. 2017-3-4

    ヤマト運輸未払い残業代7.6万人支給されることへの衝撃!反応まとめ「立派だ」「うちの会社も」「でも防犯カメラ以外、勤務時間を証明できるものはない」

    ヤマト運輸が未払い残業代を7.6万人分調べて支給するという個人的には衝撃的な発表をしました。 筆者…
  2. 2016-12-2

    問題発言のNHK籾井勝人会長の再任困難に!その理由は?反応まとめ

    数々の問題発言で物議を醸してきた NHK籾井勝人会長の再任が困難になった。 会長就任時には、安倍…
  3. 2017-1-9

    釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

    韓国・釜山の日本総領事館前に先月、慰安婦像が設置された問題をめぐり、 政府は、長嶺駐韓国大使の一時…
  4. 2017-4-9

    ボツリヌス菌で赤ちゃんの症状どうなる?黒糖も危険?反応まとめ

    生後6カ月の赤ちゃんが、離乳食として与えられた蜂蜜に含まれていたとみられるボツリヌス菌が原因で死亡し…
  5. 2017-2-25

    株式会社マリカーが任天堂に提訴され声明!その経緯と反応まとめ「初期対応に問題があった」「過剰に正当性を主張し過ぎ」

    公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  6. 2017-4-4

    日本政府駐韓大使を85日ぶりに帰任させる!なぜ?海外の反応は?「地政学的な懸念がこの争いに終止符を打った」

    日本政府は、釜山市の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として 一時帰国させていた…
  7. 2016-10-26

    電車での化粧はみっともない?東急電鉄マナー向上広告CMが炎上!反応をまとめてみた

    東急電鉄はマナー向上広告を定期的に出します。 今回は電車内での化粧に対するものなのですが、その内容…
ページ上部へ戻る