マエケンらWBC辞退者続出で日本代表はメジャー投手なしか?反応まとめ「仕方ないの~」「みんなが出たがらない大会って、やる価値あるの」

ドジャースのマエケンこと前田健太投手が、3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシックに不参加となることが決まった。
マー君、岩隈も辞退のようで、WBC辞退者続出で日本代表はメジャー投手なしで戦わざるをえない可能性が高くなった。
これについての日本の反応まとめをした。

スポンサーリンク

マエケンらWBC辞退者続出で日本代表はメジャー投手なしか?反応まとめ

ドジャース球団は、昨季チーム勝ち頭の16勝を挙げた前田を高く評価しており、
以前から「シーズン終盤に疲労が見えた。来年の始動が早まるのは心配。
選手と話し合っていきたい」と述べるなど、故障のリスクを抱えるWBC出場に難色を示していた。

マエケンは、2013年の前回大会でエースとして活躍し、侍ジャパンが最も欲しかった投手であった。
また、メジャーでの昨シーズン特に、デビュー直後の春先の大活躍は記憶に新たである。
広島でも、春先の活躍の実績があり、このシーズンに行われるWBCには、不可欠の選手であっただけに、侍ジャパンにとって大きな痛手となった。

それでは、他のメジャーの日本投手の参加の可能性はどうであろうか?
現在メジャーで活躍している日本人投手は、以下である。

メジャーで活躍している日本人投手のWBC参加の可能性

s_20170112MBCMajor1

侍ジャパンの小久保裕紀監督は、メジャー投手のマエケン、田中、上原を強く望んでいたようだが、
すでにマエケン、上原に辞退されたことになり、田中招集の可能性も14、15年には故障により長期離脱しており、
リスクを恐れて、球団が認める可能性はかなり低いと言わざるを得ない。

ダルビッシュ有は、トミー・ジョン手術から復帰2年目であり、
小久保裕紀監督もそれを考慮して、強くは望んでこなかったと思われる。

岩隈 久志は、実績もあり、欲しいところだが、前回も本人の意思で辞退しており、
レギュラーシーズンを大事にすることを考えると、参加の可能性は低い。

田沢 純一は、実績から言って中継ぎの戦力として、欲しいが、
日本プロ野球のドラフトを経ずに直接メジャーへ行っていることで、
日本代表選手として、WBCに招集することに日本野球機構(NPB)側に躊躇がある。

田沢 純一のWBC参加に関しては、以下の報道もなされた。
『Boston Grobe』紙では2013年のWBCに田澤が選ばれなかったこと、「日本のプ
ロ野球を経験していない田澤をWBCに選ぶことはない、これは彼が選んだ道だ」と
いう『The Japan Times 』紙に載せられた2017年WBCに対する王貞治氏のコメン
トをあげている。

以上を考えると、侍ジャパンはメジャー投手なしで戦わざるを得ない可能性が極めて高い。
前回メジャーリーガー不参加の影響もあり、優勝を逃した侍ジャパンにとっては。きわめて厳しい情勢である。

では、現時点で分かっている他の参加国のチームのメジャー投手の招集状況を見てみましょう。

他の参加国のチームのメジャー投手のWBC招集状況

s_20170112MBCMajor2

ライバルとなるアメリカ、ドミニカ、ベネゼーラに実績あるメジャー投手が参加していることがわかる。

スポンサーリンク

WBC辞退者続出で日本代表はメジャー投手なしか?に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

1月6日のWBCのルール変更により、WBC本大会のメンバー28選手に加えて、
「予備投手枠」10人が選べることになった。

メジャーリーグが招集拒否の姿勢を示していた投手にも参加をしやすくするための措置だと考えられるので、
あるいは、招集が難航している日本人メジャーリーガーの招集が可能になるかもしれません。

2次ラウンド終了後にアメリカで行われる決勝ラウンドから、
日本人メジャーリーガー2人を招集可能はあります。

しかし、各球団が、投手の負担が少し少なくなったからと言って、
簡単に、決定を覆すようにも思えません。

WBCの今後の在り方も考えて行かないといつまでたっても、
大リーグ中心のベースボールが世界に普及してゆくことがないということになります。

しかし、今大会に関しては、この厳しい状況の中で、
大谷投手を始めとする日本の投手陣をどのように使ってゆくか
小久保監督に頑張ってもらうほかはありません。

■関連記事
大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 石川県知事の谷本正憲氏が北朝鮮に対して「餓死させねば」といった発言をしたことについて、発言を撤回しな…
  2. サッカーや地方の野球大会な、運動会などで選手宣誓の際、右手を高く上げて手先をピンと伸ばすポーズをよく…
  3. 北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  4. 北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…
  5. 6月20日に元SNAPの木村拓哉さんが東京・調布市で車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突する事…
  6. アウフヘーベン発言をしていた小池都知事が6月20日の会見で 豊洲に一時移転し5年めどで築地再整備し…

人気記事

  1. 2016-11-10

    トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

    トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行…
  2. 2017-5-2

    妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?その詳細と反応をまとめてみた

    妊娠菌がうつる、そんな話がいつの間にか一部でブームとなり、現在ではメルカリで「妊娠菌の付いた米」なる…
  3. 2017-1-17

    小田原市の生活保護ジャンバー炎上はなぜ?2012年が原点か?反応まとめ「教養のほどが知れる」「意気込みは評価したい」

    小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  4. 2017-6-8

    36万ベクレルの内部被曝の影響とはどのくらいか?反応まとめ

    茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員4人が被曝(ばく)した事故で、 原…
  5. 2017-6-9

    コミー前FBI長官の議会証言の内容と海外の反応は?「証拠をぶちまけるだろうと息を止めて待っていたのに」

    昨年の米大統領選にロシアが関与したロシア疑惑ゲートを巡り、5月にトランプ大統領に罷免された コミー…
  6. 2017-4-26

    吉野正芳次期復興大臣の経歴と評判をまとめてみた

    相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  7. 2017-2-18

    移民受け入れの反対の割合から見るヨーロッパ選挙の行方と反応まとめ

    移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…
ページ上部へ戻る