ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応「あっぱれ!」「だからって無視するのは・・・」

シンガーソングライターのボブディラン氏が先日、ノーベル文学賞を受賞することが発表されました。
しかしなんとディラン氏本人と連絡が取れないことが判明し、ノーベル賞辞退か?と騒がれています。
その理由を考えてみました。

Sponsored Links

ボブディランノーベル賞辞退?考えられる3つの理由と反応

これは本人がノーベル賞受賞を拒否しているということではないでしょうか。
そしてその理由は何なのでしょうか?

10月13日、アメリカのシンガーソングライター、ボブディラン氏がノーベル文学賞を受賞することが発表され、
世間の話題となりました。しかし、同賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は
14日、衝撃的な事実を発表しました。

なんと、受賞が発表されてから丸一日経ってもディラン氏本人と直接連絡が取れない状況だと言うのです。
同関係者によると、ディラン氏の代理人やコンサートツアーの担当者には連絡がついたが
本人とはまだ一度も話ができていないようです。
友人の歌手・ボブ・ニューワース氏は「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語っているそうです。

ノーベル賞の受賞式では、受賞者がスピーチをするのが慣例となっていますし、
このまま連絡が取れない状況が続くと、もしかしたら自動的に受賞を拒否したと
見なされてもおかしくありません。もし本当にこのまま辞退するとして、
なぜこのような誇らしい賞を辞退するのでしょうか。

以下で考察していきます。

第一に考えられるのは、自分はノーベル文学賞を受賞するに値しない人間だ、
と考えているケースです。実際ボブディラン氏はシンガーソングライターであり、作家ではありません。

今まで素晴らしい詞をたくさん書いてきたということで同賞の受賞が決まったのでしょうが、
本人からするとそのような賞は欲しくもないのかもしれません。

第二に、彼の性格によるケースです。彼はもともとロックシンガーです。
今まで権力に逆らい自由気ままにロックな人生を歩んできました。
そんな彼が文学賞などおとなしく受賞するでしょうか。
「俺はロックシンガーだ。文学賞なんてものに興味はないぜ」という意思表示なのかもしれません。

第三に、これはかなり可能性の低い推測ですが、何らかの事件に巻き込まれてたり、
授賞式に出られないほど体調がすぐれないケースです。
前者としては、ノーベル賞受賞を良く思わない人物に誘拐・監禁されているというものですが、
はたして現実にありうるのか、しかし絶対にあり得ないことではないと思うんです。

後者の体調不良は十分あると思います。ボブディランももう75歳、
いわゆるおじいちゃん世代です。体のどこかしこが調子が悪くなっていてもおかしくないですし、
重い病気にかかっている可能性も十分あります。

Sponsored Links

ではここで、ネットの反応をまとめてみます。

ボブディランノーベル賞辞退に関するネットの反応

twitter
「彼は権力に逆らってきた人」
twitter
「連絡が取れないというのが、またカッコいい」
twitter
「ノーベルよりディランの方がすごい」
twitter
「あっぱれ!」
twitter
「本当に尊敬したくなる」
twitter
「だからって無視するのは・・・」
twitter
「もらった方がいい」
twitter
「そもそも生きてる?」
twitter
「もったいない」
twitter
「彼の受賞でノーベル賞のレベルが下がった」

出典:twitter

このようにいろいろ言われながらも沈黙を続けるディラン氏。
私としては、辞退するのは全然問題ないと思うのですが、
それでも連絡にはきちんと対応するべきだと思います。

そこがきちんとした大人というものなのではないでしょうか?
いずれにしろ一刻も早く辞退するのかどうかを関係者に伝えてほしいと思います。

■関連記事

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2016-12-6

    安倍首相が真珠湾訪問へ!アメリカの反応は?

    安倍首相が日本の総理としtはじめてハワイ真珠湾を訪問する。 これは、オバマ大統領とのハワイでの12…
  2. 2017-7-30

    ヤマカガシ小5男児がかまれたという毒蛇とは?

    小学5年の男児がヤマカガシとみられる毒ヘビにかまれ重体とのことです。 都会ではあまり知られていない…
  3. 2017-4-20

    ロシアが中国と関係悪化の北朝鮮を支援するメリットは?反応まとめ「これじゃ抜け穴じゃん」「プーチンは世界のならず者大好きだな」

    5月8日から北朝鮮~ロシア極東にマンギョンボン(万景峰)号による定期航路開設する。 ロシアが、最近…
  4. 2017-5-11

    トランプがパソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ「スマホもダメとか言い出す?」「日米線でやられたらマジで痛い」

    トランプ政権は3月の中東・北アフリカ地域発の航空便を対象としたパソコンの機内持ち込み禁止に引き続き、…
  5. 2017-5-1

    清宮幸太郎ホームラン数のペースの異常さがわかる比較と反応まとめ

    早稲田実業の清宮幸太郎選手が30日に練習試合でホームランを3本打ち、高校通算ホームラン数が88本にな…
  6. 2017-8-9

    トランプ米大統領「本日3時に北朝鮮関連の声明発表」はフェイクニュース!その理由は?反応まとめ

    トランプ米大統領「3時に北朝鮮関連の声明発表」 との情報が2chなどで、「宣戦布告か!」などと大騒ぎ…
  7. 2017-6-27

    NHKネット受信料TVなし世帯から強制徴収?炎上まとめ「なぜログインパスワードにしないの?」「0クリックさぎじゃ」

    NHK受信料に関してはたびたび問題になります。 これはNHK側だけの問題ではなく、テレビを持って見…
ページ上部へ戻る