ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応「あっぱれ!」「だからって無視するのは・・・」

シンガーソングライターのボブディラン氏が先日、ノーベル文学賞を受賞することが発表されました。
しかしなんとディラン氏本人と連絡が取れないことが判明し、ノーベル賞辞退か?と騒がれています。
その理由を考えてみました。

スポンサーリンク

ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応

これは本人がノーベル賞受賞を拒否しているということではないでしょうか。
そしてその理由は何なのでしょうか?

10月13日、アメリカのシンガーソングライター、ボブディラン氏がノーベル文学賞を受賞することが発表され、
世間の話題となりました。しかし、同賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は
14日、衝撃的な事実を発表しました。

なんと、受賞が発表されてから丸一日経ってもディラン氏本人と直接連絡が取れない状況だと言うのです。
同関係者によると、ディラン氏の代理人やコンサートツアーの担当者には連絡がついたが
本人とはまだ一度も話ができていないようです。
友人の歌手・ボブ・ニューワース氏は「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語っているそうです。

ノーベル賞の受賞式では、受賞者がスピーチをするのが慣例となっていますし、
このまま連絡が取れない状況が続くと、もしかしたら自動的に受賞を拒否したと
見なされてもおかしくありません。もし本当にこのまま辞退するとして、
なぜこのような誇らしい賞を辞退するのでしょうか。

以下で考察していきます。

第一に考えられるのは、自分はノーベル文学賞を受賞するに値しない人間だ、
と考えているケースです。実際ボブディラン氏はシンガーソングライターであり、作家ではありません。

今まで素晴らしい詞をたくさん書いてきたということで同賞の受賞が決まったのでしょうが、
本人からするとそのような賞は欲しくもないのかもしれません。

第二に、彼の性格によるケースです。彼はもともとロックシンガーです。
今まで権力に逆らい自由気ままにロックな人生を歩んできました。
そんな彼が文学賞などおとなしく受賞するでしょうか。
「俺はロックシンガーだ。文学賞なんてものに興味はないぜ」という意思表示なのかもしれません。

第三に、これはかなり可能性の低い推測ですが、何らかの事件に巻き込まれてたり、
授賞式に出られないほど体調がすぐれないケースです。
前者としては、ノーベル賞受賞を良く思わない人物に誘拐・監禁されているというものですが、
はたして現実にありうるのか、しかし絶対にあり得ないことではないと思うんです。

後者の体調不良は十分あると思います。ボブディランももう75歳、
いわゆるおじいちゃん世代です。体のどこかしこが調子が悪くなっていてもおかしくないですし、
重い病気にかかっている可能性も十分あります。
スポンサーリンク

ではここで、ネットの反応をまとめてみます。

ボブディランノーベル賞辞退に関するネットの反応

twitter
「彼は権力に逆らってきた人」
twitter
「連絡が取れないというのが、またカッコいい」
twitter
「ノーベルよりディランの方がすごい」
twitter
「あっぱれ!」
twitter
「本当に尊敬したくなる」
twitter
「だからって無視するのは・・・」
twitter
「もらった方がいい」
twitter
「そもそも生きてる?」
twitter
「もったいない」
twitter
「彼の受賞でノーベル賞のレベルが下がった」

出典:twitter

このようにいろいろ言われながらも沈黙を続けるディラン氏。
私としては、辞退するのは全然問題ないと思うのですが、
それでも連絡にはきちんと対応するべきだと思います。

そこがきちんとした大人というものなのではないでしょうか?
いずれにしろ一刻も早く辞退するのかどうかを関係者に伝えてほしいと思います。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 8月8日の午後9時過ぎに、日本テレビの目の前にあるビルから同局の24時間テレビに関わっていると思われ…
  2. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  3. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  4. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  5. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  6. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…

人気記事

  1. 2016-10-14

    東京都内での大規模停電の発生原因は?地下ケーブルの火災は防げなかったのか?

    12日に、東京都内の約58万6千戸に影響が出た大規模停電で、原因は埼玉県新座市の 送電用地下ケーブ…
  2. 2017-2-17

    金正男がいい人と人気なのはなぜか?10個の強烈エピソード紹介と反応まとめ

    2月14日にマレーシアにてスパイにあやめられたことが報道された金正男氏ですが、 ネットでは非常に好…
  3. 2017-4-3

    原発賠償訴訟の女裁判長の判決に炎上!津波予見出来た?反応まとめ「常識外れという常識外れの人々」「結果論の判決だ」

    原発賠償訴訟に3月17日、非常の興味深い判決が出ました。 女裁判長の原氏は、国が巨大津波を予見でき…
  4. 2017-4-7

    世界ランキング4位の松山英樹マスターズ日本人初制覇に挑む!放送予定と反応まとめ!

    2月以降世界ランキング4位をキープする松山英樹がマスターズ日本人初制覇に挑んでいる。 初日4オーバ…
  5. 2017-2-12

    清水富美加の幸福の科学出版本はベストセラー!他の有名女優さんの本もたくさん 感想まとめ

    清水富美加さんが芸能界を引退し、幸福の科学に出家することを発表し、 幸福の科学側もそれを認めていま…
  6. 2017-4-2

    スペイン国王来日の予定と晩餐会はいつ?反応まとめ「シェフは誰だ」「陛下に無理させてるなあ」

    2017年4月4日にスペイン国王のフェリペ6世が来日します。 スペインリーグでプレーする乾選手がシ…
  7. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
ページ上部へ戻る