ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応「あっぱれ!」「だからって無視するのは・・・」

シンガーソングライターのボブディラン氏が先日、ノーベル文学賞を受賞することが発表されました。
しかしなんとディラン氏本人と連絡が取れないことが判明し、ノーベル賞辞退か?と騒がれています。
その理由を考えてみました。

スポンサーリンク

ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応

これは本人がノーベル賞受賞を拒否しているということではないでしょうか。
そしてその理由は何なのでしょうか?

10月13日、アメリカのシンガーソングライター、ボブディラン氏がノーベル文学賞を受賞することが発表され、
世間の話題となりました。しかし、同賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は
14日、衝撃的な事実を発表しました。

なんと、受賞が発表されてから丸一日経ってもディラン氏本人と直接連絡が取れない状況だと言うのです。
同関係者によると、ディラン氏の代理人やコンサートツアーの担当者には連絡がついたが
本人とはまだ一度も話ができていないようです。
友人の歌手・ボブ・ニューワース氏は「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語っているそうです。

ノーベル賞の受賞式では、受賞者がスピーチをするのが慣例となっていますし、
このまま連絡が取れない状況が続くと、もしかしたら自動的に受賞を拒否したと
見なされてもおかしくありません。もし本当にこのまま辞退するとして、
なぜこのような誇らしい賞を辞退するのでしょうか。

以下で考察していきます。

第一に考えられるのは、自分はノーベル文学賞を受賞するに値しない人間だ、
と考えているケースです。実際ボブディラン氏はシンガーソングライターであり、作家ではありません。

今まで素晴らしい詞をたくさん書いてきたということで同賞の受賞が決まったのでしょうが、
本人からするとそのような賞は欲しくもないのかもしれません。

第二に、彼の性格によるケースです。彼はもともとロックシンガーです。
今まで権力に逆らい自由気ままにロックな人生を歩んできました。
そんな彼が文学賞などおとなしく受賞するでしょうか。
「俺はロックシンガーだ。文学賞なんてものに興味はないぜ」という意思表示なのかもしれません。

第三に、これはかなり可能性の低い推測ですが、何らかの事件に巻き込まれてたり、
授賞式に出られないほど体調がすぐれないケースです。
前者としては、ノーベル賞受賞を良く思わない人物に誘拐・監禁されているというものですが、
はたして現実にありうるのか、しかし絶対にあり得ないことではないと思うんです。

後者の体調不良は十分あると思います。ボブディランももう75歳、
いわゆるおじいちゃん世代です。体のどこかしこが調子が悪くなっていてもおかしくないですし、
重い病気にかかっている可能性も十分あります。
スポンサーリンク

ではここで、ネットの反応をまとめてみます。

ボブディランノーベル賞辞退に関するネットの反応

twitter
「彼は権力に逆らってきた人」
twitter
「連絡が取れないというのが、またカッコいい」
twitter
「ノーベルよりディランの方がすごい」
twitter
「あっぱれ!」
twitter
「本当に尊敬したくなる」
twitter
「だからって無視するのは・・・」
twitter
「もらった方がいい」
twitter
「そもそも生きてる?」
twitter
「もったいない」
twitter
「彼の受賞でノーベル賞のレベルが下がった」

出典:twitter

このようにいろいろ言われながらも沈黙を続けるディラン氏。
私としては、辞退するのは全然問題ないと思うのですが、
それでも連絡にはきちんと対応するべきだと思います。

そこがきちんとした大人というものなのではないでしょうか?
いずれにしろ一刻も早く辞退するのかどうかを関係者に伝えてほしいと思います。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2017-2-20

    中国で子供の才能遺伝子検査が大流行!なぜ?反応まとめ「選択肢を決め付け」「当たるもハッケ」

    中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  2. 2016-10-19

    MBOで上場廃止するアデランスは買いか?ネットの評判をまとめてみた

    10月16日のニュースでかつてカツラ市場席巻したあのアデランスが、なんとMBOを実施し、上場廃止とす…
  3. 2016-11-25

    福島第二原発使用済み核燃料プールの冷却水装置停止は第一原発事故の再現だ!我々は何を学んだのか?

    11月22日の福島の震度5弱の揺れを観測した地震の影響で、 東電福島第二原子力発電所の3号機の使用…
  4. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  5. 2016-12-25

    世界最低レベルの受動喫煙対策強化なるか?厚生労働省案に猛反発!なぜ?

    東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は最近、受動喫煙対策強化案を示し、 飲食店や駅・…
  6. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  7. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
ページ上部へ戻る